メインメニューを開く

Sparkling☆Point 1』(スパークリングポイント・ワン)は、スパークリング☆ポイントの1枚目のオリジナルアルバム2005年7月13日GIZA studioから発売された。

Sparkling☆Point 1
スパークリング☆ポイントスタジオ・アルバム
リリース
録音 2004年 - 2005年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル GIZA studio
プロデュース KANONJI
チャート最高順位
スパークリング☆ポイント アルバム 年表
Sparkling☆Point 1
(2005年)
太陽〜ティダ〜
(2006年)
『Sparkling☆Point 1』収録のシングル
  1. Hey Hey Baby! You're NO.1!
    リリース: 2004年9月1日
  2. 卒業〜虹色DAYS〜
    リリース: 2004年11月3日
  3. Have a good time!
    リリース: 2005年2月23日
  4. トロピカルビーチ
    リリース: 2005年6月8日
テンプレートを表示

目次

内容編集

初回盤はスリーブケース仕様でブックレット「スパークリング☆ポイント ワンダフルBOOK」が封入されている。内容は奄美大島についての特集、インタビュー、セルフライナーノーツなど。夏、海、ビーチ、奄美大島をキーワードにして制作した[1]

批評編集

CDジャーナルは「センチメンタルなバラードも随所に挿入し、まさに正統派アイドル・ポップ。特に、キュートなコーラス・ワークが魅力」と評した[2]

収録曲編集

全曲 作詞:スポークリング☆ポイント

  1. 潮風感じて Dance×3
    作曲:Perry Geyer 編曲:Cybersound
  2. トロピカルビーチ
    作曲:大野愛果、編曲:night clubbers
    4thシングル
  3. Hey Hey Baby! You're NO.1!
    作曲:大野愛果、編曲:豆田将
    1stシングル
  4. We'll be arlight
    作曲:川島だりあ、編曲:night clubbers
  5. Have a good time!
    作曲・編曲:徳永暁人
    3rdシングル
  6. ズット
    作曲:瀬尾義経、編曲:小澤正澄
  7. Please again
    作曲:沢井美緒、編曲:Dreddy D
    2ndシングルのカップリング。
  8. 最後の夏休み
    作曲:宇徳敬子 編曲:結城徹
  9. So stay together
    作曲:大野愛果、編曲:小澤正澄
    2ndシングル
  10. Only One
    作曲:大野愛果、編曲:Cybersound
    1stシングルのカップリング
  11. 海へ行こうよ
    作曲:川島だりあ、編曲:BOOTEE
  12. Hey Hey Baby! You're NO.1! -AMAMI RUB A DUB-
    Remix:DAY TRACK
    1stシングル表題曲をレゲエ風にリミックスされたものになっている[3]

レコーディング参加編集

脚注編集

  1. ^ エムアールエム「Music Freak Magazine」2005年7月8頁
  2. ^ スパークリング☆ポイント/Sparkling☆Point 1 CDジャーナル
  3. ^ エムアールエム「Music Freak Magazine」2005年7月9頁