メインメニューを開く

TBSテレビのアナウンサー一覧

ウィキメディアの一覧記事

TBSテレビのアナウンサー一覧(ティービーエステレビのアナウンサーいちらん)は、TBSテレビアナウンスセンター[1]に所属するアナウンサーを一覧にしたものである。なお、ラジオ・テレビ各分社化前のラジオ東京(KRT)→東京放送(TBS、現:東京放送ホールディングス〈TBSHD〉)に所属していたアナウンサーも含めて表記する。※はアナウンス部長経験者。

現職アナウンサー編集

入社年順に表記

男性編集

女性編集

元アナウンサー編集

入社年順に表記。

他部署へ異動編集

丸かっこ内の数字はアナウンス部在籍期間。

男性
女性

退職者編集

丸かっこ内の数字は旧ラジオ東京→旧東京放送も含めたTBSテレビ在籍期間。特記事項の無い人物は主にフリーアナウンサーニュースキャスター司会者タレントとして活動している。

男性編集

女性編集

関連人物編集

アナウンス部長編集

現在
過去

系列局からの出向社員編集

過去に、報道・情報番組においてJNN系列各局のアナウンサーや報道記者が司会やニュースデスクなどを担当するために出向した事例があった。過去の該当者は以下の通り。

局契約編集

特記ない限りNHKから移籍

備考編集

  • TBSグループのアナウンサーは全員TBSテレビ所属となっており、同社テレビ番組への出演の他、グループ会社(兄弟会社)であるTBSラジオBS-TBSの番組にも「TBSアナウンサー」[注釈 12]として出演している。会社法上は、TBSテレビが自社のアナウンサーをTBSラジオとBS-TBSに番組単位で出向させているため、TBSラジオとBS-TBSはアナウンサーの自社雇用をしない[注釈 13]
  • 2004年10月、東京放送(現:東京放送ホールディングス)は新たに設立した「TBSテレビ」(旧:TBSエンタテインメントを中心にTBSライブ・TBSスポーツを合併・当時は番組制作会社)へテレビジョン放送事業全般を委託、それに伴い東京放送在籍中のアナウンサーを含む社員820人をこの「TBSテレビ」へ同年10月1日付で出向させ、2005年以降の新卒・中途採用アナウンサーも同社が採用していた[90]。約4年もの間、社籍が異なるアナウンサーが同じ職場に在籍していたことになるが、その後、2009年4月に東京放送が持株会社へ移行、それに伴う吸収分割により、出向中の全てのアナウンサーが現在のTBSテレビへと転籍した。
  • 1990年代前半まで、報道担当の男性アナウンサーは「TBSアナウンサー」としてテロップで画面に登場することは少なかった。これは報道局所属であったことや、突発的な事故などの際には取材記者も兼ねていたことが影響していた。JNNニュースなどの提供読みも報道担当の男性アナウンサーはほとんど行っておらず、経験者は高橋進向井政生など限られた少数であった。ただし五味陸仁柴田秀一など情報番組の司会を担当していた男性アナウンサーもいた。この傾向が崩れたのは1994年頃。当時スポーツ担当だった佐古忠彦、情報番組担当だった岡田泰典が報道担当に移ってからのこと。佐古・岡田は以後報道のみの出演になるが、スポーツ担当の男性アナウンサーもJNNフラッシュニュースなどに登場することも多くなった。ただしベテランの男性アナウンサーの中には報道番組(一般ニュース)を担当したのことのないアナウンサーもいる(林正浩松下賢次など)。
  • 株式会社である以上、労使交渉がまとまらなければ、労働組合ストライキも起こりうる。その場合、担当番組を管理職のアナウンサーや外部のフリーアナウンサーが代行出演する。一例として2009年平成21年)3月13日は、TBSテレビで『ピンポン!』『2時っチャオ!』『イブニング・ファイブ』など各番組の担当アナウンサー(メイン司会も含む)が、放送での説明もないまま欠席している。

アナウンサー番組編集

地上波テレビ編集

TBSチャンネル編集

TBSラジオ編集

  • 朝のひととき(1958年) - アナウンサー制作番組[93]
  • ヤンアナジョッキー → ミスヤンアナジョッキー(1992年 - 1993年)
  • 倶楽部・アナ魂ダ!(2004年10月 - 2005年3月)
  • アナアナ探検隊(2005年10月 - 2006年3月)
  • 講談社 ラジオブックス
  • Kakiiin
  • 悠と渚のハツラツサンデー
  • ザ・トップ5
  • ラジオ・パープル
  • 女子アナウンス部御中 - かつてTBSラジオが運営していた有料の音声配信サイト「らじこん」において、複数の女性アナウンサーがそれぞれ個人で出演する音声コンテンツを配信していた。「らじこん」の廃止に伴い2015年4月をもって配信終了

