メインメニューを開く

妙法寺 (世田谷区大蔵)

おおくら大仏から転送)

妙法寺(みょうほうじ)は、東京都世田谷区大蔵にある日蓮宗の寺院。ハイテク大仏である「おおくら大仏」があることで知られている(後述)。旧本山は身延山久遠寺。通師・堀之内法縁。

妙法寺
Myohoji temple setagaya 2014.jpg
山門
所在地 東京都世田谷区大蔵 5-12-3
山号 東光山(とうこうざん)
宗旨 日蓮宗
本尊 日蓮上人像。[1]
創建年 江戸時代(寛永年間)
開山 日詮[1]
正式名 東光山妙法寺
別称 おおくら大仏
法人番号 7010905000319
テンプレートを表示

目次

歴史編集

開基はおおよそ今から350年であると言われている。[2]

開山である日詮上人は1664年(寛永年間)に没しているので、それまでには創建されたと考えられている。[1]

寛永年間の頃に現在の世田谷区宇奈根にある常光寺に当地の人が発願して、この地にも寺院を作ってもらったのがルーツであるとされている。発願した代表者は、当地に長年住んでいた安藤家の人で、安藤家の旧住居は現在世田谷区の文化財に指定されている。[2]

現在の本堂は1938年頃のもので、[1]山門は江戸時代に現在の目黒区碑文谷にある法華寺(現:円融寺)の門として建てられていたものを1986年に当地に移築したものである。[2]

そして1994年に境内に高さ8メートルの「おおくら大仏」が完成した。(後節参照)

境内は多くの草花で彩られ、しだれ桜サギソウなどが特に知られている。[2]

主な施設編集

主な行事編集

おおくら大仏編集

おおくら大仏は、当寺院裏手墓地にある大仏。「回転する」ハイテク大仏として知られている。

概要編集

平成6年(1994年)秋完成。高さ8メートル、重さ8トン、ブロンズ製の立像である。

午前9時から午後5時までは、南に位置する本堂の方を向いているが、参拝者が近づくと、そちらに向きを変える。 午後5時になると、北側の世田谷通りを向くようにゆっくりと180度回転する。 妙法寺の北側は切り立った崖になっている。大仏は世田谷通りから見ることができる。

付帯設備編集

大仏の地下はコンパクトな納骨堂になっている。カードを祭壇に挿入すると正面の祭壇にご先祖様の骨壷が現われる仕様である。 納骨堂の中心には、大仏の回転のための機械が設置されている。

大蔵動物霊園編集

大蔵動物霊園(おおくらどうぶつれいえん)は妙法寺に付属してあるペット霊園である。1999年開業。ペット葬儀から火葬供養納骨まで一貫して行っている。[3]

合同葬儀のほか、個別での葬儀供養などにも対応しており多くの人に利用されている。 (利用料金等は問い合わせ)

春季・秋季のお彼岸には法要も執り行っている。[3]

  • 開園時間 午前9時〜午後5時

アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 世田谷区教育委員会(1969)41p.
  2. ^ a b c d 妙法寺公式サイト
  3. ^ a b 世田谷妙法寺大蔵動物霊園公式サイト

参考文献編集

  • 世田谷区教育委員会編『せたがや 社寺と史跡(その二)』1969年

外部リンク編集