メインメニューを開く

Yostar

コンピュータゲーム開発・運営企業

株式会社Yostar(ヨースター)は、中華人民共和国上海悠星網絡科技有限公司を母体とし、日本東京都千代田区に本社を置くコンピュータゲーム日本現地法人[2]

株式会社Yostar
Yostar Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区神田須田町2丁目8番2号
プライム神田ビル9階
設立 2017年1月16日
業種 情報・通信業
法人番号 9010001180922
事業内容 ゲームの開発・運営
代表者 代表取締役社長 李衡達
資本金 5,000,000円
従業員数 10名(2017年11月現在、アルバイト含む)[1]
外部リンク Yostar
テンプレートを表示

概要編集

代表者の李衡達は中国出身で日本のアニメが好きだったことから大学を卒業後に来日、コンサルタント会社勤務を経てmiHoYoの日本法人第2代社長を務めた後、Yostarの設立に参加し社長に就任した[1]

「中国で作られた日本風のゲームを、日本で展開する会社」として日本市場向けのローカライズに特化しており[1]、2017年9月にiOS/Android向けで配信を開始した第2作『アズールレーン』がユーザー登録数600万人を突破するヒットを記録している[3]

設立当初は企業としての公式サイトが無く、URL「yostar.co.jp」は第1作『異世界からのノノ』の公式サイトとして使用し同サイト内に会社概要を掲載していた。その後、2018年に企業サイトが新設されている。

タイトル編集

出典編集

  1. ^ a b c クリモトコウダイ (2017年11月1日). “話題の『アズールレーン』はたった10名の会社が運営! 社長が“今のガチャ文化に違和感”を抱いた結果、SSR出現割合が7%になる【インタビュー】”. 電ファミニコゲーマー (ドワンゴ). http://news.denfaminicogamer.jp/interview/171101 2017年12月29日閲覧。 
  2. ^ 悠星CEO姚蒙インタビュー「アズールレーン」AppStore収入1位、月間収入2億元、創業以来の記録 Gamelook - 2017年12月18日(中国語)
  3. ^ “Yostar、『アズールレーン』の登録ユーザー数が400万人突破! 18年1月4日までに登録したユーザーにSR時雨やアイテムをプレゼント”. Social Game Info. (2017年12月7日). http://gamebiz.jp/?p=199422 2017年12月29日閲覧。 
  4. ^ スマホ向け2DアクションRPG「異世界からのノノ」が配信開始”. 4Gamer.net (2017年7月20日). 2018年3月6日閲覧。
  5. ^ Nono_STAFFのツイート(1077597202619412480)
  6. ^ 盛田 諒 (2017年10月20日). “「中国版艦これ」話題のゲーム会社に聞く”. ASCII.jp. KADOKAWA/アスキー・メディアワークス事業局. 2017年12月29日閲覧。
  7. ^ ゲーム★マニアックス編集部 (2018年8月10日). “『アズレン』のYostarが新作発表! タイトルは『アークナイツ』!”. アニマックス/ゲーム★マニアックス. 2018年8月11日閲覧。
  8. ^ MahjongSoul_JPのツイート(1121430689801326592)
  9. ^ 電撃オンライン (2019年4月6日). “Yostarの新作ゲーム『エピックセブン』発表。2019年に配信予定”. 電撃オンライン. 2019年4月6日閲覧。
  10. ^ Yostar (2019年4月8日). “スマートフォン向けアプリゲーム『Epic Seven』の日本での運営権を取得しました”. Yostar. 2019年4月13日閲覧。
  11. ^ Game*Spark (2019年7月5日). “『ネコぱらいてん!』発表―『ネコぱら』シリーズ新作がモバイルに登場、開発はYostar”. Game*Spark. 2019年7月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集