メインメニューを開く

SUWAガラスの里の美術館(すわガラスのさとのびじゅつかん)は諏訪湖畔(長野県諏訪市の岡谷より)にあるガラスアミューズメント施設「SUWAガラスの里」に併設されたアール・デコ期のガラス工芸作家ルネ・ラリックや、現代ガラス工芸作家美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg SUWAガラスの里の美術館
Glass Sato Museum of Art[1]
SUWA Glass-no-Sato Museum.JPG
施設情報
正式名称 SUWAガラスの里の美術館
愛称 ガラスの里
前身 ルネラリック美術館
専門分野 ガラス工芸品
館長 代表取締役社長 岩波太佐衛門尚宏
管理運営 株式会社信州諏訪ガラスの里
開館 2012年(平成24年)12月
所在地 392-0016
長野県諏訪市豊田2400-7
外部リンク SUWAガラスの里の美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1992年(平成4年)、ルネ・ラリック美術館[1]として岡野或男(現在の北澤美術館副理事長)によって創設。2003年(平成15年)4月1日に、財団法人北澤美術館の運営する北澤美術館新館に名称を変更[1][2]2012年(平成24年)12月には別運営となり、名称を新たにSUWAガラスの里の美術館として中山道下諏訪宿本陣岩波家[3]第28代当主、岩波太佐衛門尚宏を代表取締役社長として開館した[1][4]

館内編集

「SUWAガラスの里」はガラスショップ、美術館、ガラス製作体験工房、レストランで構成される。

1階

ガラスショップ、セレクトショップ

  • 国内最大級のガラスショップ
  • SUWAプレミアム、信州の匠の技による逸品。(独楽、万年筆、スピーカー、ギター、オルゴール、双眼鏡等)

ガラス製作体験工房

ガラスの里レストラン

  • 野菜ソムリエによる、野菜をたっぷり使った料理の店

2階 

展示室

  • 20世紀初頭に数々の美しい作品を残したガラス工芸家、アール・デコの頂点に輝いたルネ・ラリックの作品を専門に収集・展示している。
  • 現代工芸、美術会、長野会、展示コーナー(所蔵作家・武政健夫、藤田喬平、樋口主明、クリスティアム・クレフス、ジョン・クーン、マシュラック)

利用案内編集

  • 所在地 長野県諏訪市豊田2400-7
  • 営業時間 年中無休 4月 - 9月 9:00 - 18:00 10月 - 3月 9:00 - 17:00     
  • 美術館のみ有料 (大人600円、中学生以下無料)
  • 駐車場 無料(自家用車220台)
  • アクセス 諏訪インターチェンジより車で15分、または岡谷インターチェンジより車で15分
  • 最寄り駅 JR中央本線上諏訪駅よりタクシーで15分
    • かりんちゃんバスまたはスワンバスでも行くことができる。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ガラスの里美術館”. SUWAガラスの里. 2016年6月15日閲覧。
  2. ^ 北澤美術館沿革”. 北澤美術館. 2016年6月15日閲覧。
  3. ^ 下諏訪宿本陣岩波家として、屋敷や庭園を一般公開している。予約制
  4. ^ 北澤美術館”. 信州とっておき情報. 2016年6月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集