メインメニューを開く

概要編集

NHKにおけるデータ放送の提供は2000年12月衛星放送(BS)の3つのチャンネル(当時BS1・BS2BShi)でデジタル放送が開始されたのをきっかけにスタートし、双方向番組モデム(当時は電話を使ったダイヤルアップ回線の接続が主)を使って開始された。その後、2003年にインターネットに接続することができるデジタルテレビが搭載され、普及しだしたのをきっかけに2004年4月から本サービスが開始された。[1]

データオンラインは、通常のデータ放送で提供しているニュース気象情報や災害時の避難所の情報をさらにきめ細かく紹介するほか、テレビ番組との連動コンテンツによる各種番組関連情報、双方向番組(番組連動型のクイズ・ゲームやアンケートに参加可能)の機能を備えたものである。特にニュースは地上波では各都道府県別に配信しているローカルニュースを閲覧できるほか、気象情報では住所登録している場所の天気を半径5㎞範囲内で詳細に伝える「メッシュ予報」のサービスも提供している。

また、NHK BSプレミアムの指定番組を一定時間視聴し、ためたポイントで番組関連グッズへの交換や、公開番組招待などへの応募権利が与えられる「BSマイル」のサービスがある(テレビをネットに接続した状態であれば利用可能)[2]。なおこのサービスはネット環境の飛躍的進化が進んでいることを踏まえ、サービス内容を再検討するため、サービスそのものを2017年4月28日正午(日本時間)を以て終了することになり、それに先駆けて、対象番組へのマイル付与のサービスを2016年12月22日正午で終了することも決まった[3]

更にこれとは別にNHKネットクラブとも連動しており、ネットクラブホームページから「マイテレビ登録」の申請を行ったうえで、連動データ放送を活用した連続テレビ小説大河ドラマのスタンプラリーや、各種番組のネットクラブ会員限定双方向サービスなどを受けられる特典がある。ただし会員の登録上限があり、「1人の会員につき5台まで」、「1台につき会員5人まで」となっている[4]

双方向番組一例編集

番組連動型のデータオンラインオリジナルコンテンツ一例編集

データオンラインのコンテンツを見るには編集

外部リンク編集

出典編集

関連項目編集