Pornhub

ポルノ動画共有サービス

Pornhub米発音:['pɔːrnhʌb]、英発音:['pɔːnhʌb]、日本語表記:ポルノハブ[4]、ポーンハブ[5])は、カナダポルノ動画アダルト動画)サイトである。

Pornhub
Pornhub-logo.svg
URL jp.pornhub.com
種類 非公開会社
言語 英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ポーランド語、ロシア語、日本語、オランダ語、チェコ語、簡体字中国語
タイプ 動画共有サービス
(ポルノ動画)
本社所在地 キプロスリマソール[1]
本国 カナダの旗 カナダ
事業地域 世界中
運営者 MindGeek[2]
主要人物
業種 性産業
サービス ポルノグラフィ
広告 あり
登録 任意
開始 2007年5月25日 (15年前) (2007-05-25)
現在の状態 運営中
プログラミング言語 PHP

2007年にカナダモントリオールでサービスを開始した。現在、キプロスリマソールオフィスサーバーを持っている。Pornhubで広告収益を得ている人はPornhuberと呼ばれる。

概要編集

2007年にモントリオールで開設され、プロとアマチュアによるポルノグラフィを提供している[6]。Pornhubは、サンフランシスコヒューストンニューオーリンズロンドンにも事務所とサーバーを置いている。2010年3月、Pornhubは多くのポルノグラフィサイトのオーナーであるMindGeekの傘下となった。

Pornhubは、プレミアム会員を対象に360°英語版ビデオを提供しており、PlayStation VRで視聴することができる[7]。2015年2月[8]、Pornhubは、運動エネルギー発電機の機能を持ったリストバンドを公開した。主に男性を対象としているこのリストバンドは、マスターベーションの上下運動を利用して家電製品を充電することができる[9]。Pornhubは、宇宙空間でポルノ映画を撮影する計画を発表している[10]。2018年5月、PornhubはVPNhubという名前のVPNサービスを開始した[11]

2018年9月6日、ロサンゼルスのベラスコ・シアターで初回のPornhubアワードが開催された。Pornhubの視聴者であることを公言している[12]。アメリカ合衆国のラッパー、カニエ・ウェストクリエイティブ・ディレクターを務めた[13]。ウェストは、このイベントで、自身の楽曲『I Love It英語版』のミュージック・ビデオを初公開した[14]。第2回目の式典は、2019年10月11日にロサンゼルスのオルフェウム劇場英語版で開催された[15]

アクセス編集

SimilarWebの2020年11月の統計によれば、世界で10番目に多くアクセスされたウェブサイトであり、国別のアクセス数はアメリカが最も多く、次いで日本である[16]

英国情報通信庁の調査によると、Pornhubは全アダルトサイトのなかで一番人気があり、2020年9月時点でイギリスから約1500万人がアクセスしており、イギリスの成人男性の50%と、成人女性の16%が閲覧した[17]

Pornhubの統計によれば、2017年香港人の同サイト内検索は「日本」が最多であり、カテゴリー別では「変態」が最も多く、香港人がPornhubでいちばん観ているのは日本の変態アニメである[18]

Pornhubが発表した2019年国別アクセスランキングでサイト訪問時間の長さが世界一だったタイでは日本のポルノ動画が以前から一番の人気であり[19][20]、多くのタイ人は「イク、イク」という日本語を知っており、日本のポルノ動画に愛着を感じている[19]

動画の一斉削除編集

2020年12月15日、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された米ジャーナリストニコラス・クリストフの『未成年を含む動画が公開されている』疑い提起の記事をきっかけに、アメリカの反ポルノ団体であるNational Center on Sexual Exploitation英語版(性的搾取全国センター)を中心に『被写体の同意なしに公開されているコンテンツが含まれている』『適切なポリシー運用が成されていない』などといった批判が起きたことについて、Pornhubはこの問題に異議を唱えながらも、認証済みユーザーとコンテンツパートナー以外からのアップロードを制限もしくは全面禁止とする指針を発表した[21]。その影響で、14日に不適切動画が削除された[22]

日本の成人向けビデオメーカーは予てより「著作権の侵害や引退した女優の作品まで公開している」と問題視していた[23]。結果として、一斉削除前は1350万本ほどあった動画が、削除後は470万本まで減少した[24]知的財産振興協会は「海賊版対策に取り組む立場としては当然、歓迎すべき流れです」[25]。AV女優事務所の協会である日本プロダクション協会は、「今回の決定は好意的に見ています」とそれぞれコメントしている[25]

一斉削除を受け、日本から告発記者に対して誹謗中傷や殺害予告が相次いだ[26]。「Please die for the time being(取り敢えず死んで下さい)」「全人類の敵」「絶対許さん」「死ぬことも逃げることも許されない地獄に落ちろ」といったツイートがなされており[27]、ジャーナリストの林泰人はこれを「日本の恥である」と指摘している[26]

