上山市

日本の山形県の市

上山市(かみのやまし)は、山形県村山地方の南東部にある1954年(昭和29年)10月1日市制施行。

かみのやまし ウィキデータを編集
上山市
上山市旗 上山市章
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 山形県
市町村コード 06207-3
法人番号 5000020062073 ウィキデータを編集
面積 240.93km2
(境界未定部分あり)
総人口 27,480[編集]
推計人口、2024年2月1日)
人口密度 114人/km2
隣接自治体 山形市南陽市東置賜郡高畠町
宮城県柴田郡川崎町刈田郡七ヶ宿町蔵王町
市の木 アララギ
市の花 キク
市の鳥 コサギ
上山市役所
市長 山本幸靖
所在地 999-3192
山形県上山市河崎一丁目1番10号
北緯38度08分58秒 東経140度16分04秒 / 北緯38.14958度 東経140.26786度 / 38.14958; 140.26786座標: 北緯38度08分58秒 東経140度16分04秒 / 北緯38.14958度 東経140.26786度 / 38.14958; 140.26786
外部リンク 公式ウェブサイト

上山市位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項 市の花木「上ノ山麒麟」を市制60周年時に制定
ウィキプロジェクト
上山市中心部周辺の空中写真。2017年撮影。国土交通省 国土地理院 地理院地図を基に作成。
葉山

概要 編集

古くは建久年間鎌倉幕府から五十嵐小文治地頭として派遣され、本市地域を統治したとされている。その後室町時代応永年間斯波兼頼ひ孫である斯波満長が上山に分封されたのち、発展が進んでいった。江戸時代には上山藩(居城は上山城)の城下町羽州街道宿場町として栄え、現在は上山温泉で知られる。中山城のある中山宿は米沢藩の領地であり、重臣の横田氏が入部している。城下町宿場町温泉街の3つを兼ね備えた都市は、全国的にも珍しいとされる。市域は出羽国(羽前国)村山郡がほとんどだが、一部に置賜郡も含む(本記事の「歴史」も参照)。

室町時代上山義房の子である上山義忠が、高楯城から月岡(現上山城付近)に城を移し、前川の川筋を変えて城下町として整備したのが、現在の市街地の原形を成しているとされる。

上山温泉が奥羽三楽郷の一つとして栄えた起源は、長禄2年(1458年)に肥前国杵島月秀上人」が現在の湯町地区付近でが傷を癒しており、そこに温泉の湧出を発見したことによる。

市名の由来 編集

市制施行時において、旧上山町が合併する自治体で最も規模が大きく、その名を踏襲した。

上山は、古くは「神山」と呼ばれていたとされる。また、この地域は蔵王山(蔵王連峰)の麓にあることから古来「山方」と呼ばれ、さらに「上山方」と「下山方」に分けられ、「下山方」は後に「山形」となり、「上山方」は「上山」と呼ばれるようになったとされる。

また一説として、この地域が上大山(かみのおおやま)といわれ、 その後「上の山・上野山」と当時の書籍に記され、呼ばれてきたともされる。

なお、応永年間に斯波満長(最上満長・里見満長・武衛満長)が虚空蔵山に高楯城を築城のうえ当地を領し、上山殿と称して「上山」を名字として使用した。

象徴 編集

市章 編集

上山市章は1955年(昭和30年)5月制定。一般公募により市内在住の富士秀夫のデザインを選定。「上山」の文字をデザイン化し、上山温泉郷のルーツともいえるをかたどったもの。同時に種子から萌え出ようとする力を表し、未来への躍動を象徴する。

市民憲章 編集

1964年(昭和39年)10月1日制定(市制10周年時)

  • みんな健康でよく働き ゆたかなまち 上山をつくりましょう
  • みんなきまりをよく守り 住みよいまち 上山をつくりましょう
  • みんな互いにたすけあい しあわせのまち 上山をつくりましょう
  • みんな教養を身につけ 平和のまち 上山をつくりましょう
  • みんな環境をととのえ 美しいまち 上山をつくりましょう

