かぐらスキー場

新潟県湯沢町にあるスキー場

かぐらスキー場は、新潟県南魚沼郡湯沢町にあるスキー場。日本屈指の広さを誇り、株式会社プリンスホテルが運営している。

かぐらスキー場
Naebayama2.JPG
田代エリアからかぐらエリア方面を見る、奥は苗場山
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町三俣
新潟県南魚沼郡湯沢町二居田代高原
座標 北緯36度51分0秒 東経138度43分0秒 / 北緯36.85000度 東経138.71667度 / 36.85000; 138.71667座標: 北緯36度51分0秒 東経138度43分0秒 / 北緯36.85000度 東経138.71667度 / 36.85000; 138.71667
運営者 株式会社プリンスホテル
造設地形 神楽ヶ峰(苗場山
標高 1,845 m - 620 m
標高差 1,225 m
最長滑走距離 6,000 m
最大傾斜 32
コース数 24本
コース面積 172 ha
索道数 26本
公式サイト www.princehotels.co.jp/ski/kagura/
テンプレートを表示

概要編集

  • もともとかぐら・みつまたスキー場とかぐら・田代スキー場という2つのスキー場だったが、2006年度シーズンにかぐらスキー場として合併、再発足した。また、これらの名称は、各エリアの名称として現在も使われている。
  • 田代エリアから苗場・田代ゴンドラ(ドラゴンドラ)で苗場スキー場と結ばれている。
  • かぐらエリアを中心に5月最終週まで営業される年が多く、志賀高原上部と並び関東近県で一番遅くまでリフトを営業しているスキー場として名高い。
  • 2015 年-2016 年シーズンより、オールシーズンリゾートとして営業を開始[1][2]
    • スノーマットの設置
      • みつまたロープウェー山頂駅からかぐらゴンドラ山麓駅までの「ファミリーコース」(長さ約 1,100m)と「ゴンドラライン」(長さ約 650m)の区間にスノーマットを設置。
    • レストラン新設(みつまたロープウェー山頂駅隣)
    • スクール受付棟改築
    • ゲレンデ前広場の整備(みつまたロープウェー山頂駅周辺)
    • 和田小屋改修(2013年12月)
    • 田代~かぐらエリア間 連絡コース新設(2019年シーズンより)

ゲレンデ編集

  • かぐらエリア
    • かぐらスキー場のメインゲレンデで、中・上級者向けのコースが多い。3つのエリアの中で最も標高が高く、雪質も良いとされている。
    • 毎年1月1日になるとかぐら第5ロマンスリフトが運転され、林間エキスパートコースが滑走可能となる。
  • 田代エリア
    • 苗場スキー場からの玄関口。初級者向けコースが多く、ちびっこゲレンデや1.5kmの歩くスキーコースもある。
  • みつまたエリア
    • 山麓の駐車場からロープウェイでつながっている、かぐらスキー場の正真正銘の玄関口。初・中級コースが多い、いわば「ファミリー向け」ゲレンデ。また、パークはこのエリアにある。

ゴンドラ・ロープウェイ・リフト編集

営業中リフト編集

(参考難易度・距離・乗車人数)

2002年に完成したゴンドラ。これにより、田代第2高速リフトが架けられた。苗場エリアと田代エリアを約20分で結ぶ。

  • 田代ロープウェー(-・2175m・101人乗り)

田代ステーションからゲレンデへのアクセスに使用する。朝方や夕方は混み合う。

  • 田代第1高速リフト(初級・1386m・フード付き4人乗り)

田代アリエスカコースに沿って架かるリフト。田代エリアの主要リフトで、シーズン開始から終了まで運行される。

  • 田代第2高速リフト(初級・902m・フード付き4人乗り)

苗場・田代ゴンドラ(ドラゴンドラ)の運行開始に合わせて架けられたリフト。ゴンドライーストコースを繰り返し滑るのに便利である。

  • 田代第1ロマンスリフト(初級・358m・2人乗り)

田代第1ゲレンデに沿って架かるリフト。田代ロープウェイ山頂駅に行くにはこのリフトを使うしか無い。

  • 田代第2ロマンスリフト(初級・1059m・2人乗り)

田代レディースコースに沿って架かるリフト。田代レディースコースを繰り返し滑るのに便利である。

  • 田代第4ロマンスリフト(初級・902m・2人乗り)

