THE JUMPS

THE JUMPS (ザ・ジャンプス)は、1985年に結成した日本のロック・バンド、1995年に活動休止し、1998年から2004年まで活動していた。

目次

メンバー編集

元メンバー編集

ギター編集

  • 長田三一 
  • 井上慎太郎
    AUTO-MOD、突撃ダンスホール。
  • 藤田紋次郎
  • 桜井アツシ

ベース編集

  • 小高剛晴
  • Jack
  • 縄田イツキ

ドラム編集

  • 吉田雄三
  • 内山和一
  • イズミダイズミ

サックス編集

  • 原笹徳之
  • 福島ピート幹夫

概要編集

バンド「スピルカ」を母体として、1985年に結成されたバンド。 イベント「JUST A BEAT SHOW」の生みの親として有名で、日本のビート・シーンを語る上で欠くことのできない中心的なバンドである。 「男臭さ・泥臭さ・人間臭さ」を身上とし、ライブハウスの親分的意味合いを持っていた。

略歴編集

島、早稲田大学に入学するため愛知県名古屋市から上京。
地元の仲間や他の大学のサークルで活動していた仲間とバンド「スピルカ」を結成。
ビートバンドによる新しいムーブメントを起こすべくシリーズギグ「JUST A BEAT SHOW」を始める。
「スピルカ」解散。
いくつかのセッションを経て新バンド「Dogberry」を結成。
島、ロンドンに留学。「Dogberry」は活動休止状態に。
島、帰国後にDogberryの旧メンバーを集め「the JUMPS」を結成。
2月、JUMPSにとって初の音源となるオムニバス作品「無印不良品」を発売。
この頃THE BLUE HEARTSと出会う。
秋頃、島や甲本ヒロトの提案で「JUST A BEAT SHOW」のオムニバスのライブ盤を出すことに決定。12月にライブレコーディングを行うが、機材のトラブルにより失敗。
2月11日、渋谷屋根裏で初めてのワンマンライブを行う。入場者にソノシート「FUCK ON FUNK」を配布。
3月8日、前年のレコーディング失敗のため、「JUST A BEAT SHOW」のやり直しライブを行う。レコーディングは無事に終了。
3月、島、大学卒業。
5月、「JUST A BEAT SHOW 1986.3.8 YANEURA」発売。
プレスされた2000枚はあっという間に完売した。
11月、3曲入りシングル「犬に咬まれて俺の両手は血だらけ」発売。
前半はザ・ファントムギフトTHE LONDON TIMESニューロティカ、グレイトリッチーズなどのバンドと色々なイベントに参加。
6月、2枚目のシングル「Dyin' Dancin'」を発売。
当時バンド内で重要な存在だったギタリストが、ある宗教への傾倒を理由に脱退。ギターは当時Saxだった稲葉重千代が担当するが、活動が少しずつ停滞しがちになる。
初のフルアルバム「SO HOT」発売。
渋谷ON AIR WESTにて「JUST A BEAT SHOW 100回記念2DAYS」を行う。
オムニバスアルバム「Sunday Night Session」、初のライブビデオ「男の生きざま」を発売。
活動休止。
島はTHE BLUE HEARTSのオリジナルベーシスト・マサミと「Cabaret'ts」として活動
活動再開。
「JUST A BEAT SHOW 200回記念5DAYS」をクラブチッタ川崎などで行う。
シングル「欲望」、ミニアルバム「KILL OR LOVE」発売。
ドキュメンタリーライブビデオ「DOGS BANQUET」発売。
ミニアルバム「LIBERATION FRONT」発売。
11月29日、渋谷CLUB asiaで「JUST A BEAT SHOW THE FINAL PARTY TO BEGINNING」を行い、JUST A BEAT SHOWとしての活動に終止符を打つ。
「JUST A BEAT SHOW」に代わる新イベント「PUNKS BANQUET」を始める。
下北沢SHELTERのライブをもって活動停止。
島は弁護士を目指す為、全ての音楽活動を休止。勉強に専念する。
島、司法試験に合格。
11月18日、イベント「Rock'n'Lawyer宣言」にて一夜限りの復活。
結成30周年。
7月17日に新宿ロフトにて再結成ライブ「the JUMPS 30th Anniversary Party “Jump the highest!”」を開催する予定。

作品編集

シングル編集

  • FUCK ON FUNK(1985年・ソノシート)※じゃがたらOTOプロデュース
  • 犬に噛まれて俺の両手は血だらけ(1986年)
  • Dyin' Dancin'(1987年)
  • 欲望(2000年)

アルバム編集

  • SO HOT(1989年)
  • KILL OR LOVE(2000年)
  • LIBERATION FRONT(2002年)
  • the JUMPS 30th Anniv. “Jump the best & the highest!”(2015年)

オムニバス・アルバム編集

  • 無印不良品(1985年・カセットテープ)
  • JUST A BEAT SHOW 1986.3.8 YANEURA (1986年5月)
  • Sunday Night Session(1989年)
  • JUST A BEAT SHOW THE FINAL PARTY TO BEGINNING (2002年)

ビデオ編集

  • 男の生きざま(1994年)
  • DOGS BANQUET(2001年)

外部リンク編集