シンボルマーク 編集

シンボルマークは1990年(平成2年)に決定。へのへのもへじを思わせる素朴な伝統かかしをモチーフとし、背景は秋の実りをイメージした黄金色アルファベットでKAMINOYAMAと書きこんだ。一般公募により山形市在住の松岡英男の作品を選定し、山形大学教育学部の早坂功助教授が補作した。[1]マンホールの蓋などでみられる。

地理 編集

山形県東部にある村山地方の最南端で、市の北側は県庁所在地である山形市と接する。国道13号やJR奥羽本線山形線)、東北中央自動車道が南北に走っている。須川の源流があり、泉川地区付近で須川と前川が合流する。かみのやま温泉駅が市の中心駅、在来線だけでなく山形新幹線が停車する。かみのやま温泉駅や上山城付近を中心として、市街地が形成されている。東京都からのルート距離は約350km。

市街地の西側は傾斜地が多く、その先に虚空蔵王や西山などの里山や、大平山や経塚山等の山岳地帯がある。市街地の西側に位置する上山城も小高いに立地している。

市街地の側や側は平らな土地が広がり、その先に蔵王や三吉山等の山岳地帯、呑岡山や三方山、大石田山などの里山がある。

蔵王連峰(奥羽山脈)を挟んだ東側は宮城県である。

土地利用 編集

市域面積は240.9k㎡、山形県全体の約2.6%を占める。

市域面積240.9k㎡のうち、森林が168.6k㎡(70.0%)、農地21.9k㎡(9.1%)、宅地8.1k㎡(3.4%)、道路7.6k㎡(3.1%)、水面4.2k㎡(1.7%)、その他30.7k㎡(12.7%)となっている。【山形県統計年鑑(令和2~3年)】。

気候 編集

本市は山形盆地の南側に位置し上山盆地とも呼ばれ、昼夜や夏冬の寒暖差が大きくなる傾向にある。

夏季の昼間は暑くなることも多いが、夜は気温が下がり、熱帯夜になることは少ない。冬季曇りの日が多い。冬の寒さはある程度厳しいものの、市街地において最低気温が-10℃以下になることは少ない。

年間気温(2021年):最高気温37.6℃、平均気温12.2℃、最低気温-13.8℃[2]

また、豪雪地帯対策特別措置法に基づく特別豪雪地帯に分類されている。ただし、山形県内の置賜地方最上地方と比較すれば、降雪量は少ない。

人口 編集

 
上山市と全国の年齢別人口分布(2005年) 上山市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 上山市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

上山市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


地域 編集

上山市では行政上、10地区およびその他に分けている(カッコ内は小地区)。なお、中部地区、南部地区、北部地区の3地区をまとめて「本庁地区」とも呼ぶ。

  • 中部地区(十日町、新丁、北町、北町本丁、栄町、八日町、美咲町、東町、沢丁、新湯、鶴脛町、荒町、八幡丁、仲丁、湯町、湯町新道、軽井沢、御井戸丁、新町、西山、元城内)
  • 南部地区(二日町、矢来、石堂、南町、長清水、三本松、石崎、河崎、松山、葉山、金生、けやきの森)
  • 北部地区(四ツ谷、大石、旭町、弁天、久保手、金瓶、朝日台、裏町)
  • 西郷地区(高松、石曽根、川口、赤坂、藤吾、阿弥陀地、塩崎、小穴、細谷、新北浦)
  • 本庄地区(関根、相生、三上、皆沢、藤沢、楢下、赤山、柏木、金山)
  • 東地区(牧野、原口、須田板、小笹、久保川、大門、菖蒲、古屋敷、萱平)
  • 宮生地区(宮脇、下生居、中生居、上生居、泥部)
  • 中川地区(糸目、仙石、泉川、金谷、足ノ口、甲石、高野、薄沢、永野、蔵王、権現堂、小倉、棚木、塩坪、坊平、蔵王の森)
  • 中山地区(中山第一、中山第二、揚橋、新町、上町)
  • 山元地区(狸森、中ノ森、須刈田、菅、元屋敷、前丸森、入丸森、境、内山、沼田、小白府)
  • その他(スカイタワー41みはらしの丘、二本松会病院、長寿園、蓬仙園、育成園、みずほの里、ながすずの里)