関連書籍編集

  • 『We love TBS!! 女子アナウンサーのすべて見せます。』TBSアナウンスセンター編、アスキー、1998年8月。ISBN 978-4-7561-1854-7
  • 『おいしい顔ダイアリー TBSアナウンサーとCooking』アルファワークス構成・編集、学習研究社、2003年6月。ISBN 978-4-05-603148-5

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1989年入局[9]
  2. ^ 1934年入局[15]
  3. ^ 1939年入局[17]
  4. ^ a b 1944年三次入局[18]
  5. ^ 1948年入局[19]
  6. ^ a b 1950年入局[26]
  7. ^ a b c 1947年一次入局[28]
  8. ^ a b 1946年入局[33]
  9. ^ 1960年二次入局[50]
  10. ^ 1968年入局[72]
  11. ^ 朝日放送のスタジオからのコーナーを担当。
  12. ^ TBSテレビに所属する以上厳密には「TBSテレビアナウンサー」であるが、TBSラジオの略称は「TBS R」(旧TBSラジオ&コミュニケーションズ時代はTBS R&C)であり、単に「TBS」とすれば東京放送→TBSテレビを指すため、この肩書きで通る。
  13. ^ 同様の体制は、TBSグループ同様にラテ兼営から分社化したSTVラジオ札幌テレビ放送)・CBCラジオCBCテレビ)・朝日放送ラジオ朝日放送テレビ)にも引き継がれている(括弧内のテレビ局が出向元)。

