メインメニューを開く

名古屋 章(なごや あきら、1930年〈昭和5年〉12月8日 - 2003年〈平成15年〉)6月24日)は、日本俳優声優ナレーター。本名同じ[1]

なごや あきら
名古屋 章
名古屋 章
平凡出版社『週刊平凡』第9巻第25号(1967)より
本名 名古屋 章
生年月日 (1930-12-08) 1930年12月8日
没年月日 (2003-06-24) 2003年6月24日(72歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区九段
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区河田町
身長 170 cm
血液型 AB型
職業 俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマ、アフレコ、ナレーション
活動期間 1949年 - 2003年
活動内容 1949年:NHK東京放送劇団養成所入所
1952年芸術祭賞受賞
1959年文学座入団
1963年:劇団雲に移籍
1975年:フリーランス
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
柔道一直線
刑事くん
帰ってきたウルトラマン
ウルトラマンタロウ
スクール☆ウォーズ
HOTEL
映画
男の紋章
日本沈没
麻雀放浪記
マルタイの女
アテレコ
ひょっこりひょうたん島
トイ・ストーリー
テンプレートを表示

東京府東京市麹町区(現、東京都千代田区九段出身。身長170cm、体重78kg[1]旧制九段中学卒業

NHK東京放送劇団文学座劇団雲を経て、1975年(昭和50年)以降はフリー1950年代から半世紀に渡り、数多くの舞台映画ドラマラジオに出演、ナレーターなどもこなした。

来歴・人物編集

幼少期、姓の「名古屋」が珍しいものであったことや、父の氏名が(名古屋)愉快[2]のため級友からからかわれていた。 1949年(昭和24年)に旧制中学を卒業すると、NHK東京放送劇団養成所に3期生として入所。同期には後に声優として活躍する勝田久高橋和枝らがいた。

1952年(昭和27年)にはラジオドラマ『ぼたもち』に主演し、その年の芸術祭賞を獲得。ラジオドラマにはその他、『一丁目一番地』など。

1959年(昭和34年)に文学座へ入団。1963年(昭和38年)に劇団雲の創立に参加、1975年(昭和50年)には雲の解散により以後はフリーで活動し、地人会こまつ座などの舞台にも出演した演劇人でもあった。1971年(昭和46年)には『釘』で第6回紀伊国屋演劇賞個人賞を、1983年(昭和58年)に『雨』で芸術祭演劇部門大賞を受賞している。

ラジオドラマ時代は美声を生かして二枚目を担当し、数多の女性ファンを獲得した[3](ラジオドラマには晩年まで出演)。

映画ではクセのある敵役や悪役を演じ、テレビドラマでは刑事役や大映テレビ制作の作品に常連出演するなど、名脇役ぶりで親しまれた。

刑事くん』には第1部から第5部まで時村重蔵役で全作品にレギュラー出演した唯一の俳優である。

特撮では『帰ってきたウルトラマン(以下、帰マン)』のナレーターや、『ウルトラマンタロウ』の朝日奈勇太郎隊長役が代表作[注 1]

ひょっこりひょうたん島』のドン・ガバチョ役を藤村有弘から引継ぎ、1991年(平成3年)から2代目の声の担当を務めた。

2003年(平成15年)6月24日肺炎のため死去[4]。72歳没。同年3月には脳腫瘍で手術を受けリハビリをしながらも、3か月後の9月まで仕事のスケジュールが入っており、現役の俳優として迎えた死だった。亡くなる13日前に収録したNHK教育テレビの番組『ピタゴラスイッチ』の声優の仕事が遺作となった。6月28日には通夜が行われ、翌6月29日に告別式を行い、落合斎場にて荼毘に付された。死去時の追悼番組として放送されたのは、ホテルの料理長を演じたテレビドラマHOTEL』である。2006年(平成18年)発売のDVD版『ウルトラマンタロウ』Vol.12の特典映像にも現存するインタビュー映像が追悼収録された[注 2]戒名精進院輝誉章山居士

生前の趣味は、鉄道模型絵画ゴルフだった。

後任編集

名古屋の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

  • 1+1(2002年、Web配信ドラマ)
  • Break Out!(2004年、Toshiba Web Street) - 霧島譲(写真・声)

映画編集

舞台編集

  • アントニーとクレオパトラ(1968年、劇団雲
  • 榎本武揚』(1967年、劇団雲) - 殺し
  • きらめく星座(1985年・1987年、こまつ座
  • 雨(1987年、こまつ座)
  • 父の詫び状(1993年・1995年)
  • 恋風〜昭和ブキウギ物語(1993年・1996年、東宝
  • 真夏の夜の夢
  • 黄金の国
  • 憎いあんちくしょう(2002年) - 長兵衛(おろくの父親)

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

洋画・海外ドラマ編集

海外アニメ編集

人形劇編集

CD編集

  • 名古屋章+石立鉄男 FEATURING DJ takawo「1+1」- カエルカフェ製作。2人のドラマでの声をサンプリングしたCD
  • 寺山修司ラジオ・ドラマCD「鳥籠になった男」「大礼服」-「鳥籠になった男」(CBC、1965年11月放送)で「探偵7」を演じている。

CM編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 第51話から第53話まではナレーターも務めた。
  2. ^ 2003年に発売されたDVD版『帰マン』第13巻の特典映像「店頭デモ映像」を再収録したものである。名古屋は同作品の「店頭デモ映像」のナレーターも担当した。

出典編集

  1. ^ a b 『日本タレント名鑑2003』VIPタイムズ社、2003年、276頁。ISBN 978-4990124212
  2. ^ 『日本タレント名鑑』昭和50年度版、VIPタイムス社、1975年、[要ページ番号]全国書誌番号:75049269
  3. ^ 能村庸一『実録テレビ時代劇史 ちゃんばらクロニクル1953-1998』東京新聞出版局、1999年、20-21頁。ISBN 4-8083-0654-9
  4. ^ “多彩な名脇役、名古屋章さん急死”. 日刊スポーツ. (2003年6月24日). http://www.nikkansports.com/ns/general/personal/2003/pe-030624-1.html 2016年12月11日閲覧。 
  5. ^ 空飛ぶゆうれい船 - 文化庁メディア芸術データベース
  6. ^ もののけ姫”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2016年6月18日閲覧。

関連人物編集

  • 肥後克広ダチョウ倶楽部)- 持ちネタに名古屋のものまね「な、な、な、なんだ、おい…」がある。本人とバラエティ番組で共演したことがある。名古屋の死没後はものまねを封印している。

外部リンク編集