隣接している地方公共団体・行政区 編集

 山形県
 宮城県

歴史 編集

行政史 編集

  • 1954年(昭和29年)10月1日 - 市制施行。上山市建設計画書を策定。
  • 1957年(昭和32年)12月 - 県営競馬の廃止が決定され、市営競馬として本市へ移管。(2003年廃止)
  • 1958年(昭和33年) - 上山市建設総合計画書を策定。
  • 1960年(昭和35年) - 人口40,383人(本市の人口ピーク)を記録。※市制施行前、1947年に本市域換算で42,550人を記録。
  • 1966年(昭和41年) - 上山市第2次振興計画を策定。
  • 1974年(昭和49年)3月 - 第3次上山市振興計画を策定。基本目標「調和ある豊かな住みよいまち」。
  • 1974年(昭和49年) - 市街化区域を対象とした住居表示整備事業開始。大字や小字の住居表示を無くしていった。この名残から、令和の現在においても住所名と町内会名が相違している地域が多くある。
  • 1986年(昭和61年)3月 - 第4次上山市振興計画(エコー計画)を策定。将来像「幸せのうたがこだまする都市 かみのやま」。
  • 1996年(平成8年)3月 - 第5次上山市振興計画(エコー計画21)を策定。将来像「人・自然、共に生きる 快適創造交流都市・かみのやま」。
  • 2006年(平成18年) - 第6次上山市振興計画を策定。将来像「健やか交流都市 かみのやま」。
  • 2007年(平成19年) - 世帯数11,585世帯(本市の世帯数ピーク)を記録。なお、人口は35,394人。
  • 2008年(平成20年) - 上山市温泉保養地まちづくり協議会を設立(市クアオルト事業の出発)
  • 2010年(平成22年) - 柏木地区への新清掃工場(ゴミ処理施設)建設を断念。建設予定地の所有権をめぐる裁判発生等が理由。
  • 2011年(平成23年) - 由布市田辺市とともに温泉クアオルト研究会を組織(2014年日本クアオルト協議会」に改組)。
  • 2013年(平成25年) - 上山型温泉クアオルト構想策定。
  • 2016年(平成28年)3月 - 第7次上山市振興計画を策定。将来都市像「また来たくなるまち ずっと居たいまち ~クアオルト かみのやま~」。
  • 2020年(令和2年)1月9日 - 山形連携中枢都市圏構想による連携協約を山形市等と締結[3]
  • 2020年(令和2年)2月 - 弁天地区の温泉健康施設建設計画の予算案(債務負担行為案)について議会で否決、計画断念。
  • 2020年(令和2年) - 人口29,653人となり、3万人を下回る。
  • 2022年(令和4年)4月 - 令和2年国勢調査により市全域が過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法に基づく過疎地域(全部過疎)に指定される。

行政区画の変遷・合併構想 編集

災害史 編集

  • 1956年(昭和31年)7月17日 - 大規模河川氾濫。災害救助法が発令。家屋全壊2、半壊28、床上浸水1,075、床下浸水1,672。
  • 1959年(昭和34年)9月27日 - 伊勢湾台風。民家全壊18、半壊62、その他全壊(中川中学生寮、中川診療所、久保川ポンプ庫など)
  • 1963年(昭和38年)4月22日 - 小穴地区の大火。20世帯69棟が全焼。
  • 1967年(昭和42年)8月 - 羽越豪雨。床上床下浸水800(全世帯の約10%)。
  • 1971年(昭和46年)7月16日 - 集中豪雨。荒町川、八幡堂川、湯尻川が氾濫。床上浸水69、床下浸水305。
  • 1989年(平成元年)8月 - 台風13号。金谷工業団地や塩坪地区などで浸水被害。水田や畑も流出や埋没被害。道路の十数か所で土砂流出。
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東日本大震災。市内最大震度5強。
  • 2011年(平成23年)4月11日 - 福島県浜通り地震。市内最大震度5弱。
  • 2015年(平成27年)4月13日 - 蔵王山火口周辺警報噴火警戒レベル2)発令。同年6月16日解除。噴火や実被害無し。(ただし、観光業は宿泊キャンセル等の風評被害が発生)。
  • 2018年(平成30年)1月30日 - 蔵王山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2)発令。同年3月6日解除。噴火や実被害は無し。
  • 2020年(令和2年)7月 - 全国的な令和2年7月豪雨発生。二日町プラザの床上浸水や道路冠水が発生。
  • 2021年(令和3年)2月13日 - 福島県沖地震発生。市内最大震度5弱。
  • 2022年(令和4年)3月16日 - 福島県沖地震発生。市内最大震度5弱。

