メインメニューを開く

徳永 暁人(とくなが あきひと、1971年9月22日 - )は、日本ミュージシャン作曲家編曲家ベーシスト。ロックバンドdoaのリーダー。神奈川県横浜市出身、大阪府在住。東京音楽大学卒業[1]大阪音楽大学特任准教授[2]東京音楽大学特別招聘講師。

徳永 暁人
出生名 徳永 暁人
別名 徳ちゃん
徳さん
AKIHITO TOKUNAGA
生誕 (1971-09-22) 1971年9月22日(48歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
学歴 東京音楽大学(作曲)卒
ジャンル J-POP
ロック
職業 シンガーソングライター
ベーシスト
ギタリスト
作曲家
編曲家
作詞家
マニピュレーター
担当楽器 ボーカル
ベース
ギター
ドラム
ピアノ
キーボード
シンセサイザー
オルガン
ハモンドオルガン
パーカッション
ウクレレ
マンドリン
バンジョー
ブルースハープ
スティールギター
活動期間 1990年 -
レーベル GIZA studio
事務所 Ading
共同作業者 大田紳一郎(doa)
吉本大樹(doa)
公式サイト プロフィール

略歴編集

人物編集

所属編集

学生時代編集

逸話編集

個性他編集

活動編集

バンド歴編集

バンド名 担当 補足
1 1995年- PAMELAH ベース、編曲 GROOVE & BODY UNITに参加
2 1998年 XL ベース、共同作詞、作・編曲 CDはXLO・K!
3 2002年 三枝夕夏 IN db ベース、作・編曲 三枝夕夏のソロプロジェクトに
4 2004年- doa 歌手、作詞、作・編曲、ベース バンド・リーダー

B'zサポート編集

  • 1997年B'zの制作活動(稲葉浩志松本孝弘との共同編曲、プログラミング)に携わり、以下のライブにもサポートベーシストとして出演している。稲葉浩志、松本孝弘のソロ活動の一部もサポート(編曲、ライブ出演)している。
開催年 ライブ名
1998年 B'z LIVE-GYM '98SURVIVE
2003年 Secret Live at Loppongi Hills
2003年 B'z SHOWCASE 2003 "IT'S SHOWCASE!!"
2003年 B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"[19]
2005年 B'z SHOWCASE 2005 "網走番外編"
2005年 B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
2006年 B'z SHOWCASE 2006 "横須賀MONSTER"
2006年 B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
2006年 B'z Premium LIVE
2007年 B'z SHOWCASE 2007 "19"
2007年 SHOWCASE 2007 "B'z In Your Town"
2007年 SUMMER SONIC 07

doa(ドア)編集

ソロライブ編集

開催年月 ライブ名 開催会場
2011年10月 徳永暁人ソロライブ「Route 109 Vol.1」
2012年2月 徳永暁人ソロライブ「Route 109 Vol.2」
2012年8月26日 徳永暁人ソロライブ「Route 109 in Beer Garden 2012 Summer(夏の番外編)〜終わらないで大人の夏休み!あともう一杯だけ〜」
2012年10月 徳永暁人ソロライブ「Route 109 Vol.3」
2013年10月 徳永暁人ソロライブ「Route 109 Vol.4」
2014年3月15日 hillsパン工場11周年記念ライブRoute109 & Singin' man's "The Bandwagon"
2014年10月&11月 徳永暁人ソロライブ「Route 109 Vol.5」
2015年3月20日 hillsパン工場12周年記念 Route109 & Singin'man's“The Bandwagon”& SANsation』
2015年10月&11月 徳永暁人ソロライブ「Route 109 Vol.6」
2016年10月&11月 徳永暁人ソロライブ「Route 109 Vol.7」

共演等編集

作品編集

映画音楽編集

映画名 担当
1995年 東映 劇場版スラムダンク第4話「吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏、湘北紅白戦」 SLAM DUNK Original Soundtrack 3 ('95 SUMMER)[24]音楽
1996年 東映 ドラゴンボール 最強への道(Dragon Ball-The Path to Ultimate Strength-) 音楽プロデュース、サウンドトラック盤[25]音楽