出典編集

  1. ^ a b “代表取締役の異動及び役員人事に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東京放送ホールディングス, (2016年3月10日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1335918 2019年4月16日閲覧。 
  2. ^ 後輩が…♡ TBSブログ|林みなほのMinaho's Diary” (2014年5月28日). 2014年5月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、24頁。
  4. ^ a b c d e f 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、28頁。
  5. ^ a b c d e 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、29頁。
  6. ^ a b c d e f 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、30頁。
  7. ^ a b c d e f g 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、31頁。
  8. ^ 「all TBS 紳士・淑女録4 報道局報道センターの巻」『TBS社報』、東京放送、1991年12月17日、 20頁。
  9. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、24頁。ISBN 4-06-203232-5
  10. ^ a b c d e 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、32頁。
  11. ^ a b c d 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、33頁。
  12. ^ a b c d e f g 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、20頁。
  13. ^ (PDF) 平成27年度 独立行政法人国民生活センター 業務実績報告書 (Report). 国民生活センター. (2016-06). p. 4. https://www.caa.go.jp/policies/policy/local_cooperation/local_consumer_administration/ncac/meeting_001/pdf/region_index15_161107_0007.pdf 2019年4月16日閲覧。. 
  14. ^ a b “早起き名人会プロデューサの川戸貞吉さんが死去 81歳”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年3月11日). https://www.asahi.com/articles/ASM3C62KFM3CUCFI00S.html 2019年3月12日閲覧。 
  15. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、12頁。ISBN 4-06-203232-5
  16. ^ a b c d e f g 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、1頁。
  17. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、13頁。ISBN 4-06-203232-5
  18. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、14頁。ISBN 4-06-203232-5
  19. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、15頁。ISBN 4-06-203232-5
  20. ^ “「夕やけロンちゃん」吉村光夫さん死去…84歳急性心不全”. スポーツ報知. オリジナルの2011年1月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110119192655/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/obit/news/20110105-OHT1T00016.htm 2019年4月16日閲覧。 
  21. ^ a b c d e f 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、2頁。
  22. ^ a b 芥川隆行さん、肺ガンで急死。〝ふたりの妻〟節子夫人兼高かおるが明かした顔なき名優の素顔」『週刊明星』第33巻第40号、集英社、1990年10月、 37頁。
  23. ^ . 共同通信社. (2002年10月20日). オリジナルの2014年12月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141209105022/http://www.47news.jp/CN/200210/CN2002102001000058.html+2019年4月16日閲覧。 
  24. ^ “稲川英雄氏死去 元TBSアナウンサー”. 共同通信社. (2004年3月5日). オリジナルの2014年12月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141208200142/http://www.47news.jp/CN/200403/CN2004030501004202.html 2019年4月16日閲覧。 
  25. ^ a b c d e f g h i j 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、3頁。
  26. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、16頁。ISBN 4-06-203232-5
  27. ^ a b c d 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、4頁。
  28. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、15頁。ISBN 4-06-203232-5
  29. ^ “小坂秀二氏死去 相撲評論家”. 共同通信社. 全国新聞ネット. (2003年4月6日). オリジナルの2014年10月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141018000702/http://www.47news.jp/CN/200304/CN2003040601000365.html 2019年4月16日閲覧。 
  30. ^ a b c d e f g h i 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、6頁。
  31. ^ a b c d e f g h 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、7頁。
  32. ^ 「遊学館」生涯学習センター【学習素材ライブラリ/仙人講座/第9期 仙人講座(平成11年度)/第2回講座 健康仙人】”. 山形県生涯学習文化財団. 公益財団法人 山形県生涯学習文化財団. 2019年4月16日閲覧。
  33. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、14-15頁。ISBN 4-06-203232-5
  34. ^ a b c d e 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、5頁。
  35. ^ 会社概要”. 株式会社メディア・スタッフ. 会社概要. メディア・スタッフ. 2019年4月16日閲覧。
  36. ^ a b “竹山恭二氏(映像作家)死去”. 読売新聞東京夕刊 (讀賣新聞社): p. 14. (2008年8月7日) 
  37. ^ a b “竹山恭二さん死去”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 35. (2008年8月7日) 
  38. ^ “渡辺謙太郎さん(元TBSアナウンサー)が心不全のため死去”. 日刊スポーツ. (2006年11月14日). オリジナルの2006年11月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061117155234/http://www5.nikkansports.com/general/obituary/2006/20061114-25452.html 2019年4月16日閲覧。 
  39. ^ a b c d e f 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、8頁。
  40. ^ a b c d e f g h 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、9頁。
  41. ^ a b c d e f g 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、10頁。
  42. ^ “本紙で連載も 元TBSアナウンサー山本文郎さんが死去”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2014年2月27日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/148294 2015年12月1日閲覧。 
  43. ^ a b c d e f g h i 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、11頁。
  44. ^ 「東京放送(会社人事)」『日経産業新聞』1991年6月3日、31頁。
  45. ^ 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、11-12頁。
  46. ^ “サンモニ初代コメンテーター・新堀俊明さん亡くなる…関口宏「いろいろ教えていただいた」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年3月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180325-OHT1T50040.html 2019年4月16日閲覧。 
