メインメニューを開く

おはよう6』(おはようシックス)は、1983年10月から1992年3月まで朝日放送で放送された、近畿圏向けの早朝の情報番組である。

おはよう6
Osaka Terminal Building.jpg
ジャンル ニュース・情報
出演者 参照
制作 朝日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年10月 - 1992年3月
放送時間 月 - 金曜
6:00 - 7:00
→5:55 - 6:30
→5:50 - 6:30
放送分 60→35→40分
テンプレートを表示

概要編集

放送時間は月曜から金曜の朝6時から7時まで。キー局テレビ朝日が早朝のニュース枠を改編した1987年10月からは、5時55分から6時30分までの放送となる(後に5時50分開始)。

現在でも続く朝の情報ワイド番組『おはよう朝日です』の成功を受けて、朝日放送が手掛けた朝の生番組の第2弾、関西地区で午前6時スタートの情報番組は当時初の試みだった。大阪駅前にある「アクティ大阪」のサテライトスタジオ「ABCエキスタ」を使って生放送が行われた。後に『おはよう朝日です』と同じ、大阪タワーに設けられた「スカイスタジオ」からの放送となったが、1986年頃からは、朝日放送本社内のABCホールから放送された。ただし、すぐ後の番組『おはよう朝日です』と同じ調整室を使っていたため、6時15分には、調整室を明け渡す必要があった。そこで、放送上は生の形をとりながら、6:15 - 6:30までは事前に収録された録画を放送していた。よく見ると、前半と後半で髪型が違っていたり、服装が違っていたりすることもしばしばあった。また収録は、何本録りかで行われていたため、占いボードの張り替えを忘れて、前日と全く同じ運勢が発表されたこともあった。

番組は朝のニュース、天気予報、スポーツニュース、交通情報のほか、ゲストを迎えてのトークや旅の情報、占いなどのコーナーがあった。また、ABCの映像資料から、その日に発生した過去の出来事を放送する「あの日あの時」というコーナーもあった。

エキスタからの放送時代には、毎朝マリンバ(木琴)とエレクトーンの生演奏によるセッションも放送するなど、ユニークな企画が放送された。

1992年、天気予報に重点を置いた情報番組『Oh!天気』に譲り、番組が終了。その後も『おはよう天気です』『おはようコールABC』と、早朝の時間の情報ワイド番組は継続されている。

出演者編集

  • 中原秀一郎(当時朝日放送アナウンサー/初代キャスター)
  • 八平恵美子(フリーアナウンサー/初代キャスター)
  • 岩下隆(当時朝日放送アナウンサー/二代目キャスター)
  • 西村隆子(フリーアナウンサー/二代目キャスター)
  • 桂九雀落語家/三代目キャスター)
  • 岡本洋(当時朝日放送アナウンサー/三代目キャスター)
  • 柏原一風(占い師/占いコーナー担当)
  • 桂雀松(落語家/四代目キャスター)
  • 相澤睦子(マリンバ奏者/音楽コーナー)


朝日放送 平日早朝のローカル枠
前番組 番組名 次番組
(無し)
おはよう6
(1983年10月 - 1992年3月)