THE ZETT(ザ・ゼット)は、1980年代後半から1990年代後半に活躍した、日本のパンク・ロックバンド

概要・経歴編集

1979年前半、大阪にてWOLFとCATを中心にANTIが結成される。当時WOLFは16歳、CATは14歳であった。

1985年12月13日、新宿LOFTにてANTI解散宣言ギグを行う。ANTI解散後、WOLFはMACHINE GUNを結成。CATはNICKEY & THE WARRIORSに参加。

1989年2月、WOLFとCATが4年ぶりに再会。7月、THE ZETTが結成される。

メンバーは、ボーカルWOLF、ギターCAT、ベースは元THE POGONICKEY & THE WARRIORSのSHINICHI、ドラムTSUGIO。11月11日、渋谷ラ・ママにてデビューギグを行う。

1990年1月、4曲入りカセットZETT1を製作。2月、TSUGIO脱退、THE RYDERSへ加入。3月、JUNが加入。クラブ・ザ・スターからアルバムリリースの話が持ち上がる。6月、ファーストアルバムのレコーディング開始。SHINICHIが事故のため脱退。BONEが加入しレコーディング終了。

1990年9月21にクラブ・ザ・スターからアルバムLP「狼煙」(のろし)を発表(後にCDで再発)。

その後も、THE STAR CLUB主催の「傷だらけの天使達」やTHE RYDERS主催の「アナーキーツアー」などといった日本のパンク・ロックのイベントに参加するだけではなく、独自のツアーもに行い、毎年のようにアルバムも発表するなど、活動を行った。

DRUMSはJUN脱退後、MAKOTOにチェンジ。

1997年、アルバム「HUMANISM」を発表後、全国ツアーを行い、同年の夏に解散した。

1STLP収録の"い・ち・び・り"は京都のパンクバンドZIGZAGのカバー。

WOLFはHEAVY SOUL JUNCTIONを結成し、アルバムを2枚発表。

CATはJAPに参加後、NICKEY & THE WARRIORS、KOOL RODZなどで活動中。

ディスコグラフィー編集

LP編集

  • 狼煙(1990年9月21日【数量限定再発盤:2019年3月6日】)

アルバム編集

  • GOODFELLAS(1995年5月30日【限定版:2019年3月6日】)
  • ENDLESS ROAD(1995年7月30日)
  • HUMANISM(1996年7月10日)
  • 狼煙(1999年11月19日)※再発版

ライブアルバム編集

  • LIVE BOOTLEG(1991年5月5日)
1990年『狼煙』ジャパン・ツアーの模様を収録したライブ・アルバム。数量限定。

関連項目編集