メインメニューを開く

THE RYDERS(ザ・ライダーズ)は、SANDINISTA!所属の日本パンク・ロックバンドである。1987年結成[1]。ボーカルのJ.OHNOとベースのKOJIを中心として都内を中心に活動中。

THE RYDERS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル パンク・ロック
活動期間 1987年 - 1997年
2000年 - 2006年
2008年 -
レーベル SANDINISTA! Co.,Ltd.
公式サイト www.the-ryders.com
メンバー J.OHNO(Vocal
KOJI(Bass
MOH(Drums

メンバー編集

サポートメンバー編集

ギター

ベース

  • AKI ex.GREST。KOJIが事故による怪我のため急遽サポートとして参加。

過去のメンバー編集

ギター

  • TSUDA(結成 - 1989)
  • オノチン(1989) ex.NICKEY & THE WARRIORS。現JET BOYS、オナニーマシーン
  • LOU(1989 - 1992) ex.レジスタンス、THE STAR CLUB
  • 黒嶋悟(1992 - 1993)現THE MONSTERS
  • KASUGA(1993 - 1997)ex.DISSARAY、THE IDIOT IDOLATERS、THE POGOLAUGHIN' NOSE、DESSERT。現MOSQUITO SPIRAL
  • BELLEY(1998 - 2007)ex.FREEDOM、WAR PAINTED CITY INDIAN、BATTLE MANIA、LAUGHIN' NOSE。
  • TATSUYA(2009 - 2016)IN-HI(INDIAN-Hi)と並行して活動していた。

ドラムス

  • REIJI(結成 - 1990)
  • TSUGIO(1991 - 1996)ex.THE ZETT
  • TAKASHI(1998 - 2006)ex.TOO LATE…ASIA、現ヤングキラー、THEMETORO’S、MY WORDS IS CALLINGS

概要・来歴編集

1987年にOHNOとKOJIを中心に結成[2]

1988年にVAPより『THE RYDERS』にてメジャーデビュー[1][2]。その後も活動を続けて行くが、1997年よりライブ活動を休止し充電期間に入る[2]

1998年にメンバーチェンジを行い、ドラムスにTAKASHIが加入。2000年4月にShibuya O-EASTで行われた「JAPAN PUNK ROCK FESTIVAL」でステージに復帰[2]。 2001年にはセルフカバーアルバムをリリース。 2005年には初のライブアルバム『LIVE AT KLUB COUNTER ACTION〜不良少年の夜〜』をリリースと積極的に活動を続けるが[3]、2006年ドラムスのTAKASHIが脱退。活動休止期間に入る[2]。活動休止と共にギターのBELLEYが脱退。

活動休止期間中、OHNOとKOJIはラモーンズのトリビュートバンド「DUMB」を結成[4]。ライブ活動、CDリリースとライダーズとは一線を画した路線の音楽活動を行う[4]

2008年11月13日新宿LOFTにてKen BandのメンバーG,MINAMI Dr.Matsuuraをサポートに迎え復活[2]。2009年から現メンバーのG,TATSUYA (IN-HI), Dr,MOH (MISSILES,ex KENZI&THE TRIPS)が加入し、都内のライブハウスを中心に活動を続ける[2]

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTKemuriPOTSHOT等のバンドに影響を与えており、2002年にこれらの若手バンドが参加したRYDERSのトリビュートアルバム『LET'S GET TOGETHER』がリリースされた[5]

結成25周年を迎えた2013年、10年ぶりとなるフルアルバム『ONE FOR ALL』をリリース[6]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • SO PASSION(1987年)
  • VICTIMS(1995年1月21日)
  • NEW RISE(1995年7月22日)
  • ZASSO(1996年)- 米国のみ発売
  • BURST ROCKET(2000年9月27日)
  • MY FREEDOM(2002年8月03日)
  • FIGHTIN' IN THE LIFE(2002年11月24日)
  • MISSION X !!(2004年7月21日)COBRAとのスプリットCD
  • PUNK 2 STUPID!(2010年2月22日)COBRAとのスプリットCD

アルバム編集

  • GET GOOD LOVIN'(1987年)
  • THE RYDERS(1988年6月21日)
  • LET'S GET TOGETHER(1991年3月21日)
  • FROM JUNK STREET(1991年11月21日)
  • ALL THE WAY(1993年12月21日)
  • 反逆分子(1995年8月19日)
  • RYDERS ARMY(2001年3月22日)
  • PUNK EXPLOSION(2003年6月20日)
  • LIVE AT KLUB COUNTER ACTION〜不良少年の夜〜(2005年10月18日)
  • SONGS FROM THE CLOSET(2008年11月4日)
  • ONE FOR ALL(2013年3月13日)

カセットテープ編集

  • RYDERS DEMO1(1989年)
  • RYDERS DEMO2(1990年)

V. A.編集

  • 『FUNK CRIB』(2000年4月26日)
  • 『S★S★B★P〜SPECIAL SHINJUKU BEACH PARTY〜』(2011年)

ビデオ編集

  • 『REAL IDIOT』(1991年)
  • 『ANARCHY TOUR 91-93』(1993年)
  • 『JAPAN PUNK ROCK FESTIVAL 2000 日本パンクを創った男達! at ON AIR EAST 23rd April 2000』(2000年9月21日)

DVD編集

  • PHOTO DVD DATA & MOVIE 2DVD『ATTITUDE '08-'10』(2011年4月20日)
  • PUNK LIVES! FOREVER 2013 (2013年11月6日)
  • EASY COME, EASY GO -Document 1992 & 20XX- (2013年11月30日)777本限定

トリビュート編集

  • 『LET'S GET TOGETHER〜TRIBUTE TO THE RYDERS〜』(2002年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 『別冊宝島 ROCK FILE Vol.5 1989 特別版 日本ロックバンド完全事典』JICC出版局、1989年、229頁。
  2. ^ a b c d e f g THE RYDERS BIOGRAPHY”. THE RYDERS Official Web Site. 2015年3月4日閲覧。
  3. ^ The Ryders (ライダーズ) アーティスト・プロフィール”. CDJournal. 2015年3月4日閲覧。
  4. ^ a b [the Birthday]RAMONESトリビュートバンド結成”. natalie (2007年5月16日). 2015年3月4日閲覧。
  5. ^ LET'S GET TOGETHER〜TRIBUTE TO THE RYDERS”. Tower Records. 2015年3月4日閲覧。
  6. ^ 10年ぶりのフルアルバムリリース「"はみ出し者"でも、やらなきゃいけない時には、"できる"はずなんだ」”. Rooftop (2013年3月1日). 2015年3月4日閲覧。

外部リンク編集