メインメニューを開く

OL忠臣蔵』(おーえるちゅうしんぐら)は1997年に公開された日本映画

タイトルに「忠臣蔵」とあるが、江戸時代のものとは一切関係はない。

概要編集

  • 日本の中堅通販会社「オレンジハウス」に、アメリカ最大手の通販会社「JJドリーム」が提携を持ちかけてきた。先兵として提携先から有能な女性マネージャーが乗り込む。提携は無事成立したが、直後「JJドリーム」が倒産し、その煽りで「オレンジハウス」は株価暴落・経営陣入れ替え・リストラの大波乱に巻き込まれる。しかし、それらは「オレンジハウス」解体・売却を目論む陰謀だった。一連の陰謀を見抜いたOLたちが自分たちの会社を守るため、腑抜けな男たちを出し抜いて敵に敢然と立ち向かう。
  • M&Aの過程がわかりやすく描かれているが、「男社会の企業社会で奮闘するOL物語」とドッキングすることで、シリアスなものにならず痛快な活劇となっている。

キャスト編集

日本の通販会社「オレンジハウス」
商品企画部のデザイナー職だったが、クレーム処理担当のカスタマーサービス課に左遷された。
秘書課。
総務部。インサイダー情報で自社株を大量購入し、株の暴落で大損する。
配送センター契約社員。元ヤンキーシングルマザー
カタログ編集。同僚のフィアンセの会田宏(見栄晴)が学歴詐称で解雇される。
カスタマーサービス課。
提携先破綻による株価暴落の責任を取らされ社長を解任される。
専務。塩嶋の社長解任後社長に昇格する。
常務。提携に反対の姿勢を取る。
カスタマーサービス課課長。女性蔑視の姿勢だったが…
商品企画部課長
メーンバンク「秀和銀行」支店長。
アメリカの企業乗っ取り屋
通販会社「JJドリーム」代表取締役。JJドリームを計画倒産させ、オレンジハウスを解体・売却すべく様々な陰謀を駆使する。
その他
ふぶきがクレーム処理で出逢った、オレンジハウスの商品のファンのおばあさん
花祭鯛子の親戚の証券マン
オレンジハウスの株主の一人

スタッフ編集