メインメニューを開く

INXSインエクセス)は、オーストラリアロックバンド1980年代から1990年代にかけてカリスマ的な人気を誇り、オーストラリア出身のバンドとしてはAC/DCビージーズに次ぐ世界的成功を獲得した。

INXS
INXS.jpg
2007年
基本情報
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
ジャンル ロック
活動期間 1977年 - 2012年
レーベル Deluxe(現地のレーベル)
アトランティック
WEA
マーキュリー
ポリグラム
EPIC
共同作業者 ジミー・バーンズ
Max Q
ノイズワークス
公式サイト Official Site
メンバー ギャリー・ゲイリー・ビアーズ(B)
アンドリュー・ファリス(Key)
ジョン・ファリス(Dr)
ティム・ファリス(G)
カーク・ペンギリー(Sax)
旧メンバー マイケル・ハッチェンス(Vo, 1977年 - 1997年
ジョン・スティーヴンス(Vo, 2000年 - 2003年
J.D.フォーチュン(Vo, 2005年 - 2009年

歴史編集

1977年にボーカリストのマイケル・ハッチェンス、ファリス三兄弟を中心に結成され、1980年にデビュー。地元オーストラリアで人気を獲得した後、1983年にサードアルバム『シャブー・シュバー』で世界進出を果たす。1984年には当時の売れっ子プロデューサー、ナイル・ロジャースが手がけたシングルオリジナル・シン」で知名度を高めた。

この「オリジナル・シン」のミュージック・ビデオの撮影は日本で行われた。

バンドは当初のニュー・ウェイヴ風ロックから流行を意識したダンサブルなロックへと方向性を模索、一皮むけずにいたが、1985年、プロデューサーにクリス・トーマスを迎え、ソリッドなロック色を強めた『リッスン・ライク・シーヴズ』を発表する。シングルカットされた「ホワット・ユー・ニード」は全米5位の大ヒットとなり、この路線は成功、ファンキーさを深めた1987年の『キック』からは全米ナンバーワンとなった「ニード・ユー・トゥナイト」や「ニュー・センセイション」などの大ヒット曲が生まれ、現在までに1,000万枚のセールスを達成している。[要出典]なお、「Mediate」は『キック』中の「ニード・ユー・トゥナイト」の次の曲であるが、ミュージック・ビデオは元々一つの曲として制作され、「Mediate」の部分のミュージック・ビデオボブ・ディランのドキュメンタリー映画「Don't Look Back『ドント・ルック・バック_(ボブ・ディランの映画)』」のオマージュである。

1990年の『X』も引き続き成功を収め、ハッチェンスは俳優に挑戦したり、カイリー・ミノーグらと浮き名を流すなどスーパースターの王道を歩み、世界で最もセクシーな男と呼ばれるほどのカリスマ的存在になる。この後の作品はセールスが後退したものの、1992年にリリースされたアルバム『ホエアエヴァー・ユー・アー』は全英1位を記録。翌年に続くアルバム『フル・ムーン・ダーティ・ハーツ』は3位。

1997年11月22日、ハッチェンスはシドニーのホテルの一室で自殺。バンドは存続の危機に立たされる。それでもテレンス・トレント・ダービーら何人かのボーカリストをゲスト起用しながらライブ活動を続けた。2005年、アメリカのテレビ番組の企画でバンドは新しいボーカリストを募集、オーディションで12週を勝ち抜いたJ.D.フォーチュンを迎えて復活作を発表した。しかし2009年、フォーチュンは香港に到着した際に解雇された。

アルバム編集

日本公演編集

外部リンク編集