メインメニューを開く

X(エックス、旧:Google X, Google X Lab)とは[1]Google機密施設によって、次世代技術の開発を担うプロジェクトである。現在はAlphabetの子会社。Xの拠点は2箇所あり、ひとつはカリフォルニア州マウンテンビューに位置するGoogle本社の内部と[2][3]、もう一つはサンフランシスコ・ベイエリアのどこかであり、正確な場所は公表されていない。研究所の最高責任者は、Googleの共同創設者の一人、セルゲイ・ブリンが担当している[4][5]。セルゲイ・ブリンは、拡張現実メガネとの対話、自動運転車音声認識など、およそ100種にも及ぶ未来的なアイデアに取り組んだ。

X
Logo of X (company).svg
種類 非公開会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 マウンテンビュー
設立 2010年1月
業種 情報・通信業
事業内容 人工知能計算論的神経科学医療生物工学等の企画・研究・設計・開発
代表者 アストロ・テラー (Captain of Moonshots)
所有者 Alphabet Inc.
関係する人物 セバスチアン・スラン(共同創設者)、ヨーキー・マツオカ(松岡陽子)(共同創設者)
外部リンク x.company
テンプレートを表示

目次

プロジェクト編集

Google Xが取り組むプロジェクトは8つに分かれている[6]。公表されているものは、ロボットカー、ARヘッドマウントディスプレイ、無人配達飛行機プロジェクト・ウィング、従来の風車よりも効率的な発電を可能とするマカニパワーの空中風力発電血糖値管理するコンタクトレンズ[7]、気球を成層圏まで飛ばしてネットワーク接続を提供するプロジェクトルーン[8]人工神経を応用した音声認識人工知能の開発がある[9]

また開発が却下されたアイデアもあり、ひとつは宇宙エレベータがある。これは2010年代時点で実現不可能だと見なされたためである[10]。当初はホバーボードの開発も検討されたが、社会的な需要に対してコストがかかりすぎるため却下となった[11]。また一般ユーザー利用において安全性を確保することが困難であるうえ、板一枚で人一人分を持ち上げるために非効率で膨大なエネルギーを消費するという問題がある[12]。さらに、物理学法則からも外れているということが判明している[12]

2013年10月には、以下の4つの開発プロジェクトが豪華客船Google バージに登録されたことが明かされた。

Project Glass編集

プロジェクトグラスが開発しているGoogle Glassは、Googleの拡張現実ヘッドマウントディスプレイである[13]。ハンズフリーで自然言語での操作を可能とし、インターネットサービスやアプリケーションが利用できる[14]

Google Self-Driving Car編集

Google セルフドライビングカーは、人の運転操作を必要とせずに走行できるロボットカーである。

Project Loon編集

プロジェクトルーンは、多数のバルーンを空に飛ばして安価なネットワーク網を生成し、インフラが整っていない地域にもインターネット接続を可能にする開発プロジェクトである。

Google Contact Lens編集

Google コンタクトレンズは、糖尿病患者が常に血糖値をモニタリングできるコンタクトレンズの開発を目標に作られたプロジェクトである[15]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集