Strikeforce: Lawler vs. Shields(ストライクフォース:ローラー・ヴァーサス・シールズ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「Strikeforce」の大会の一つ。2009年6月6日ミズーリ州セントルイススコットトレード・センターで開催された。

Strikeforce: Lawler vs. Shields
イベント詳細
シリーズ Strikeforce
主催 シリコンバレー・スポーツ&エンターテインメント
開催年月日 2009年6月6日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州セントルイス
会場 スコットトレード・センター
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全11試合
放送局 SHOWTIMEPPV
入場者数 8,867人
イベント時系列
Strikeforce: Shamrock vs. Diaz Strikeforce: Lawler vs. Shields Strikeforce: Carano vs. Cyborg

大会メインイベントでは、元EliteXC世界ミドル級王者ロビー・ローラー対元EliteXC世界ウェルター級王者ジェイク・シールズの契約体重試合(182ポンド:約82.6kg)が行われた[1]

大会概要編集

EliteXCの元王者同士の対決となったメインイベントでは、シールズがローラーを開始2分余りでのギロチンチョークで降した[2]

カード変更編集

当初、メインカードとして予定されていたハファエル・カバウカンチ対ジャレッド・ハマンのヘビー級戦は、ハーマンの欠場によりマイク・カイルが出場し、試合はアンダーカードに降格となった[3]

試合結果編集

プレリミナリィカード編集

第1試合 ライト級 5分3R
  パット・ベンソン vs.   デイブ・コクラン ×
1R 2:42 腕ひしぎ十字固め
第2試合 ミドル級 5分3R
  ルーカス・ロペス vs.   スコット・ヴェンティミグリア ×
1R 3:26 反則(グラウンドの膝蹴り)
第3試合 ウェルター級 5分3R
  タイロン・ウッドリー vs.   サル・ウッズ ×
1R 4:20 肩固め
第4試合 ライトヘビー級 5分3R
  ブッカー・デルース vs.   ジェームス・ウェイド ×
1R 4:06 TKO(レフェリーストップ)
第5試合 ライトヘビー級 5分3R
  マイク・カイル vs.   ハファエル・カバウカンチ ×
2R 4:05 TKO(レフェリーストップ)
第6試合 キャッチウェイトバウト(175ポンド) 5分3R
  ジェシー・フィニー vs.   ジョシュ・バンガーナー ×
1R 1:55 V1アームロック

メインカード編集

第7試合 ライトヘビー級 5分3R
  マイク・ホワイトヘッド vs.   ケビン・ランデルマン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第8試合 ウェルター級 5分3R
  ジョー・リッグス vs.   フィル・バローニ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第9試合 キャッチウェイトバウト(180ポンド) 5分3R
  ニック・ディアス vs.   スコット・スミス ×
3R 1:41 チョークスリーパー
第10試合 ヘビー級 5分3R
  ブレット・ロジャース vs.   アンドレイ・アルロフスキー ×
1R 0:22 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第11試合 キャッチウェイトバウト(182ポンド) 5分3R
  ジェイク・シールズ vs.   ロビー・ローラー ×
1R 2:02 ギロチンチョーク

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集