Spotted Flower』(スポッテッド フラワー)は、木尾士目による日本漫画作品。2009年、『楽園 Le Paradis』(白泉社)のWEB増刊で「第0話」が掲載され、2010年10月30日発売の同誌4号より連載中。

Spotted Flower
ジャンル オタク
漫画
作者 木尾士目
出版社 白泉社
掲載誌 楽園 Le Paradis
レーベル 楽園コミックス
発表号 2010年4号 - 連載中
発表期間 2010年10月30日 -
巻数 既刊3巻(2017年9月現在)
テンプレート - ノート

概要編集

第一子の誕生を控えたオタクの夫と一般人の妻の夫婦の日常を描く作品。

人物設定に同じく木尾の作品である『げんしけん』(講談社)との共通点が多く見られ、またストーリー上も『げんしけん』で描かれたものと酷似した出来事が過去の話として言及されることがあり、スピンオフないしパラレルワールドを思わせるが、両作品の関係の有無については明言されていない。しかし木尾はコミックス1巻のあとがきで「(ヘタレオタク旦那とパンピー妊娠奥さんだと)それって…」と発言している事や、連載開始以降に描かれた『げんしけん 二代目』の斑目の告白エピソードの中で、斑目の「もし高坂がいなかったら」との質問に春日部が「そんな未来もあったかもね」と返す場面がある事から『げんしけん』を意識した作品であることを示唆している[1]。 タイトルにおいても、「Spotted=斑+Flower=花≒咲」という織り込みが見て取れる[2]

登場人物編集

一部を除いて名前は明かされていない。

メイン編集

主人公でオタクの社会人。メガネをかけた痩身で猫背の青年。性格は奥手かつヘタレであり、妻の尻に敷かれている。
妻の妊娠発覚後は一度も夫婦生活を行っていない。本人いわく「お腹の中に誰かいると思うと…」。かなり気になるのか、妻が下着姿で誘ってきても下半身は全く反応していなかった。ただし縞パンがお気に入りで、妻がそれを履いた際には「今が俺の人生の頂点だと思う」とまで言い切った。
妻の元恋人は大学オタクサークル時代の後輩であり、現在でも共に同人誌即売会に参加する仲であるが、出産祝いで訪れた際に、妻と会話する姿を見ると惨めな気持ちになっている。
『げんしけん』の斑目晴信との共通点が多く見受けられる。
メインヒロイン。
出産を間近に控えた妊婦。自身は一般人だが、前の恋人もオタクだったため、夫の趣味に対しては一定の理解を示している。
気が強く、夫に対しては歯に衣着せぬ物言いをするが夫婦仲は円満。しかし、既に安定期に入っているにも関わらず夫婦生活が途絶えている事には不満を募らせており、かなり強引な方法で事に及ぼうとすることも多いがすべて失敗に終わっている。夫のオタク仲間とも旧知の関係だが、全員が集まる席には元恋人もいるので参加を控えている。
第3巻で娘を出産。娘が「おばあちゃん」より「咲(さき)」と命名されたことによって、本名が咲ではないことが明らかとなった。
『げんしけん』の春日部咲との共通点が多く見受けられる。
単行本あとがきでは過去の夫と妻の絵が描き下ろされており、2人そろって斑目・春日部にそっくり。また第3話では想像ではあるが『くじびきアンバランス』の会長コスをしているシーンがある。このキャラは『げんしけん』でも春日部がしたコスプレの一つである。
おばあちゃん
「妻」方の祖母。
凛とした老婦人。「妻」の名付け親であり、夫婦の子の命名も頼まれているのだが、挙げてくる候補はどういうわけかアニメやゲーム[3]のキャラクター由来のものばかりである。ただしそれは「気の弱い夫が本来つけたい名前があるのに妻に遠慮して付けられないのではないか」という心配からきており、本人の本来の趣味ではない。しかし直感で付けたという名前が「有明 晴海」とコミフェス関係の名前だったりするなど、実はわかっていて夫をからかって遊んでいる節もある。なぜそのような名前に詳しいのかは不明。

