メインメニューを開く

おりんぴあどりーむOLMPIA DREAM)は、日本の海運会社両備ホールディングス株式会社(旧両備運輸株式会社 本社:岡山県岡山市)が運航する、内航旅客船兼自動車輸送渡船(カーフェリー)。2005年(平成17年)6月10日から、新岡山港岡山県)~小豆島土庄港・香川県)間の運航を開始した。

おりんぴあ どりーむ
OLMPIA DREAM.JPG
岡山港に接岸するおりんぴあどりーむ
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 オリックス
運用者 両備ホールディングス
建造所 藤原造船所
船級 JG
信号符字 JD2113
IMO番号 8998526
MMSI番号 431402019
経歴
起工 2004年10月16日
進水 2005年5月7日
竣工 2005年
就航 2005年6月
要目
総トン数 967トン
載貨重量 248.1トン
全長 66.03m
全幅 14.70m
深さ 3.90m
喫水 2.94m
満載喫水 2.95m
機関方式 ディーゼル
主機関 新潟原動機
推進器 5翅固定ピッチペロペラ×2軸
出力 1,600ps×2基
最大速力 15.77ノット
航海速力 14.0ノット
航続距離 700海里
旅客定員 500名(1.5時間未満)
乗組員 10名
車両搭載数 普通乗用車60台またはバス9台
[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

九州新幹線つばめ」をはじめとするJR九州の車両や、岡山電気軌道の路面電車「MOMO」のデザインで知られる水戸岡鋭治がトータルデザインを担当した。水戸岡の船舶に関係するデザインでは、JR九州高速船ジェットフォイルビートル」シリーズが知られているが、トータルデザインは初となる。

瀬戸内海を航行するこのクラスの船舶としては珍しく、車両甲板から展望甲板まで、4層の甲板を持つ。これは、同航路に就航する「にゅうおりんぴあ」(1988年就航)のデザインを受け継いでいる。3階の船橋甲板の後部、煙突付近に足湯が設置されている。これは、汲み上げた海水をエンジンの余熱を利用して温めている。

船体には、ギリシャ神話に登場する「トリトン」が描かれている。ちなみに、「にゅうおりんぴあ」には、「ポセイドン」が描かれている。同社のカーフェリーには、第1船の「おりんぴあ」(初代・1964年就航)から、ギリシャ神話に登場する獣神が描かれており、これが伝統となっている。

脚注編集

  1. ^ 新造船の要目データベース おりんぴあ どりーむ - 海技研Web 「船と海のサイエンス」 Vol.15

関連項目編集

外部リンク編集