メインメニューを開く

経歴編集

3人姉弟の次女として生まれる。父親は長崎放送の報道局職員だった。純心女子高校を経て、国立音楽大学作曲科卒業。16歳で出場した『インターナショナル・エレクトーン・フェスティバル』では、史上最年少でグランプリを受賞[2]。国立音楽大学では和声学の権威の島岡譲教授に教わった[3]。在学中に合唱交響曲『御誦(おらしょ)』を発表[4]

受賞編集

人物編集

テレビ・映画・アニメ・ゲームなどの映像音楽を多く手がける。精細なメロディー、厚みのある豪快なオーケストレーションが特徴。 NHK大河ドラマ天地人あすか純情きらりショムニごくせんなどの劇伴をはじめ、近年ではオーケストラや室内楽などの純音楽を世界各国で精力的に発表している。吉永小百合とは、原爆の朗読詩CD「第二楽章」「第二楽章 ~長崎から」の音楽を手がけ、各地での朗読会にも参加するなど関係が深い。吉永小百合が「第56回NHK紅白歌合戦」にゲスト出演し、ライフワークの原爆詩の朗読した際は、伴奏のパイプオルガンを演奏した。

作品編集

映画編集

他多数。

アニメ編集

他多数。

テレビドラマ編集

NHK
フジテレビ
テレビ東京
テレビ朝日
日本テレビ
TBS
東海テレビ

他多数。

その他のテレビ番組編集

ゲーム編集

純音楽編集

管弦楽編集

  • 交響曲第一番「御誦」
  • 交響曲第二番「Since 1945」(2015年)
  • 管弦楽曲「Sama」(2017年)
  • アルトサクソフォンと管弦楽のための断章(2009年、初演:2009年5月30日ティアラこうとう、指揮:宮本文昭、アルトサクソフォン:ダニエル・グルメル)
    • 気狂いと悪魔たちと女
    • 水の文(あや)
    • 終わりなき道
  • オーケストラと合唱のための組曲「アウグストゥス」〜ヘルマン・ヘッセの短編集『メルヒェン』より〜(2018年)
  • クラリネット、マリンバ、オーケストラのため2つのラプソディ「塵 JIN」&「輪 RIN」(2018年)
  • 琴と尺八のためのコンチェルト「無限の扉」(2018年)
  • Godzilla in Chicago - C.H.C.A.G(2019年、ゴジラ・オーケストラコンサート in Chicago にてワールドプレミア)
  • 管弦楽曲「Beyond the Point of No Return」(2019年、日本フィルハーモニー交響楽団 第713回東京定期演奏会・「日本フィル・シリーズ」初演作品)

室内楽編集

  • 弦楽四重奏曲「For the East」(2005年)
  • Memories『27の小品〜ヒラリー・ハーン・アンコール』(第57回グラミー賞「ベスト・チェンバー・ミュージック/スモール・アンサンブル・パフォーマンス」部門受賞アルバム)委嘱作(2013年)

他多数。

合唱曲編集

  • モンスーンの少女
  • 千羽鶴(長崎原爆投下50周年記念曲)
  • 男声合唱曲「御誦」(1984年
  • 男声合唱組曲「君たちが大人になったら」(1995年)
  • Message of the Voice より「Rhapsody in Palingenesis」(2015年)
  • 合唱曲「あの空へ〜青のジャンプ〜」 - 第76回NHK全国音楽コンクール高等学校の部課題曲
  • 合唱曲「君が君に歌う歌」 - 第84回NHK全国音楽コンクール高等学校の部課題曲(2017年)

舞台編集

  • 東宝ミュージカル「ローマの休日」(1998年)
  • サンリオピューロランドメルヘンシアター 宮本亜門演出 ハローキティドリームレビュー1 (2000年 - 2002年)
  • 宝塚歌劇団宙組公演『美しき生涯 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義-』主題歌「美しき人生」(2011年)
  • 名古屋市文化振興事業団オリジナルミュージカル「山三と阿国」(2018年)

施設・博覧会音楽編集

  • 浜名湖花博(静岡国際園芸博)テーマソング(2004年)
  • 愛知万博 三菱未来館『もしも月がなかったら』(2005年)

イベント編集

  • かながわ・ゆめ国体(開閉式通告、開閉会宣言ファンファーレ、得賞歌・1998年)
  • 「大地へ」(第60回熊本県芸術文化祭オープニングステージ委嘱作品・2018年)
  • 大分国民文化祭フィナーレ・閉会式(2018年)
  • 【創立85周年】日本野鳥の会・朗読コンサート『道』(2019年)

市町村歌・社歌・校歌編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集