T2中戦車(T2ちゅうせんしゃ、T2 Medium Tank)とは、1930年代に開発されたアメリカ陸軍の試作中戦車である。

T2中戦車
T2-tank.jpg
性能諸元
全長 4.88 m
車体長 上に同じ
全幅 2.44 m
全高 2.74 m
重量 15.6 t
速度 40 km/h(舗装道路上)
行動距離 145 km(舗装道路上)
主砲 47 mm半自動砲(75発)
副武装 M2 12.7 mm 機銃(主砲同軸、2000発)、37 mm砲(車体前面右側、後に撤去)、M1919 7.62 mm 機銃(4500発)×2(車体前面・キューポラ上)
装甲 3.35-22 mm
エンジン リバティ 液冷V型12気筒ガソリン
312 hp/750 rpm
乗員 4 名
テンプレートを表示

概要編集

1920年代前半、アメリカ陸軍は今後の戦車開発の方針として、5トン級の軽戦車と15トン級の中戦車の2種類を配備することを決定した。その内の15トン級中戦車がT2中戦車である。

基本設計はT1軽戦車の拡大版であり、各部の共通化が図られていた。試作車の製造にあたっては、実際に多くの部品をT1軽戦車から流用している。

T2は1930年から1932年にかけてロックアイランド兵器廠で1輌のみ製造され、各種のテストが行われた後に退役した。製造された唯一の車両は、その後はヴァージニア州のフォート・リー駐屯地で展示されている。


登場作品編集

World of Tanks』(オンラインゲーム
アメリカ中戦車T2 Medium Tankとして登場。

関連項目編集