メインメニューを開く

いすず (護衛艦)

いすずローマ字JDS Isuzu, DE-211ASU-7015)は、海上自衛隊護衛艦いすず型護衛艦の1番艦。艦名は五十鈴川に由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては、旧海軍長良型軽巡洋艦五十鈴」に続き2代目にあたる。

いすず
JS Isuzu (DE-211).png
基本情報
建造所 三井造船 玉野造船所
運用者  海上自衛隊
艦種 乙型警備艦
級名 いすず型
艦歴
計画 昭和34年度計画
発注 1959年
起工 1960年4月16日
進水 1961年1月17日
就役 1961年7月29日
1988年4月8日(特務艦に種別変更)
除籍 1992年3月25日
要目
排水量 基準 1,490トン
満載 1,790トン
全長 94.0m
最大幅 10.4m
深さ 7.0m
吃水 3.5m
機関 ディーゼルエンジン方式
主機 三井 1235VBU-45Vディーゼルエンジン × 4基
出力 16,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 25ノット
燃料 249トン
航続距離 16ノットで6,000海里
乗員 183名
兵装 68式50口径3インチ連装速射砲 × 2基
65式533mm4連装魚雷発射管 × 1基
Mk.108 対潜ロケット発射機 × 1基(1962年装備)
71式ボフォース・ロケット発射機 × 1基(1975年換装)
Mk.2 短魚雷落射機 × 2基
68式3連装短魚雷発射管 × 2基(1975年換装)
55式爆雷投射機(Y砲)× 1基
54式爆雷投下軌条 × 1条
レーダー OPS-2 対空
OPS-16 対水上
Mk.34 射撃用
Mk.63 砲射撃指揮装置(1962年装備)
ソナー SQS-11 捜索用
SQR-4 深度測定用
SQA-4 距離深度測定用
電子戦
対抗手段
NOLR-1B ESM
テンプレートを表示

艦歴編集

「いすず」は、第1次防衛力整備計画に基づく昭和34年度計画乙型警備艦1211号艦として、三井造船玉野造船所で1960年4月16日に起工され、1961年1月17日に進水、1961年7月29日に就役し、舞鶴地方隊に直轄艦として編入された。 Mk.63射撃指揮装置及びMk.108対潜ロケット発射機は米国からの供与が遅れたため、未装備のまま就役、1962年に装備された。

1961年12月20日、舞鶴地方隊隷下に第31護衛隊が新編され「もがみ」とともに編入された。

1962年10月1日、第31護衛隊が第3護衛隊群隷下に編成替え。

1965年8月にソナーを換装。

1969年10月1日、第31護衛隊が再び舞鶴地方隊隷下に編成替え。

1974年10月15日から翌1975年2月5日まで改装工事が実施され、Mk.108対潜ロケット発射機及びMk.2短魚雷落射機が撤去され、71式ボフォース・ロケット発射機及び68式3連装短魚雷発射管が装備された。

1988年4月8日、特務艦に種別変更され、艦籍番号がASU-7015に変更、舞鶴地方隊に直轄艦として編入。 なお、特務艦への改装工事で長魚雷発射管が撤去された。

1992年3月25日、除籍。

参考文献編集

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第56集 海上自衛隊護衛艦史 1953-2000』(海人社、2000年)
  • 『世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)