メインメニューを開く

三代目 桂 文之助(さんだいめ かつら ぶんのすけ、1956年5月28日 - )は、日本の落語家桂文之助の当代。前名は桂雀松(かつら じゃくまつ)。本名は片岡 尚人。所属事務所米朝事務所上方落語協会会員(2008年12月復帰)。

3代目 桂文之助かつら ぶんのすけ
本名 片岡 尚人
別名 桂 雀松
生年月日 (1956-05-28) 1956年5月28日(63歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
師匠 2代目桂枝雀
名跡 1. 桂雀松(1975年 - 2013年)
2. 3代目桂文之助(2013年 - )
活動期間 1975年 -
所属 米朝事務所
公式サイト 桂 文之助 オフィシャルサイト
受賞歴
受賞歴参照
備考
上方落語協会会員(1975年 - 1994年、2008年 - )

来歴編集

兵庫県神戸市出身。小学校の頃から落語に興味持ち、中学卒業と同時に桂枝雀の元に弟子入りを懇願するが高校卒業してからでも遅くないと断られる、兵庫県立兵庫高等学校に通いながらいろんな落語会に足を運び多くの噺家の知遇を得る。高校3年の夏休みに弟子入りが許され、卒業後、1975年3月に桂枝雀に正式に入門、高座名は船弁慶の「雀のお松」に由来し大師匠の桂米朝が命名した。「雀の会」にて初舞台を踏む。

2003年3月に気象予報士を取得、「落語もできる気象予報士」となる。通称は、師匠が命名した「あたまっちゃん」。

師・枝雀の姉の息子が落語好きで税理士をしており、文の助茶屋の経理を担当していた関係で3代目桂文之助襲名を推挙された。

2013年10月6日、83年ぶりの復活となる桂文之助を正式に名乗り、サンケイホールブリーゼ(大阪市北区)にて襲名披露公演を行った[1]

得意ネタ編集

  • 片棒
  • 替わり目
  • 短命
  • マキシム・ド・ゼンザイ
  • たちぎれ線香

 舟弁慶

受賞歴編集

出演番組編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集