ポルノ以外のコンテンツ編集

Pornhubユーザーは、コンテンツを収益化するために、ハリウッド映画の投稿を含む非ポルノコンテンツをサイトにアップロードすることがよくある(著作権所有者は、YouTubeなどの主流のビデオ共有サービスよりもPornhubでアップロードを探す可能性が低いと考えられている)。 YouTubeでの現金化、またはミームやジョークとしては不適格と見なされる。これらの動画には、ポルノ映画に似たダブルエンテンダーのタイトルが付いていることがよくある。たとえば、「Revolutionary Boys Get Dirty on American Politics」としてリストされているミュージカルハミルトンの海賊版、「Hardcore Pussy Gets Wrecked」としてリストされているアニメーション映画、Puss inBootsのクリップなど。 「輪姦」としてタグ付けされたeスポーツイベントのビデオと、性的なタイトルのコメディックビデオをフィーチャーしたライアンクリーマービデオをハイライトする[28][29][30][31]

2020年3月、PornhubはLeilah WeinraubのドキュメンタリーShakedownを初公開しました。このドキュメンタリーは、ロサンゼルスにある同名の黒人レズビアンストリップクラブを記録している。 この映画は、Criterion Channel経由でリリースされる前に、3月を通してサービスでストリーミングされました。 ブランドディレクターのAlexKleinは、Pornhubでの映画のプレミアは、「Pornhubが芸術をサポートするためのより大きな一般的な取り組み」の一環であると述べた[32]

著作権侵害の申し立て編集

2010年、Mansef Inc.と当時Pornhubの所有者であったInterhubは、ポルノ映画制作会社Pink Visual、Ventura Contentの著作権保有会社から、Pornhub、Keezmovies、 Extremetube、およびTube8[33]。Ventura Contentによると、45本のビデオは「数千万回」ストリーミングされ、著作権侵害が「アダルトエンターテインメント業界全体」を脅かしていると主張した[34][35]。訴訟は2010年10月に和解したが、条件は公開されていない。 両当事者は、サイト運営者が自社のサイトにデジタル指紋フィルタリングを実装することに合意した[36]。このようなPorn2.0サイトは、有料のポルノWebサイトや、従来の雑誌やDVDベースのポルノをめぐる顕著な競争を引き起こしていると見なされている[37][38][39]

