メインメニューを開く

S言語

John Chambers, Rick Becker, Allan Wilks らによって研究・開発された統計処理言語

S言語(えすげんご)とは、1984年AT&Tベル研究所の John Chambers, Rick Becker, Allan Wilks らによって研究・開発された統計処理言語である。当初は「Sシステム」と呼ばれ、UNIX上における統計処理を行うソフトのコマンドの役割を果たす言語として開発された。 その後、機能の拡張を続け1988年プログラミング言語としてのS言語が策定された。さらに1991年オブジェクト指向プログラミングの機能が追加され現在に至る。

S
設計者 Rick Becker, Allan Wilks, John Chambers
開発者 ベル研究所
主な処理系 S-PLUS
影響を与えた言語 R言語
ウェブサイト S-PLUS
テンプレートを表示

言語の特長は Chambers によって、to turn ideas into software, quickly and faithfully と説明されている。

GNUプロジェクトによりオープンソースで作成されているR言語はS言語の文法を取り入れており、ほぼ同等の機能をもつ。S言語自体の処理系としては商用版の S-PLUS が知られている。

S言語は1998年ACMソフトウェアシステム賞を獲得している。

目次

特徴編集

S言語の特徴として以下のような機能を持つことが挙げられる[1][2]

引用文献編集

  1. ^ S言語による社会調整結果の視覚化データベース (PDF)”. 2015年4月16日閲覧。
  2. ^ S言語とは?”. 2015年4月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集