メインメニューを開く

おんな牢秘抄』(おんなろうひしょう)は山田風太郎時代小説。『週刊実話特報』(双葉社昭和34年4月15日創刊号から同年12月10日号に連載された。本作を原作としたVシネマ、テレビドラマ、漫画も製作されている。

大岡越前守の娘が身分を偽って女牢に潜入し、6つの怪事件の真相を究明すると共に、無関係に思われた事件の背後に潜んでいた陰謀を暴き出す。

目次

あらすじ編集

時は、八代将軍・徳川吉宗の治世。小伝馬町の女牢に公方様殺害を企てた罪で「武州無宿お竜」を名乗る新入りが入牢してくる。お竜は、女牢を仕切っていた牢名主である老女にかけあい、牢内の「御作法」を改めさせる。お竜は、殺しの罪で死罪が申し渡されていた6人の女囚、お玉、お路、お関、お半、おせん、お葉と接触して、彼女らの冤罪を晴らしていく。

一見、無関係に見えた6つの殺人事件は、やがて天下を揺るがす天一坊事件へとつながって行く。

主な登場人物編集

霞(かすみ)
主人公。大岡越前守の娘。美女であり、剣の腕も立ち、体術も使える(牢内で牢名主の手下に組み伏せられても、これを脱することができるほど)。
越前守に6人の女死刑囚の口書を見せられ「この女たちが救えるか」と挑発されたことが話の発端でもある。
巨摩主水介(こま もんどのすけ)
同心。霞とは互いに恋仲であるが、身分違いを自覚しており、結婚には踏み切れないでいる。
姫君お竜
掏摸。霞と主水介に捕まり、容姿が霞と似ていたことから、霞がお竜を騙って女牢に潜入する。
物語が進み、霞本人に危機が及んだ際に、お竜は霞の身代わりとなり命を落とす。
6人の女囚
女牢にいる女囚。いずれも人殺しの咎で死罪を申し渡されている。
お玉
旅芸人一座の娘。玉乗りの芸を披露していた。一座の仲間である蓮蔵と夫婦であったが、新入りで、灯したロウソクの上を歩いて渡る女・美紀之介に寝取られてしまう。毒蜘蛛を使って美紀之介と蓮蔵を殺害した罪で捕まった。
お路
御家人御新造。夫が連れてきた流れ者・十平次と不義の仲になり、十平次を殺した罪で捕まった。
お関
新興宗教の教祖・玄妙坊を殺した罪で捕まった。
お半
娘と2人で暮らしていたが、20年前に別れた男・弥五郎と再会し、弥五郎の連れ・秀之助ともども同居を始めるが、弥五郎が娘に襲い掛かろうとし、再会そのものが偶然ではなく母娘を襲うために仕組んだものと知り、弥五郎を毒殺したとして捕まった。
おせん
吉原振袖新造花魁の見習い)であった娘。源氏名は千弥。
太夫の誰袖(たがそで)が先客の対応中だったため、美貌の侍・南条外記の相手をしたが、それが原因で外記ともども折檻部屋へ閉じ込められる。その翌日、誰袖太夫と客が死体で発見される。主水之介はこれが心中ではなく殺人だと踏んだが、おせんと外記は互いをかばうような自白をし、吟味の結果、おせんが犯人として罪に服すことになった。
お葉
切支丹牢屋敷の近所の旗本の家に奉公していた娘。
お紺
天牛のお紺」との異名持つ女牢の牢名主。本物のお竜の実の祖母でもあった。

歌舞伎編集

1960年7月に新宿第一劇場新作歌舞伎として公演されている。脚色、演出は巌谷槇一

テレビドラマ編集

姫君捕物控編集

姫君捕物控』(ひめぎみとりものひかえ)として1972年にTVドラマ化され、日本テレビ系列で放映された。全13話。放送時間は毎週土曜22:30 - 23:00(JST)。

時代劇スペシャル編集

時代劇スペシャル』(当時の枠は木曜21:02 - 22:48)の1話としてフジテレビ系列1983年10月13日に放映された。

日本テレビ系列 土曜22時台後半枠
前番組 番組名 次番組
姫君捕物控
(1972年)
フジテレビ系列 時代劇スペシャル
おんな牢秘抄
(1983年)

Vシネマ編集

1995年に『美女奉行 おんな牢秘抄』(むすめぶぎょう おんなろうひしょう)、『美女奉行 おんな牢秘抄II』としてVシネマが製作され、キングレコードより販売された。

美女奉行 おんな牢秘抄
美女奉行 おんな牢秘抄II

漫画編集

花かんざし捕物帖』(はなかんざしとりものちょう)のタイトルで島崎譲の作画によりウェブコミック配信サイトMiChao!講談社)に2006年から2009年に連載された。

脚注編集

  1. ^ 3巻以降は書籍では発売されておらず、電子書籍でのみの販売となった。なお、電子書籍版はフルカラーとなっている。

関連項目編集

  • 南無妙法蓮華経 - 蓮蔵は「」、十平次は「色事指」といった具合に殺された6人の男たちはそれぞれ「南無妙法蓮華経」から1文字を入れ墨として彫っていた。このことから霞は「7人目」の存在と、殺人事件の真の目的に気付く。

外部リンク編集