田代第2ロマンスと田代第1高速の間にあるリフト。しらかばコースや中級コースを繰り返し滑るのに便利である。ただ第1高速連絡コースが新設された後、運行回数が激減している。

  • 田代第6ロマンスリフト(初級・・649m・2人乗り)

田代エリアからかぐらエリアに帰るスキーヤーがまず第1に使うリフト。チャレンジバーンやダイナミックコースを繰り返し滑るのに便利である。

  • 田代第8ロマンスリフト(初級・319m・2人乗り)

田代エリアからかぐらエリアに帰るスキーヤーが第2に使うリフト。連絡用として機能している。

  • かぐらゴンドラ(初級・3132m・6人乗り)

ゴンドラコースに沿って架かるリフト。このゴンドラを使ってかぐらエリアへ移動する。 シーズン開始から終了まで運行される。

  • かぐら第1高速リフト(中級・1200m・フード付き4人乗り)

かぐらエリアの主要リフト。フードが付いている。強風になるとリフトが止まってしまうという弱点がある。かぐらメインゲレンデやジャイアントコースを繰り返し滑るのに便利である。

  • かぐら第1ロマンスリフト(中級・517m・2人乗り)

かぐらメインゲレンデ下部の斜面に沿って架かるリフト。かぐら第1高速が止まった時は、このリフトを使う。

  • かぐら第3ロマンスリフト(中級・1147m・2人乗り)

かぐら第1高速と並行して架かるリフト。かぐら第1高速が混雑している時に運行される。

  • かぐら第4ロマンスリフト(中級・687m・2人乗り)

パノラマコースに沿って架かるリフト。田代エリアから来たスキーヤーが使用するが、新設かぐら連絡コースができて、リフトの需要は減った。

  • かぐら第5ロマンスリフト(上級・670m・2人乗り)

かぐらスキー場の山頂へ行くためのリフト。林間エキスパートコースを繰り返し滑る事ができる。このリフトを使ってバックカントリーをする事も可能。(登山計画書要提出)年明けから5月の大型連休(ゴールデンウィーク)まで運行される。

  • みつまたロープウェイ(-・823m・121人乗り)

みつまたロープウェイからゲレンデのアクセスをするのに使う。朝方や夕方は混み合う。

  • みつまた第1高速リフト(初級・1059m・4人乗り)

みつまたの主要リフト。シーズン開始から終了まで運行され、サマーゲレンデでも運行される。

  • みつまた第2高速リフト(中級・794m・フード付き4人乗り)

大会バーンに沿って架かるリフト。フードが付いている。ロープウェイ山頂駅より一番近いリフト。 近年は運行回数が激減している。

  • みつまた第2ロマンスリフト(初級・433m・2人乗り)

ゴンドララインに沿って架かるリフト。サマーゲレンデでも使用する。

  • みつまた第3ロマンスリフト(初級・339m・2人乗り)

みつまた第2ロマンスと並行して架かるリフト。みつまた第2ロマンスより奥にある。混雑時のみ運行。

休止中・撤去済リフト編集

  • 田代第3ロマンスリフト(初級・585m・2人乗り・撤去済)

田代第2ロマンスと田代第4ロマンスの間に架かっていたリフトで、山頂停留所は田代第2ロマンスと共有していた。撤去されている。

  • 田代第5ロマンスリフト(初級・1018m・2人乗り・撤去済)

田代第1高速の中間部から降り場の距離で架かっていたリフト。かつては田代アリエスカコース下部まで伸びていて当スキー場の基幹路線であったが、田代第1高速の登場により短縮、撤去されている。

  • 田代第7ロマンスリフト(初級・946m・2人乗り・休止中)

ダイナミックコースに沿って架かっていたリフト。田代第6ロマンスで足りたので2020~2021 年シーズンから搬器を外して営業を休止している。

  • かぐら第2リフト(初級・1109m・1人乗り・撤去済)

ゴンドラコースの上部に架かっていたリフト。かぐらラーメンコーナーからかぐら中心部に帰るのに使われた。

  • みつまた第1ロマンスリフト(中級・855m・2人乗り・撤去済)

大島旅館街からの連絡用として機能していた。撤去されている。

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ スノーマットを設置し、来シーズンよりオールシーズンリゾートとして生まれ変わります”. プリンスホテル. 2015年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月3日閲覧。
  2. ^ 国内最大級の人工ゲレンデ登場”. NHK. 2015年11月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月17日閲覧。

外部リンク編集