OSS 117 私を愛したカフェオーレ

OSS 117 私を愛したカフェオーレ』(オーエスエス117わたしをあいしたカフェオーレ、OSS 117: Le Caire nid d'espions)は、2006年フランススパイパロディ映画。監督はミシェル・アザナヴィシウス、出演はジャン・デュジャルダンベレニス・ベジョなど。日本では2006年10月に開催された第19回東京国際映画祭で『OSS 117 カイロ、スパイの巣窟』のタイトルで上映され、2009年1月28日に『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のタイトルでDVDが発売された。吹き替えは『秘密結社鷹の爪』で有名なFROGMANが担当した。

OSS 117
私を愛したカフェオーレ
OSS 117: Le Caire nid d'espions
監督 ミシェル・アザナヴィシウス
脚本 ジャン=フランソワ・アランフランス語版
ミシェル・アザナヴィシウス
原作 ジャン・ブリュースフランス語版
製作 エリック・オルトメイヤー
ニコラス・オルトメイヤー
フランス語版
製作総指揮 サリム・ファッシ・フィーリ
出演者 ジャン・デュジャルダン
ベレニス・ベジョ
音楽 ルドヴィック・ブールス
カメル・エシェーク
撮影 ギヨーム・シフマン
編集 レイナール・ベルトラン
製作会社 マンダリン・シネマフランス語版
ゴーモン
M6フィルムズ
配給 フランスの旗 ゴーモン
公開 フランスの旗 2006年4月6日(コニャック映画祭)
フランスの旗 2006年4月19日
日本の旗 2006年10月25日東京国際映画祭
上映時間 99分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 フランスの旗 $21,389,256[1]
世界の旗 $23,041,621[1]
次作 OSS 117 リオデジャネイロ応答なし
テンプレートを表示

2009年には続編『OSS 117 リオデジャネイロ応答なし』が公開された(日本では劇場未公開、WOWOWで放送後、『フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ』のタイトルでDVDが発売されている)。

ストーリー編集

キャスト編集

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

Rotten Tomatoesによれば、60件の評論のうち、77%にあたる46件が高く評価しており、平均して10点満点中6.66点を得ている[2]Metacriticによれば、20件の評論のうち、高評価は15件、賛否混在は3件、低評価は2件で、平均して100点満点中62点を得ている[3]アロシネによれば、メディアによる28件の評価の平均は5点満点中3.9点となっている[4]

受賞とノミネート編集

部門 候補者 結果
東京国際映画祭 東京サクラグランプリ ミシェル・アザナヴィシウス 受賞
シアトル国際映画祭 ゴールデン・スペース・ニードル賞 ミシェル・アザナヴィシウス 受賞
セザール賞 主演男優賞 ジャン・デュジャルダン ノミネート
脚色賞 ミシェル・アザナヴィシウス
ジャン=フランソワ・アリン
ノミネート
撮影賞 ギョーム・シフマン ノミネート
美術賞 マーマル・エック・シーク 受賞
衣裳デザイン賞 シャルロット・デヴィッド ノミネート

出典編集

  1. ^ a b OSS 117: Cairo, Nest of Spies” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月15日閲覧。
  2. ^ OSS 117: Le Caire Nid d'Espions (OSS 117: Cairo, Nest of Spies) (2008)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020-04-015閲覧。
  3. ^ OSS 117: Cairo, Nest of Spies Reviews” (英語). Metacritic. 2020年4月15日閲覧。
  4. ^ Critiques Presse pour le film OSS 117, Le Caire nid d'espions” (フランス語). AlloCiné. 2020年4月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集