The Party (Kenのアルバム)

The Party』(ザ・パーティー)は、日本ロックバンドL'Arc〜en〜CielギタリストKenの1枚目のミニアルバム2010年8月4日発売。発売元はDanger Crue Records

The Party
Kenミニアルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Danger Crue Records
プロデュース Ken
秦野猛行(#5)
チャート最高順位
Ken 年表
IN PHYSICAL
(2009年)
The Party
(2010年)
テンプレートを表示

解説編集

前作『IN PHYSICAL』から1年4ヶ月ぶりとなるアルバムで、自身初となるミニアルバム。

本作の収録曲の多くは、2009年に開催したライヴツアー「TOUR 2009 "LIVE IN PHYSICAL"」以降、ツアーサポートを務めている秦野猛行と白田一秀(PRESENCEGRAND SLAM)とともに作曲を行っている。コライト中心のアルバム制作になった経緯として、Kenに音源化する予定のデモのストックがほとんどなく、Kenが2010年を当初は充電期間にするつもりだったことがあげられる[1]。アルバム制作について、Kenは「今回の制作って言ってみたら自分の頭の中で自分を驚かすんじゃなくて、秦野さんや白田さんとのやりとり、その触れ合いで曲を作っていくものだったわけで。『IN PHYSICAL』は曲を作る時点ではひとりだったから、そういう感触も久しぶりで面白かった[1]」「自分ひとりの瞬発力で作ってたとしても、その手前には自分の経験があって、そこから曲なりが出てくるじゃない?でも、共作だと、ほかの人の経験なんて知らないし、人の感覚なんてわからないところから突然出てくる[2]」「お任せというか、音さえ良ければ何の抵抗感もないんだよね。どんな曲調でも[3]」と述べている。

余談だが、当時Kenは"リリースするつもりのない楽曲制作"は行っていたといい、「『IN PHYSICAL』を作ったあとに、ちょっとデモ作りをしてた時期があったんですよ。そのときはなんか不可解なものを作りたいと思ってて[1]」「自分が驚くように驚くようにって『IN PHYSICAL』を作って、そのあともっともっとって作曲したら不可解なものが出来てしまった(笑)。人が絶対5回で覚えられない音楽を作りたい、そういうものに向かいたいってちょっと頭でっかちになってたんだろうね[1]」と述べている。ちなみに、この"不可解な曲"を音源化する気はないことをアルバム発売時のインタビューで語っている[1]

1曲目に収録された「solitary stroll」は、秦野猛行が制作したデモ音源の2曲を、Kenの意向で1曲にまとめ再構築した楽曲[4]。この曲について、Kenは「歌詞が伝わったらいいなと思いながら歌った[2]」と述べており、「作曲とかと一緒で、最終的に"この空気"を出すのにこの言葉が響いたほうがいいんだったら伝わるように歌いたい。"ぜひこの歌詞を聴いて"というよりは音として出てくるときの空気感がもっと伝わるように歌いたかった[2]」と語っている。また、この曲はミュージック・ビデオが制作されており、映像には自身初の演技シーンが収録されている。

2曲目に収録された「Blow」は、本作で唯一となるコライトでない、Ken単独で作曲した楽曲。前述のように、Kenは前作発売以降は所謂"不可解な曲"を作ることを志向していたが、この曲はあえてシンプルに制作したという[4]。Ken曰く「去年謎のデモを作ったときに、もうちょっとメロディあるようにしようと思って書いた曲[3]」「(デモの制作時点では)別に録音する予定もないんで、ほっといてた曲[4]」だという。この曲は永井利光にドラムを依頼しているが、永井のドラムについて、Kenは「そうくる!?みたいなカッコいいシェイクが入った、すごい素敵なドラムが録れた[4]」と述べている。

3曲目に収録された「Down」と4曲目に収録された「Stray」は、デモ音源を白田一秀が制作している。デモを基に、Kenが構成やメロディを変更している[4]

5曲目に収録された「T.P.I.T.P.」は、1曲目の「solitary stroll」を制作するうえで秦野猛行の制作したデモ2曲をKenが合体させたことにより、アルバム収録曲数が足りなくなったため、秦野が急遽制作した楽曲[4]。1980年代のディスコ・ミュージックをイメージしてアレンジされた楽曲で、タイトルは「Take Part In The Party」の略[4]。タイトルが堅苦しいという理由で、歌詞のフレーズを<Join the party!>に変更しており、Ken曰く「遊びっぽい雰囲気」にしたという。この曲もミュージック・ビデオが制作されており、お笑いコンビオリエンタルラジオ中田敦彦藤森慎吾がゲスト出演している[5]。この映像は永久仕様盤に付属するDVDには収録されておらず、未だパッケージ化されていない。

永久仕様盤(CD+DVD)、通常盤(CD)の2形態で発売された。永久仕様盤には、1曲目の「solitary stroll」のミュージック・ビデオおよびオフショット、アルバムのレコーディング風景が収録されたDVDが付属している。

収録曲編集

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「solitary stroll」KenKen, 秦野猛行Ken
2.「Blow」KenKenKen
3.「Down」KenKen, 白田一秀Ken
4.「Stray」KenKen, 白田一秀Ken
5.「T.P.I.T.P.」Ken秦野猛行Ken, 秦野猛行

初回生産限定盤DVD編集

本作収録の「solitary stroll」のMusic Videoのオフショット、レコーディング風景などを50分収録。

  1. solitary stroll (Music Video)
    ディレクター:山口保幸
  2. Off Shot
  3. Recording映像

参加ミュージシャン編集

solitary stroll
Blow
  • Ken:ボーカル、ギター、キーボード
  • TAKASHI:ベース
  • 永井利光:ドラム
  • 比留間整:レコーディング、ミックス
Down
  • Ken:ボーカル、ギター、キーボード
  • 白田一秀:ソロギター
  • TAKASHI:ベース
  • 宮脇“JOE”知史:ドラム
  • 比留間整:レコーディング、ミックス

Stray
  • Ken:ボーカル
  • 白田一秀:ギター
  • TAKASHI:ベース
  • 宮脇“JOE”知史:ドラム
  • 比留間整:レコーディング、ミックス
T.P.I.T.P.
  • Ken:ボーカル
  • 白田一秀:ギター
  • 秦野猛行:キーボード、コーラス
  • 比留間整:レコーディング、ミックス


[Produce & Mastering]

  • Ken:プロデュース
  • 秦野猛行:プロデュース(#5)
  • 比留間整:プロデュース補佐[6]
  • 宮本茂男:マスタリング

参考文献編集

  • WHAT's IN?』、ソニー・マガジンズ、2010年8月号
  • 音楽と人』、株式会社音楽と人、2010年8月号

脚注編集

  1. ^ a b c d e WHAT's IN?』、p.46、ソニー・マガジンズ、2010年8月号
  2. ^ a b c 『WHAT's IN?』、p.47、ソニー・マガジンズ、2010年8月号
  3. ^ a b 音楽と人』、p.41、株式会社音楽と人、2010年8月号
  4. ^ a b c d e f g 『WHAT's IN?』、p.49、ソニー・マガジンズ、2010年8月号
  5. ^ Ken新曲PVにオリエンタルラジオ出演、一緒に踊るシーンも - ナタリー
  6. ^ クレジットはCo-produced by Hitoshi Himura