メインメニューを開く

いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口

いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口』(いち・にのさんたろう あかさかげつようよいのくち)は、TBSラジオで放送されていた生ワイド番組。2016年7月4日に放送開始。2017年3月27日に番組を終了した。

いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2016年7月4日 - 2017年3月27日
放送時間 毎週月曜 18:00 - 19:30(90分)
放送局 TBSラジオ
パーソナリティ はぶ三太郎
出演 外山惠理
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

永六輔パーソナリティを務めてきた『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』は2015年9月26日で終了。番組の体裁はそのままに、月曜夜に『六輔七転八倒九十分』を開始した。しかし、永が背中の痛みの治療と、その間に患った肺炎のため、2016年2月より番組を休むこととなり、6月27日を以って、永は番組を降板。『六輔七転八倒九十分』は終了した。

これに伴い、『永六輔その新世界』から『七転八倒九十分』に掛けて出演して来た、はぶ三太郎をメイン パーソナリティに据えた新番組を開始することが決まり、長峰由紀外山惠理も引き続き、隔週交代で出演する。番組内容は前番組から継承するが、2015年12月の没後も続けられていた野坂昭如からの手紙のコーナーは終了し、永の放送音源を紹介するコーナー「六輔語録」となった。ラッキィ池田も不定期ではあるが、番組冒頭に電話出演をしている。

『七転八倒九十分』時代から放送中の電話FAXメールの宛先の紹介を行う。

番組2回目となる2016年7月11日の放送では、『七転八倒九十分』のパーソナリティを務めた永六輔が7月7日に逝去したことを受け、番組内容を大幅に変更。永の追悼特別企画を放送した。三太郎、外山、長峰とゲストのピーコが生前の永のラジオ音源を聴きながら、在りし日の永を偲んだ。永の次女で、元フジテレビ アナウンサーの永麻理も葬儀からそのまま駆けつけ、父との突然の別れを惜しんだ。同日の放送では、オープニングに永が作詞した坂本九の『上を向いて歩こう』を掛け、エンディングも、永が作詞した坂本九の『見上げてごらん夜の星を』が流れた[1]

また、2016年7月25日放送分では、7月12日に逝去し、7月20日に訃報が公表された大橋巨泉の追悼特集を放送し、『七転八倒九十分』の第1回(2015年9月28日放送)に巨泉がゲスト出演した際の音源が放送された[2]

しかし、2017年2月20日放送の冒頭で、3月いっぱいで放送を終了する事が発表され、前番組の『七転八倒九十分』同様、約9ヶ月で幕を閉じる事になった。3月27日が最終回となった[3]

放送時間編集

  • 毎週月曜 18:00 - 19:30

出演編集

パーソナリティ編集

アシスタント編集

外山アナの代理アシスタント編集

  • 戸崎貴広(TBSアナウンサー)2016年10月17日、2017年1月23日、2017年3月6日
  • 林正浩(元・TBSアナウンサー)2016年10月31日、2017年2月6日
  • 初田啓介(TBSアナウンサー)2016年11月28日
過去の出演者
  • 長峰由紀(TBSアナウンサー、2016年7月11日 - 9月19日)

準レギュラー編集

常連ゲスト編集

テーマ曲編集

いずれも、インストゥルメンタル。前パーソナリティの永六輔作詞の楽曲。

コーナー編集

※大半のコーナーは「七転八倒九十分」から引き継ぎ、明解さんちゃん、音のペダルのBGMも「土曜ワイド」「七転八倒九十分」と同じ物を使用している。
  • 千客万来 宵の口(18時台)
    18時台のゲストコーナー。(18時台の人物がそのまま19時台に出演することもある。)
  • 六輔語録
    TBSラジオに現存する「土曜ワイド」時代の永の放送音源を紹介する。
  • 明解さんちゃん(三省堂提供)
    三太郎が日常の何気ない言葉の語源や意味、日本語の魅力と楽しさを解説する。
  • 気まぐれレコード
    三太郎自身が所有するレコードを自ら持参して、一曲フルコーラスで流す
  • 宵の口交遊録(19時台)
    19時台のゲストコーナー。
過去のコーナー
  • 音のペダル(KEIRIN提供、2016年7月4日 - 9月26日)

脚注編集

外部リンク編集

前後番組編集

TBSラジオ 月曜18:00 - 19:30
前番組 番組名 次番組
いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口