zbMATH(ジービーマス[1]、旧称: Zentralblatt MATH)は純粋数学及び応用数学書籍論文などに関する抄録評論サービスである[2]ヨーロッパ数学会ハイデルベルク科学・人文アカデミー英語版カールスルーエ学術情報センター英語版により編集・運営されている。数学の論文に関するデータベースとしてはMathSciNetと双璧をなす[3]。2021年からオープンアクセスに移行し、名称がzbMATH Openに変更された[4]

zbMATH Open
Zentralblatt für Mathematik und ihre Grenzgebiete 1931 Titel.jpg
1931年に発行された、前身である『数学とその学際領域のための中央誌』の表紙。
URL
https://zbmath.org
タイプ 索引・抄録・評論
分野 純粋数学応用数学
使用言語 英語・ドイツ語・フランス語
項目数 4,000,000件以上(2021年11月15日時点)
閲覧 無料
ライセンス CC BY-SA 4.0
運営元 ヨーロッパ数学会ハイデルベルク学士院英語版FIZ Karlsruhe英語版
営利性 非営利
設立 1931年
設立者 オットー・ノイゲバウアーリヒャルト・クーラントハラルト・ボーア、フェルドナント・シュプリンガー
執筆者 1,118,761人内7,780人アクティブ(2021年11月15日時点)
現状 稼働中

各項目は書誌情報に加えて、キーワードと数学主題分類記号であるMSCが与えられており、多くには記名による評論がある。データベースはオンラインでアクセス可能で、

前身であるレビュー誌『数学とその学際領域のための中央誌』(Zentralblatt für Mathematik und ihre Grenzgebiete, Zbl) はオットー・ノイゲバウアーらによってドイツで1931年に刊行された[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Springer Nature 製品・サービスのご案内 (PDF)”. シュプリンガー・ネイチャー. p. 9. 2022年9月29日閲覧。
  2. ^ About zbMATH”. 2016年9月24日閲覧。
  3. ^ Fowler 2004, p. 40.
  4. ^ 数学分野の文献データベース“zbMATH”が“zbMATH Open”として2021年1月からオープンアクセス化”. カレントアウェアネス・ポータル. 国立国会図書館 (2021年1月18日). 2021年1月19日閲覧。
  5. ^ ジェイムズ 2012, p. 20.

参考文献編集

  • ジェイムズ, I. 著、蟹江幸博 訳 『数学者列伝オイラーからフォン・ノイマンまで III』丸善、2012年。ISBN 978-4-621-06132-9 
  • Fowler, Kristine K., ed (2004). Using the mathematics literature. Books in Library and Information Science. 66. Marcel Dekker. ISBN 0-8247-5035-7. MR2083017. Zbl 1118.00001. https://books.google.com/books?id=i2mu7jg6OHEC 
  • Drake, Miriam A., ed (2003). Encyclopedia of Library and Information Science. 3 (Second ed.). Marcel Dekker. ISBN 0-8247-2079-2. https://books.google.com/books?id=Sqr-_3FBYiYC 

外部リンク編集