メインメニューを開く

RUM-139 VLA英語: Vertical Launch ASROC)は、アメリカ合衆国対潜ミサイル。既存のアスロックをもとに垂直発射に対応した改良型である[2]

RUM-139A VLA
VLAlaunch.jpg
VLSから発射されるVLA
種類 対潜ミサイル
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
製造 ロッキード・マーティン
性能諸元
ミサイル直径 35.8 cm[1]
ミサイル全長 5.09 m[1]
ミサイル重量 748 kg[1]
射程 22 km[1]
誘導方式 慣性誘導 (INS)
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1980年代初頭より、アメリカ海軍は、水上艦のアスロックと潜水艦のサブロックを同時に代替する、新しい対潜ミサイルとして、シーランスの開発に着手した。しかし同ミサイルは技術的・財政的困難に直面し、開発は停滞していた[3]

このことから、1983年、水上艦用の漸進的な対潜ミサイルが開発されることになった。これは既存のアスロックをもとに、Mk.41 VLSからの発射に対応するなど、最低限の改設計を行った派生型とされた。これによって開発されたのが本ミサイルである。その後、1988年には、いったんはVLAの開発を棚上げしてシーランスの開発に注力することとされたものの、結局、1990年にシーランスが開発中止となったことから、むしろVLAが本命視されるようになった。生産は1993年より開始されている[2]

設計編集

基本的には、アスロックをもとに推力偏向機構を備えた固体ロケットブースタを追加した設計となっている。これによって垂直発射に対応するとともに、新型のAN/SQS-53探信儀の直接探知範囲にマッチした射程まで延伸された[2][注 1]

原型のアスロックが放物線を描いて弾道飛行する無誘導ロケットだったのに対し、VLAでは慣性航法装置(INS)を備えたオートパイロットが導入された。飛翔精度向上のため、飛翔高度はできるだけ低く取られており、VLSからの発射後、まず仰角40度、ついで29度に調整する。射程はロケット・モーターの切り離しのタイミングによって決定されるのはアスロックと同様である[2]

弾頭は、RUM-139AではMk.46 Mod.5A短魚雷とされており、1996年にMk.46 Mod.5A(SW)短魚雷を搭載するRUM-139Bに置き換えられた。Mk.50魚雷への更新も検討されたものの、これは実現しなかった[4][3]。その後、弾頭をMk.54に更新したRUM-139Cが開発され、2004年より生産に入り、2010年に初期作戦能力を獲得している[5]

運用国と装備艦艇編集

登場作品編集

アニメ・漫画編集

ジパング
第二次世界大戦時にタイムスリップした、架空のイージス護衛艦みらい」の搭載兵器として登場。ガトー級潜水艦ガードフィッシュ」が魚雷攻撃を行ってきた際に、動転した「みらい」砲雷科の米倉一尉が独断で発射してしまうが、それを命中直前で自爆させることで、「ガードフィッシュ」に追尾を断念させるほどのダメージを与える。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 原型のアスロックは開発当時の最新ソナーであるAN/SQS-23の直接探知範囲にマッチした射程とされていた[2]

出典編集

参考文献編集

  • Friedman, Norman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 978-1557502681. 
  • Parsch, Andreas (2004年). “Directory of U.S. Military Rockets and Missiles - RUM-139” (英語). 2018年1月5日閲覧。
  • 多田, 智彦「世界の艦載兵器」『世界の艦船』第811号、海人社、2015年1月、 134頁、 NAID 40020297435
  • 野木, 恵一「アメリカ海軍の艦載兵器」『世界の艦船』、海人社、2006年1月、 158-163頁、 NAID 40007030221

関連項目編集