テレビ音楽編集

放送局 番組 担当他
1991年 NHK ハイビジョン試験放送 放送開始時のテーマBGM担当
1993年 NHK 清左衛門残日録 編曲演奏
1995年 テレビ朝日 スラムダンク サウンドドラック盤[26]音楽
1996年 テレビ東京 ザ・BINGOスター 音楽
1996年 フジテレビ ドラゴンボールGT 音楽プロデュース、作・編曲
2000年 テレビ朝日 人生の楽園 オープニング曲「PARADISE OF LIFE」提供
2007年 TBS 秘境アマゾン巨大文明 音楽、サウンドトラック[27]

ゲーム音楽編集

提供曲編集

  • 所属バンドの曲以外。
  • 手掛けたほとんどの曲のレコーディングで、ベースプログラミングコーラス等の参加が多い。
  • 『 』は大部分を徳永暁人が担当したアルバム。収録曲記載は省略。
  • (補記):共同編曲等

作曲・編曲編集

[31]

作曲のみ編集

編曲のみ編集

[34]

作詞のみ編集

演奏のみ編集

(上述の楽曲以外に、ベーシストとしてレコーディングのみ参加)

主な出演編集

徳永暁人個人での出演番組を記載。doaとしての出演はそれぞれの項目を参照。

テレビ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/graduates_index.html
  2. ^ http://www.daion.ac.jp/mcr/teacher/teacher.html
  3. ^ Music Freak Magazine
  4. ^ http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/
  5. ^ 清左衛門残日録エルファリア
  6. ^ http://cham.ne.jp/bbp/af-be-t.html
  7. ^ http://cham.ne.jp/bbp/af-be-t.html
  8. ^ https://www.youtube.com/watch?v=3Xuprn-lrjo
  9. ^ https://www.facebook.com/TokyoOndaiPopularMusicComposition
  10. ^ http://www.daion.ac.jp/mcr/teacher/teacher.html]
  11. ^ http://cham.ne.jp/bbp/af-be-t.html
  12. ^ http://shop.plaza.rakuten.co.jp/ikebe/diary/detail/201311090001
  13. ^ http://digaonline.jp/pleasure/1360
  14. ^ Siren」、稲葉浩志作詞提供・ブルースハープ演奏、doaのアルバム『open_d』に収録
  15. ^ http://doa.livedoor.jp/archives/12625946.html
  16. ^ http://www.barks.jp/news/?id=1000029266
  17. ^ http://musicshelf.jp/blog/selector/2009/08/doa-special-interview.html
  18. ^ ベース・マガジン 2005年3月号
  19. ^ DVDTyphoon No.15 〜B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園〜
  20. ^ http://www.wezard.net/25th/25thlive/
  21. ^ https://www.youtube.com/watch?v=7fzkF7eGP3U。
  22. ^ http://www.cc.rim.or.jp/~tune/tune.player/tune.player.html
  23. ^ http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/c02_p05.html
  24. ^ ZAIN RECORDS 1995 品番 ZACL-1025)
  25. ^ ZAIN RECORDS 1996 品番 ZACL-1029
  26. ^ ZAIN RECORDS 1995 品番 ZACL-1023
  27. ^ https://itunes.apple.com/jp/artist/doa/id74566803
  28. ^ CD「エルファリア組曲」(サウンドトラックファンハウス 品番 FHCF-2093)
  29. ^ http://www.musicman-net.com/artist/53216.html
  30. ^ https://twitter.com/aniki_jpop?lang=ja
  31. ^ http://ascii.jp/elem/000/001/263/1263604/
  32. ^ http://okmusic.jp/#!/news/81737
  33. ^ http://getnews.jp/archives/1437684
  34. ^ http://blog.livedoor.jp/being_generation/archives/52035958.html
  35. ^ http://uedamarie.com/disco/gzca-4141.html
  36. ^ http://news.biglobe.ne.jp/economy/0610/atp_150610_1521583246.html

外部リンク編集