メインメニューを開く

かみのやま温泉全国かかし祭(かみのやまおんせん ぜんこくかかしまつり)は、山形県上山市で毎年に行われている祭り

概要編集

上山市内や市外各地から様々な手作りのかかしが集まり、展示される。例年10日間ほど開催。会場は上山城の跡地とされる月岡公園か上山市民公園が使用されている。

1971年より毎年開催されており、上山農業高等学校(現山形県立上山明新館高等学校)の生徒がかかしを田んぼに飾り、学級ごとに競い合ったことがきっかけで始まった祭りとされている[1]。本祭り内でもかかしの競い合いが行われ、最終日には表彰式が行われる。入場は無料となっているが、かかし祭り協力金を徴収しており、協力者にはパンフレットと投票用紙が配布され、この来場者による投票で最多投票数のかかしには特別賞が贈られている。

脚注編集

  1. ^ [1] (PDF) 第47回 かみのやま温泉全国かかし祭 開催要項

関連項目編集

  • 上山温泉(かみのやま温泉) - 祭り名に使用されている上山市にある温泉。