公共施設史 編集

  • 1971年(昭和46年)3月1日 - 市民会館開館。(※2010年(平成22年)閉館)
  • 1975年(昭和50年)10月6日 - 上山市役所新庁舎が開庁。
  • 1980年(昭和55年) - 働く婦人の家が完成
  • 1981年(昭和56年) - 火葬場の経塚斎場が完成
  • 1981年(昭和56年) - 上山市保健センターが完成
  • 1982年(昭和57年)11月2日 - 上山城を再建、開館。
  • 1983年(昭和58年) - 上山市民球場が完成
  • 1991年(平成3年)6月 - 上山市体育文化センターが落成。第1期工事の総工費は約32億円。
  • 1996年(平成8年)2月23日 - 二日町地区市街地再開発事業によりショッピングセンター「カミン」オープン。(現二日町プラザ建物)
  • 2003年(平成15年)11月 - 上山競馬場廃止。
  • 2018年(平成30年) - ゴミ処理施設「エネルギー回収施設(川口)」本稼働開始。
  • 2018年(平成30年)5月 - カミンを二日町プラザと改称してリニューアルオープン(めんごりあ、学習スペース等を整備)

交通網史 編集

宅地・商工業地開発史 編集

  • 1979年(昭和53年) - 四ッ谷地区三千刈(朝日台地区)の土地区画整理事業が決定
  • 1990年(平成2年) - 新北浦工業団地が造成
  • 1993年(平成5年) - 金生地区の県立ゆきわり高等養護学校周辺部を宅地造成、60区画程度の住宅分譲
  • 1993年(平成5年) - 蔵王の森工業団地造成竣工
  • 1994年(平成6年) - 金生地区土地区画整理事業が決定
  • 1998年(平成10年) - 山形ニュータウン地区土地区画整理事業(蔵王みはらしの丘)などが計画決定
  • 1999年(平成11年)7月 - スカイタワー41が竣工
  • 2012年(平成24年) - ヨークタウン上山が開業
  • 2023年(令和5年) - 矢来地区の旧蔵王食品跡地を中心とした、かみのやま温泉駅東パークタウン整備事業の基本設計を公表
  • 2024年(令和6年) - 石堂地区の旧大泉工業跡地を宅地開発、分譲開始

行政 編集

歴代市長 編集

氏名 就任 退任 備考
1 高橋熊次郎 1954年(昭和29年)11月1日 実業家、元衆議院議員
2 酒井久三郎 1957年(昭和32年)4月7日 宮生村村長、上山市初代助役、市長在職中に急逝
3 松本長兵衛 1958年(昭和33年)9月17日 上山町町長(2期)
4 鈴木行男 1966年(昭和41年)9月16日 西郷村村長、元山形県議会議員、市長在職中に逝去
5 鈴木啓蔵 1971年(昭和46年)7月25日 元山形県職員、元上山市助役
6 永田亀昭 1983年(昭和58年)7月25日 山形県議会議員、市長在職中に急逝
7 阿部實 1999年(平成11年)2月14日 元山形県職員、元上山市助役
8 横戸長兵衛 2007年(平成19年)2月14日 元上山市議会議長
9 山本幸靖 2023年(令和5年)4月26日 現職 国交省職員、本市に副市長として出向

都市宣言 編集

  • 交通安全都市宣言
  • 核兵器廃絶平和都市宣言
  • 暴力のない明るい都市宣言
  • ゆとり宣言
  • スポーツ健康都市宣言
  • ごみゼロかみのやま 市民行動宣言

