メインメニューを開く

NHK BS8K

NHKが放送する8KUHDTVによるBS放送チャンネル
日本放送協会 > NHK-BS > NHK BS8K

NHK BS8K(エヌエイチケイ ビーエスはちケイ)は、2018年平成30年)12月1日から日本放送協会(NHK)が放送を開始した、日本向け放送衛星による衛星基幹放送(BSデジタルテレビジョン放送)チャンネルのひとつである。

NHK BS8K
NHK BS8K (invert).svg
こっちすごいよ。
基本情報
運営(番組供給)事業者 日本放送協会
放送(配信)開始 2018年12月1日
HD放送(配信)開始 2018年12月1日
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
放送事業者 日本放送協会
チャンネル番号 Ch.8K 102
リモコンキーID 2
物理チャンネル BS-14ch
放送開始 2018年12月1日
HD放送開始 2018年12月1日
公式サイト

目次

概要編集

NHKが『スーパーハイビジョン』の名で技術開発を行い実現させた、世界初の 8K UHDTV によるテレビチャンネルである[1]

従前の日本におけるデジタルテレビジョン放送と異なる「ISDB-S3」方式により、1つの物理チャンネルを120のスロットに分け、その全部を利用し「横7680画素×縦4320画素」と、従前デジタル放送比16倍の画素数により更に高画質な放送を実施するもので、同時に始められた「NHK BS4K」(BS4K 101)とともに放送法の規定により超高精細度テレビジョン放送を普及させる役割を担わされた[2]

放送時間は開局後初期段階の総合テレビに近い、10時開始、22時前後終了を基本の編成とし、コンテンツによっては深夜に臨時放送を行うこともある。実際に開局直後『第69回NHK紅白歌合戦』を放送した平成最後の年越しでは日跨ぎ編成を行った(2018年度の年越しで終夜放送を実施したわけではなく、2019年元日の未明・早朝には通常よりやや短いながら休止時間帯が設定された)。なおBS4Kと異なり曜日ごとの編成テーマを特には定めておらず、基本的に8Kで制作したコンテンツを中心にリピート放送している。

リモコンキーIDはかつてのNHK BS2と同じ「2」。3桁の論理チャンネル番号としては「BS8K 102」が指定されているが、4K8K放送では超高画質を売りにすることから従前の2K放送のようなマルチチャンネル編成は原則行わない。そのため一般的には他局同様リモコンキーID表示を基本とする。

受信時の注意編集

このチャンネルは従前のNHK衛星放送と異なり、偏波面の円旋回が“右回り”ではなく“左回り”であり、なおかつBS-IF周波数が従前よりも高めになっている。このため、視聴するには家庭内のアンテナ配線を国が定めた新たな技術基準に対応するものへと全面的に遣り変える必要がある。

また放送開始当初、家庭で視聴できるテレビはシャープの『AQUOS AX1ライン・AW1ライン』しか無く、録画機に至ってはそのシャープを含めてどの会社からも売り出されていない。

沿革編集

2016年8月1日、地デジ難視聴対策放送を行っていたBS-17チャンネルでNHKが単独でスーパーハイビジョン試験放送を開始。4Kと8Kの混成であったが、当然の如く家庭で視聴できないため、NHKは全国の放送局などに受信設備を設け、一般公開していた。このため放送時間は基本的に日中に限られていた。

同じ年の12月1日以降はA-PAB(放送サービス高度化推進協会)も試験実施主体に加わり、両者のコンテンツを交互に編成して放送していた。

この試験放送は本放送移行準備のため2018年7月23日に終了[3]。その後は本放送開始に向け準備を進め、BS-17チャンネルはNHKが3分の1のスロットをBS4K用に使い、残る3分の2の計80スロットについては地上波民放系BS2社の4K放送用に割り当てられた。そしてこのBS8K用には、新たに左旋円偏波を使うBS-14チャンネルが割り当てられた。

BSデジタル放送開始18周年・地上波デジタル放送開始15周年にあたる2018年12月1日の10時、CSを利用する会社も含めた民間事業者と共に本放送を始めた。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集