メインメニューを開く

UFC 108: Evans vs. Silva(ユーエフシー・ワンオーエイト:エヴァンス・ヴァーサス・シウバ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2010年1月2日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

UFC 108: Evans vs. Silva
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2010年1月2日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全10試合
放送局 Spike
入場者数 13,255人[1]
入場収益 2,000,000USドル[1]
PPV購入数 300,000件[2]
イベント時系列
UFC 107: Penn vs. Sanchez UFC 108: Evans vs. Silva UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz

メインイベントでは、ラシャド・エヴァンスチアゴ・シウバによるライトヘビー級戦が行われた。

大会概要編集

メインイベントではエヴァンスがシウバを3-0の判定で降し、ライトヘビー級タイトルマッチへ前進した。

第9試合のウェルター級戦は、ポール・デイリーの体重超過により172ポンドのキャッチウェイトバウトへと変更された[3]

当初ウラジミール・マティシェンコスティーブ・キャントウェルのライトヘビー級戦が予定されていたが、キャントウェルの欠場により代替選手が見つからなかったため中止された[4]。また、UFC 106から本大会へ延期されていたブロック・レスナーシェイン・カーウィンのヘビー級タイトルマッチは、レスナーの病状が改善しなかったことにより再び延期となった。

アンデウソン・シウバビクトー・ベウフォートの世界ミドル級タイトルマッチ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラケイン・ヴェラスケス戦等がメイン候補に挙がったが、負傷欠場者の続出で、結局ラシャド・エヴァンス対チアゴ・シウバがメインイベントとなった[5]

大会にはPRIDEライト級王者五味隆典が来場し、UFCとの契約を果たしたことが明らかになった[6]

試合結果編集

プレリミナリィカード編集

第1試合 ライト級 5分3R
  ハファエロ・オリヴェイラ vs.   ジョン・ガンダーソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第2試合 ウェルター級 5分3R
  ジェイク・エレンバーガー vs.   マイク・パイル ×
2R 0:22 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド)
第3試合 ミドル級 5分3R
  マーク・ムニョス vs.   ライアン・ジェンセン ×
1R 2:30 TKO(ギブアップ:パウンド

Spike中継カード編集

第4試合 ライト級 5分3R
  コール・ミラー vs.   ダン・ローゾン ×
1R 3:05 チキンウィングアームロック
第5試合 ウェルター級 5分3R
  マルティン・カンプマン vs.   ジェイコブ・ヴォルクマン ×
1R 4:03 ギロチンチョーク

メインカード編集

第6試合 ヘビー級 5分3R
  ジュニオール・ドス・サントス vs.   ギルバート・アイブル ×
1R 2:07 TKO(レフェリーストップ:左フック→パウンド)
第7試合 ライト級 5分3R
  ジム・ミラー vs.   ドゥエイン・ラドウィック ×
1R 2:31 腕ひしぎ十字固め
第8試合 ライト級 5分3R
  サム・スタウト vs.   ジョー・ローゾン ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-27、30-27)
第9試合 キャッチウェイトバウト(172ポンド) 5分3R
  ポール・デイリー vs.   ダスティン・ヘイズレット ×
1R 2:24 KO(左フック→パウンド
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
  ラシャド・エヴァンス vs.   チアゴ・シウバ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイト:サム・スタウト vs. ジョー・ローゾン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト:ポール・デイリー
サブミッション・オブ・ザ・ナイト:コール・ミラー
各選手にはボーナスとして50,000ドルが支給された[7]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集