市役所 編集

警察・運転免許の市域管轄 編集

消防 編集

公社 編集

ゴミ処理施設し尿処理施設の市域管轄 編集

県行政の市域管轄 編集

上水道の市域管轄(市の配水池までの所管) 編集

税務署の市域管轄 編集

法務局の市域管轄 編集

保健所の市域管轄 編集

労働関連の市域管轄 編集

年金事務所の市域管轄 編集

国道・高速道路の市域管轄 編集

姉妹都市・提携都市 編集

国内
1978年(昭和53年)5月10日 姉妹都市提携
※昭和48年より「海の子山の子交歓会」として、小学4年生から中学2年生までを対象者とした交流会を行っている。
1988年(昭和63年)10月13日 友好都市提携
2014年(平成26年)10月8日 災害時相互応援協定
2016年(平成28年) 災害時相互応援協定
2017年(平成29年) 災害時相互応援協定
海外
1995年(平成7年)10月1日 友好都市提携

公共保健医療福祉施設 編集

文化・運動・子育て・交流拠点施設 編集

図書館
運動施設・ホール
  • 上山市体育文化センター(三友エンジニア体育文化センター・市民総合運動広場)
  • 上山市生涯学習センター(東町地区・県有地)
  • 上山市民球場(けやきの森地区)
  • 南部体育館(藤吾地区)
  • 中山体育館、運動広場(中山地区)
  • 山元体育館、運動広場(山元地区)
  • 市民テニスコート、市民多目的運動広場(弁天地区)
  • 中川農業者等トレーニングセンター(高野地区)
  • 上山南部地区農業者等トレーニングセンター(牧野地区)
  • 市民プール(南町地区) ※休業中
  • 勤労青少年ホーム(南町地区) ※老朽化により閉鎖
  • 旧県立上山農業高等学校サッカー場(弁天地区・県有地)
  • 蔵王坊平クロスカントリーコース(蔵王坊平アスリートヴィレッジ内)
  • 蔵王坊平グリーングラウンド(蔵王坊平アスリートヴィレッジ内)
  • Zaoたいらぐら体育館ウエイトトレーニング場(蔵王坊平アスリートヴィレッジ内)
公園
  • 上山市民公園(上山市役所に隣接)
  • 月岡公園(上山城に隣接)
  • 子どもふれあい広場(エネルギー回収施設(川口)に隣接)
  • みゆき公園(斎藤茂吉茂吉記念館に隣接)
子育て
公民館
  • 市立 中部地区公民館(十日町地区)
  • 市立 南部地区公民館(河崎地区) 
  • 市立 北部地区公民館(弁天地区) 
  • 市立 西郷地区公民館(藤吾地区)
  • 市立 本庄地区公民館(皆沢地区) 
  • 市立 東地区公民館(須田板地区)
  • 市立 宮生地区公民館(下生居地区)
  • 市立 中川地区公民館【中川福祉村村役場】(高野地区)
  • 市立 中山地区公民館(中山地区)
  • 市立 山元地区公民館(狸森地区)

 ※市立公民館は指定管理者制度を採用

その他
  • 二日町プラザ(多世代交流支援施設)
  • 上山市働く婦人の家(交流活動拠点)
  • 山形県埋蔵文化センター(埋蔵文化財の調査・展示)
  • 常設高齢者サロン「まじゃれ」(二日町プラザ2階)
  • 上山市老人福祉センター寿荘(葉山地区・葉山共同浴場併設)

その他行政施設 編集

火葬場

上下水道・農業集落排水

  • 浄水センター・汚泥浄化センター(弁天・泉川地区) ※指定管理者水ingAM
  • 配水池(大石配水池・河崎配水池・上山配水池など)
  • 小倉浄水場
  • 農集排施設 仙石(仙石地区)
  • 農集排施設 糸目・金生(糸目地区・金生地区の一部)
  • 農集排施設 小穴(小穴地区)
  • 農集排施設 思川(赤坂地区、藤吾地区の一部、阿弥陀地地区の一部、細谷、相生地区の一部)
  • 農集排施設 宮川(牧野地区、原口地区、須田板地区、皆沢地区の一部)
  • 農集排施設 宮川2(楢下地区、小笹地区、久保川地区、大門地区、菖蒲地区の一部)

ゴミ処理・衛生

その他

  • 芳刈放牧場(菖蒲地区)

かつて存在した行政施設 編集

議会 編集

市議会 編集

議長
  • 大沢芳朋
副議長
  • 棚井裕一
会派名 議員数 議員名(◎は会長)
孝山会  6 ◎川崎朋巳、高橋要市、大沢芳朋、棚井裕一、小松正和、木村泰之
市民クラブ  3 ◎中川とみ子、佐藤昇、枝松直樹
蔵王  3 ◎谷江正照、尾形みち子、長澤長右衛門
会派に属さないもの  3 守岡等、川口豊、川口宏美
15