学生サークル時代の友人編集

下記のほか、妻の出産祝いに「吃りながら話す男」と「顎髭を生やした男(ママ友の夫?)」がママ友と共に現れている。

友人(妻のママ友)
二人の大学時代からのサークル仲間。二児の母。先の方にゆるくパーマのかかった長い髪に眼鏡をかけており、また体は大柄でかなりの巨乳。今も子供を預けてイベントに行くほどのオタク。基本的に物腰は穏やかで言葉遣いも丁寧だが、コスプレの話題になると目の色が変わり、隙あらば「妻」にコスプレをさせようと企んでいる。「夫」とも面識がある模様。
『げんしけん』の大野加奈子との共通点が多く見受けられる(但し、大野の特徴であった泣きボクロと艶ボクロはこちらには見られない)。
後輩(浅花 碧)
商業漫画家にして同人誌大手壁サークルの主宰者。そのため同人サークル関係には顔が広いらしい。ペンネームは「浅花 碧(あさか みどり)」。細身でショートカットの美人で、服のセンスも垢抜けている[4]。どう見ても女性にしか見えないが、実は男性。比較的最近に豊胸したらしく[5]、巨乳と言うほどではないが谷間ができる程度には胸がある。しかし性転換はしておらず、男子トイレに並ぶ描写や、担当編集者(男性だと知らない)が思わず股間の膨らみ(正常時)を見てしまうという描写がある。学生時代から「夫」に好意を持っているらしく、今でも何かと理由をつけて夫と会いたがる。「妻」とも面識がある。
「妻」の出産祝いで訪れた妻の元彼と妻の会話シーンを見て自分を惨めに感じた「夫」から家に誘われ、お互いに男同士でかつ浮気的状況と分かっていながら身体を許す関係になる[6]。また、後述の友人とも肉体関係がある模様。
『げんしけん 二代目』の波戸賢二郎との共通点が多く見受けられる。
後輩の友人(浅花 碧のマネージャー的存在)
コミフェスで「浅花」のサークルスペースを手伝っている女性。商業作家として活動する「浅花」のマネージャーや緊急時のアシスタントもしている。眼鏡をかけており、「友人」ほどではないもののかなりの巨乳。かつては太っていて三段腹だったらしい。肉体関係を匂わせる描写があったり、家族露天風呂に一緒に入ったりと「浅花」とはかなり親密な様子。
「夫」と「浅花」が一夜を共にしたことを知っており、呆れつつもその話には食いついていた。
『げんしけん 二代目』の矢島美怜との共通点が多く見受けられる。
金髪
金髪の外国人女性。「後輩」や「後輩の友人」の友人で、また後述の「荻野」と行動を共にすることも多い。「荻野」とは同性愛的な関係にあるらしい。
『げんしけん』『げんしけん 二代目』のスザンナ・ホプキンスと共通点が多い。ただし、体はまるで別人のように成長しており、長身かつ巨乳のグラマラスな体形になっている。
「妻」の元カレ
「夫」の後輩で、コミフェスにも出展するオタク系の企業に属する。『げんしけん』の高坂真琴との共通点が見受けられる。
「妻」の元カレの友人
「夫」の後輩。子供を作ることを考える親密な恋人がいる(「元カレ」とのやり取りから荻野であることが伺える)。『げんしけん』の笹原完士との共通点が見受けられる。
荻野
「浅花」たちの先輩で、漫画誌「アフタ(ヌーン?)」に連載を持つ商業漫画家。コミフェスなどの同人誌活動にも精力的。「金髪」と同性愛的な関係にあるようだが、一方で「元カレの友人」と交際関係にもあることが示唆されている。
『げんしけん』の荻上千佳との共通点が多く見受けられる。

その他編集

遠藤 茅
ライブラ出版のボーイズラブ漫画誌「CYAN」の編集者で、「浅花碧」を担当している小柄な女性。浅花が男性ではないかと密かに疑っている。
荻野の友人
関西弁を操る、ややふくよかな女性。コミフェスでは「荻野」と行動を共にしており、『げんしけん』の藪崎久美子との共通点が見受けられる。
「にゃーにゃー言うアホ(麻田似)」も行動を共にしている模様。

書誌情報編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 単行本第1巻のオビにも惹句として「そんな未来」というフレーズが印刷されている。
  2. ^ 『げんしけん 二代目』第125話にて、「高坂が春日部を妊娠させた(嘘)」話のサブタイトルが「High slope flower」とされる遊びもある。
  3. ^ 魔法少女まどか☆マギカ』『ラブプラス』『』『ゆるゆり』が確認できる。
  4. ^ ただし、商業誌の締め切り前の修羅場の時はかなりいいかげんな格好をしているらしい。
  5. ^ 第3巻において、胸の谷間の汗を初めて経験したとおぼしき発言や、「シリコンめっちゃ冷たいです」と発言をしている。
  6. ^ ただし「後輩」の方が「攻め」である。

外部リンク編集