One more thing...とは、Appleスペシャルイベントの最後に、新しいプロダクト(もしくは大きな進化)を発表する際に利用しているフレーズである。 2020年11月11日(日本時間)に開催されたApple Eventのイベント名でもある。

歴史編集

Steve Jobsによる発表[1]編集

Year Location Announcement
1998 MacWorld SF Apple's return to profitability

iMacのカラーバリエーション

1999 MacWorld NY Apple AirPort WiFi
1999 Seybold 22-inch Apple Cinema Display
1999 Apple Special Event iMac DV (including Special Edition) and iMovie
2000 MacWorld SF Aqua and CEO Jobs Aquare User Interface
2000 MacWorld NY Power Mac G4 Cube
2001 MacWorld SF PowerBook G4
2002 MacWorld NY iPod for Windows

iMac G4 (17インチ iMac)

2003 WWDC Power Mac G5
2003 MacWorld PowerBook G4 (12インチ アルミニウムPowerBook G4)Wireless Mouse&Keyboard
2004 MacWorld iPod mini カラーバリエーション U2 iPod
2004 WWDC 30-inch Apple Cinema Display
2005 MacWorld iPod Shuffle
2005 Press conference iPod with video iTunesでテレビ番組の配信
2006 MacWorld MacBook Pro
2006 It’s Showtime iTunesで映画の配信

Apple TV and John Mayer performance

2007 WWDC Safari for Windows beta Web app for iPhone
2007 The Beat Goes On iTunes WiFi Music Store $100M iFund
2008 Apple Special Event アルミニウムユニボディMacBook (aluminum unibody model)
2009 Apple Music Event iPod nanoにビデオカメラ搭載
2010 WWDC FaceTime on iPhone 4
2010 Apple Music Event 第2世代Apple TV with iOS
2010 Back to the Mac 新型MacBook Air
2011 WWDC iTunes Match

Tim Cookによる発表[2][3]編集

Year Location Announcement
2014 Apple Special Event Apple Watchが初登場
2015 WWDC Apple Musicの発表
2017 Apple Special Event iPhone Xの発表
2020 Apple Event Apple M1を初めて搭載した新型Macの発表

商標編集

2019年、時計メーカーのSwatchがこの商標を獲得したとされる。[4]

脚注編集

[脚注の使い方]