  47. ^ “元TBSアナ新堀俊明さん死去、関口宏が追悼「思い出がたくさん」”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2018年3月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180326/geo18032605010006-n1.html 2019年4月16日閲覧。 
  48. ^ 新堀俊明への講演会依頼-日本大学講師 元 TBSニュースキャスター 写真・プロフィール・著書 | 講演 講演会 講師への講演依頼・紹介派遣はシステムブレーンへ”. 2015年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月16日閲覧。
  49. ^ a b c d e f g h i j 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、12頁。
  50. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、18頁。ISBN 4-06-203232-5
  51. ^ a b c d e 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、13頁。
  52. ^ a b c d e f g h i j 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、14頁。
  53. ^ a b c d e f g h i j 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、15頁。
  54. ^ a b c 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、16頁。
  55. ^ 「TBS(会社人事)」『日経産業新聞』1992年10月5日、27頁。
  56. ^ a b c d 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、17頁。
  57. ^ a b c d e f 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、18頁。
  58. ^ a b c d 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、19頁。
  59. ^ 訃報 東京帯広三条会 会長 多田 護 氏”. 帯広三条⾼等学校 常磐同窓会 公式ホームページ. 帯広三条⾼等学校常磐同窓会 (2017年6月17日). 2019年4月16日閲覧。
  60. ^ “TBS“朝の顔”奈良陽アナ、肝臓がんで死去”. 夕刊フジ (産経デジタル). (2007年8月10日). オリジナルの2016年3月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160326095342/http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_08/g2007081003.html 2019年4月16日閲覧。 
  61. ^ a b c d 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、21頁。
  62. ^ “元アナ岩崎真純さん焼死…山本文郎アナ悲痛「神も仏もない」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年10月6日). オリジナルの2009年10月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091008020303/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20091006-OHT1T00010.htm 2019年4月14日閲覧。 
  63. ^ a b “70年代のカリスマ 林美雄アナ死去”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2002年7月14日). オリジナルの2002年10月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20021015110842/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2002/07/14/01.html 2019年4月14日閲覧。 
  64. ^ 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、22頁。
  65. ^ a b c d e f g 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、23頁。
  66. ^ a b 「人間解剖 - 小島一慶の誌上DJ」『週刊現代』、講談社、1985年3月23日、 54-58頁。
  67. ^ ⽥中良紹”. 戦略検討フォーラム. 執筆者一覧. プラットフォーム. 2019年4月16日閲覧。
  68. ^ 大谷隆之「ザ・ベストテンの時代。 黒柳徹子×山田修爾」『REBOOT』Vol.4、ソニー・マガジンズ、2007年11月号、 126頁、 ISBN 978-4-7897-7016-3
  69. ^ 横田由美子「週刊図書館 ひと[山田修爾]」『週刊朝日』、朝日新聞出版、2009年2月13日、 75頁。
  70. ^ “黒柳徹子 山田修爾さん告別式で涙の弔辞”. サンケイスポーツ. (2013年9月3日). オリジナルの2013年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131014132811/http://www.sanspo.com/geino/news/20130903/oth13090319580031-n1.html 2019年4月16日閲覧。 
  71. ^ “元TBSプロデューサー・山田修爾さん 「ザ・ベストテン」生みの親が死す”. スポーツニッポン: p. 21. (2013年8月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/08/29/kiji/K20130829006506130.html 2019年4月16日閲覧。 
  72. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、21頁。ISBN 4-06-203232-5
  73. ^ 同窓会シリーズ 第85回 辻村國弘 (PDF) 」 『東京都立新宿高等学校PTA会報』No.137、東京都立新宿高等学校、2014年12月8日、 5頁。
  74. ^ a b c d e 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、25頁。
  75. ^ a b 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、26頁。
  76. ^ “松宮一彦さん 自殺のため死去”. 日刊スポーツ. (1999年9月29日). オリジナルの2010年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100519032255/http://www.nikkansports.com/jinji/1999/seikyo990929.html 2019年4月16日閲覧。 
  77. ^ a b c d 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、27頁。
  78. ^ はやドキ!”. 出演者紹介. TBSテレビ. 2019年4月16日閲覧。
  79. ^ 定年”. 海と酒と⿊柴と. LINE (2017年9月30日). 2019年4月16日閲覧。
  80. ^ a b c d 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、34頁。
  81. ^ 濱口会長令夫人、ルチア濱口和子様ご逝去”. cumsophia on line in FC2. 2012年4月28日閲覧。
  82. ^ 中島みちさん死去 生命倫理巡る多くの著作”. NHKニュース. NHK (2015年10月29日). 2015年11月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月16日閲覧。
  83. ^ 東京放送編著「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)2002年、東京放送、7-8頁。
  84. ^ ⽊元教⼦ 講演依頼 プロフィール”. Speakers.jp(スピーカーズ). タイム. 2019年4月16日閲覧。
  85. ^ “元TBS川田亜子アナ自殺、車内に遺書”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2008年5月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080527-364904.html 2008年4月16日閲覧。 
  86. ^ 報道特集『アキノ白昼の暗殺』特ダネは一日にして成らず 三好和昭(TBS)
  87. ^ 取締役・監査役及び業務執行責任者(2001年6月27日時点)
  88. ^ 連合通信』2011年7月4日付。
  89. ^ 日本経済新聞』朝刊2011年7月6日、人事欄。
  90. ^ “TBS社員7割子会社出向…安住、小倉アナも”. ZAKZAK. (2005年1月21日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_01/g2005012107.html 
  91. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、11頁。「1961年5月1日 *テレビ「ディスク・タイム」 <休止時間(朝の部 6:40〜50、昼の部 11:25〜30、夜の部 16:45〜55)を利用してのトーク番組。7期生の新人アナを中心>開始」
  92. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、11頁。「1961年8月14日 *テレビ「きょうも楽しく〜小鳥とともに〜」(月〜日 6:30〜6:40) <早出女子アナ勤務者のフィックス番組。〜62.3.31>」
  93. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』東京放送、東京放送、2002年1月、11頁。「1958年1月4日 *アナウンサー制作番組「朝のひととき」スタート(5:25〜5:55)」

参考文献編集

  • 『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日。ISBN 4-06-203232-5
  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。

関連項目編集

外部リンク編集