メインメニューを開く

U.M.A レイク・プラシッド

U.M.A レイク・プラシッド』(Lake Placid)は、1999年に公開されたアメリカ映画

U.M.A レイク・プラシッド
Lake Placid
監督 スティーヴ・マイナー
脚本 デビッド・E・ケリー
製作 マイケル・プレスマン
デビッド・E・ケリー
製作総指揮 ピーター・ボガート
出演者 ブリジット・フォンダ
音楽 ジョン・オットマン
撮影 ダリン・オカダ
編集 ポール・ハーシュ
配給 アメリカ合衆国の旗20世紀フォックス
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年7月16日
日本の旗 2000年4月1日
上映時間 82分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000
興行収入 $31,770,414アメリカ合衆国の旗
$56,870,414世界の旗
次作 U.M.A レイク・プラシッド2
テンプレートを表示

概要編集

13日の金曜日』シリーズのPART1のプロデュース、PART2・PART3の監督で知られるスティーヴ・マイナーが監督したアニマル・パニック映画。邦題はUMAとされているが、実際に登場するのは巨大ワニであり、未確認生物ではない。

劇中で登場するワニはスタン・ウィンストンが製作し、CGとアニマトロニクスを駆使して撮影されている。また、中盤でクマも登場するが、このクマは本物を使っている。

テレビ映画として制作された続編に『U.M.A レイク・プラシッド2』『U.M.A レイク・プラシッド3』『U.M.A レイク・プラシッド ファイナル』、『アナコンダ vs. 殺人クロコダイル』(「アナコンダ」シリーズとのクロスオーバー作品)がある。

あらすじ編集

メイン州ブラック湖で、ダイバーが謎の生物によって下半身を食いちぎられる事件が起こった。遺体には、爬虫類のそれに酷似した巨大な歯が付着していた。

調査のためニューヨークからやってきた女性研究者ケリーは、密猟監視員のジャックと地元の保安官ハンク、ワニ好きの大富豪ヘクターらと共に生物の捕獲作戦を行うが、やがて体長10m級の巨大なワニが姿を現した…。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

外部リンク編集