おかしなおかしな大泥棒

おかしなおかしな大泥棒』(おかしなおかしなおおどろぼう、原題:The Thief Who Came to Dinner)は、1973年制作のアメリカ合衆国コメディ映画バッド・ヨーキン監督、ウォルター・ヒル脚本[1][3]

おかしなおかしな大泥棒
The Thief Who Came to Dinner
監督 バッド・ヨーキン
脚本 ウォルター・ヒル
原作 テレンス・L・スミス
製作 ノーマン・レア
バッド・ヨーキン
出演者 ライアン・オニール
ジャクリーン・ビセット
ウォーレン・オーツ
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 フィリップ・H・ラスロップ
編集 ジョン・C・ホーガー
製作会社 ワーナー・ブラザース[1][2]
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年3月1日
日本の旗 1973年4月21日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $679,839
テンプレートを表示

あらすじ編集

コンピューター・エンジニアのウェブスターは、コンピューターがほとんどの仕事をこなすようになったため、人員削減でクビになる。

するとウェブスターは何を思ったのか、泥棒になることを決意、独学で泥棒になるために必要な秘術を習得、実業家のヘンダーリングが家族旅行に出ることを新聞記事で知ったウェブスターは、初仕事として彼の家に押し入ることにする。初仕事は難なく成功、宝石を手に入れた上に、ヘンダーリングの弱みまで握った。

その時、書斎に置かれたチェス・ボードを目にしたウェブスターは悪戯心からチェスの駒と駒の動きを動きを記したメモを残す。これをきっかけに、ウェブスターは空き巣を次々に成功させ、その度にチェスの駒とメモを残していったことから、“チェス泥棒”と呼ばれ、注目を集めるようになっていく。

ウェブスターはその過程で知り合ったローラと意気投合、彼が“チェス泥棒”であることを知った彼女と共に犯行を重ねていく。だがそんな彼を、保険会社の調査員デイブが追っていた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替。

※テレビ放映:NET日曜洋画劇場1976年7月18日

脚注編集

  1. ^ a b c d “Movies: 'Thief Who Came to Dinner':Movies: 'Thief Who Came to Dinner' Jacqueline Bisset and Ryan O'Neal Star The Cast”. The New York Times. (1973年3月2日). https://www.nytimes.com/1973/03/02/archives/movies-thief-who-came-to-dinnermovies-thief-who-came-to-dinner.html 2021年4月16日閲覧。 
  2. ^ "MOVIE CALL SHEET: Duvall to Play Jesse James" Martin, Betty. Los Angeles Times 28 Nov 1970: a6.
  3. ^ "Hard Riding", Greco, Mike, Film Comment 16.3 (May/Jun 1980): 13-19,80.

外部リンク編集