Pornhubアワード編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Pornhub (via archive.today). “Site Information (Terms Of Service)”. 2021年2月19日閲覧。
  2. ^ O'Connor, Maureen (June 2017). “Pornhub is the Kinsey Report of our Time”. New York Magazine: 30–39. 
  3. ^ a b Woods, Ben (2016年3月3日). “The (almost) invisible men and women behind the world's largest porn sites” (英語). The Next Web. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ 平田裕介 (2021年11月27日). “「アダルト系は“人間性”が大切」プレイ動画配信で最高月収2500万、えむゆみカップルが考える「この先の人生」”. 文春オンライン. 文藝春愁. 2022年7月23日閲覧。
  5. ^ Barber, Kayleigh (2022年7月19日). 黒田千聖: “「もっとも重要なのは、退屈であってはならないということ」:バッスル & エリート・デイリー 編集長 シャーロット・オーウェン氏”. DIGIDAY[日本版]. Mediagene. 2022年7月23日閲覧。 “私たちはかつてポーンハブ(Pornhub)で最も視聴されていたパフォーマー、ミア・ハリファ氏のプロフィールインタビューを行った。”
  6. ^ O'Connor, Maureen (June 2017). “Pornhub is the Kinsey Report of our Time”. New York Magazine: 30–39. 
  7. ^ Pornhub's 360-degree videos now work on PlayStation VR” (2016年10月19日). 2019年11月11日閲覧。
  8. ^ Wankband - The wearable tech that allows you to love the planet, by loving yourself...”. YouTube (2015年2月25日). 2019年11月11日閲覧。
  9. ^ The Wankband”. PornHub. 2019年11月11日閲覧。
  10. ^ PornHub crowdfunds for sex tape filmed in space”. ワシントン・ポスト (2015年6月11日). 2019年12月5日閲覧。
  11. ^ Pornhub launches its own VPN”. The Verge (2018年5月24日). 2019年1月30日閲覧。
  12. ^ “カニエ・ウェスト、ポルノサイトの式典にて総監督”. デイリースポーツ. (2018年9月8日). https://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2018/09/08/0011619447.shtml 2018年9月9日閲覧。 
  13. ^ Kanye West Directed the First Ever PornHub Awards” (2018年9月12日). 2019年11月11日閲覧。
  14. ^ Kanye West takes over the Pornhub Awards and debuts new song with Lil Pump” (2018年9月7日). 2019年11月11日閲覧。
  15. ^ https://www.vibe.com/2019/09/bad-bunny-rico-nasty-and-kali-uchis-pornhup-awards
  16. ^ Pornhub.com - SimilarWeb
  17. ^ “ポルノサイト、イギリスで「驚異的な」数の成人が見ている=英調査”. BBCニュース. (2021年6月14日). オリジナルの2021年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210615092507/https://www.bbc.com/japanese/57465488 
  18. ^ “なぜ香港人は日本の変態ポルノアニメを愛するのか”. クーリエ・ジャポン (講談社). (2018年12月30日). オリジナルの2019年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190903203253/https://courrier.jp/news/archives/146188/ 
  19. ^ a b “ロックダウンも平気!? タイ国民が熱いエールを送る日本の大手AVメーカー 新卒社員が女優デビューで「ありがとう!」って?”. TABLO. (2020年5月4日). オリジナルの2021年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210726032308/https://tablo.jp/archives/22535/2 
  20. ^ “The 2019 Year in Review”. Pornhub. (2019年12月11日). オリジナルの2019年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191211141805/https://www.pornhub.com/insights/2019-year-in-review 
  21. ^ Taniguchi, Munenori (2020年12月15日). “Pornhub、承認済みユーザーおよびコンテンツパートナー以外の動画をすべて削除”. Engadget日本版. オリジナルの2020年12月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201215175138/https://japanese.engadget.com/pornhub-removes-videos-from-unverified-users-214002205.html 2020年12月15日閲覧。 
  22. ^ 「Pornhub」不適切動画が一斉削除、国内ビデオメーカーや女優も安堵のワケ(1/2ページ) Business Journal 2020.12.15 14:10 (2020年12月15日閲覧)
  23. ^ 「Pornhub」不適切動画が一斉削除、国内ビデオメーカーや女優も安堵のワケ(2/2ページ) Business Journal 2020.12.15 14:10 (2020年12月15日閲覧)
  24. ^ アダルト動画サイト Pornhub が未承認ユーザーによってアップされた全ての動画を削除 - HYPERBEAST・2020年12月15日
  25. ^ a b 週刊SPA! (2021年1月27日). “昨年12月15日のPornhub一斉削除によって「守られた」もの” (日本語). ハーバー・ビジネス・オンライン. 2021年1月28日閲覧。
  26. ^ a b 林泰人 (2020年12月19日). “米ポルノサイトが動画を大量削除。告発記者に相次ぐ日本からの殺害予告や誹謗中傷”. ハーバード・ビジネス・オンライン. 2021年5月3日閲覧。
  27. ^ Pornhubへの追及に、日本から「殺害予告」 「特別な悪意を向けられた」米ジャーナリスト明かす”. J-CASTニュース (2020年12月17日). 2021年5月3日閲覧。
  28. ^ People are uploading Disney and Hollywood movies to Pornhub” (英語). sports.yahoo.com. 2020年12月14日閲覧。
  29. ^ Strange thing you wouldn't expect to find on PornHub” (英語). NewsComAu (2017年12月29日). 2020年12月14日閲覧。
  30. ^ A Tour of Pornhub's Totally SFW Videos” (英語). Motherboard. Vice. 2020年12月14日閲覧。
  31. ^ Gallucci, Nicole (2020年10月12日). “A sad day on Pornhub, as Ryan Creamer retires” (英語). Mashable. 2020年12月14日閲覧。
  32. ^ Donnelly, Matt (2020年3月3日). “Pornhub to Release First Ever Non-Adult Film, About Black Lesbian Strip Club Culture (EXCLUSIVE)”. Variety. 2020年12月14日閲覧。
  33. ^ Pardon, Rhett (2010年4月5日). “Brazzers Parent Calls Infringement Suit 'Fatally Defective'”. XBIZ Newswire. 2010年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月17日閲覧。
  34. ^ “Pink Visual sues tubes, charges Canadians with vag overfishing”. Gramponante.com. (2010年2月16日). http://gramponante.com/pink-visual-sues-tubes-charges-canadians-with-vag-overfishing/ 2010年4月16日閲覧。 
  35. ^ Chiang, Oliver (2010年2月17日). “"Tube Sites" Threaten Porn Studios”. Forbes. https://blogs.forbes.com/velocity/2010/02/17/porn-studio-cries-copyright-foul-in-6-75m-suit-against-online-video-sites/ 2010年4月16日閲覧。 
  36. ^ Pardon, Rhett. “Ventura Content, Manwin Settlement Includes Vobile Provision”. XBiz News. https://www.xbiz.com/news/125964/ventura-content-manwin-settlement-includes-vobile-provision 
  37. ^ Purveyors of porn scramble to keep up with Internet, USA Today, 5 June 2007
  38. ^ YouTube with fewer clothes, The Times, 19 June 2007
  39. ^ Pornhub ARIA (@Pornhub)”. Twitter (2017年3月1日). 2017年4月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集