(2023年5月15日現在)

定例会
常任委員会
その他委員会
  • 議会運営委員会
  • 特別委員会(予算特別委員会、決算特別委員会など)
協議等の場
  • 全員協議会
  • 会派代表者会
  • 議員研修会
  • 議会だより編集委員会

山形県議会 編集

  • 選挙区:上山市選挙区
  • 定数:1人
  • 選出議員:遠藤寛明(自由民主党)
  • 任期開始:2023年4月30日

衆議院 編集

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
遠藤利明 71 自由民主党 110,688票
原田和広 48 立憲民主党 73,872票

行政外の自治組織・公共もしくは公益的組織 編集

第三セクター 編集

地域 編集

  • 地区会(自治会、町内会、隣組
  • 上山市街路灯組合
  • 上山市衛生組合連合会

防犯・交通安全 編集

消防・防災 編集

医療・福祉・健康 編集

社会奉仕 編集

経済・観光・産業 編集

  • 上山市商工会
  • 上山青年会議所
  • 上山市観光物産協会
  • かみのやま温泉旅館組合
  • かみのやま温泉商店街振興会
  • かみのやま市観光果樹園協議会
  • 蔵王坊平観光協議会
  • 上山市金融協会

教育・生涯学習 編集

農業 編集

その他 編集

経済 編集

 
高層マンション
スカイタワー41

就業人口[5] 編集

(2020年国勢調査)

名物・特産品 編集

食品・農産品・伝統野菜・植物
紅つるし柿ブドウサクランボラ・フランスリンゴ、かみのやまワインこんにゃくそば漬物金谷ごぼう小笹うるい上ノ山麒麟
伝統工芸品
高松和紙、上山こけし

観光 編集

金融機関 編集

市外局番 編集

本社を置く主な企業 編集

製造業

建設・建築・土木・各種工事・建築設計業

不動産業

  • 山形第一不動産(不動産業)
  • 志田不動産(不動産業)

旅館・宿泊業

医療福祉動物病院

運送業

  • エタニティー・タイシン(陸運業)
  • ワイエヌ・ライン(陸運業)

卸売小売業

自動車販売整備等業

  • 山形オートセンター(スズキ自販山形 副代理店)
  • スリーエー自動車販売(中古車等販売・整備
  • 上山オート(整備・ロータス山形の店)
  • カーフットショップ後藤(タイヤ販売・ミスタータイヤマン上山)
  • タイヤプロショップ中川(タイヤ販売)

清掃・廃棄物処理・家庭ゴミ収集業

  • ミツワ企業(一般廃棄物処理等)
  • 北方清掃
  • アースリストア(廃棄物処理、建物解体
  • 恭栄

金融・保険業

士業

市内に工場・事業所・店舗等を置く主な企業 編集

工業団地 編集

  • 蔵王の森工業団地(蔵王の森地区)
  • 上山工業団地(金谷地区)
  • 上山市新北浦工業団地(新北浦地区)
  • かみのやま温泉インター産業団地(藤吾地区)
  • 蔵王フロンティア工業団地(金瓶地区)
  • 蔵王みはらしの丘産業エリア(みはらしの丘地区)

農業団地 編集

  • 松沢ワインぶどう団地(三上・細谷地区)

郵便 編集

郵便局 編集

  • 上山郵便局(集配局)日本郵便ゆうちょ銀行かんぽ生命の各機能あり
  • 上山旭町郵便局
  • 上山十日町郵便局
  • 藤吾郵便局
  • 中山郵便局
  • 楢下郵便局
  • 宮生郵便局
  • 村山中川郵便局
  • 山元簡易郵便局
  • 東簡易郵便局
  • 上山高松簡易郵便局

郵便番号 編集

  • 999-31XX(本庁地区のほぼ全て、中川地区、山元地区、みはらしの丘)
  • 999-32XX(西郷地区、本庄地区、東地区、宮生地区、中山地区、けやきの森、長清水、石堂、三本松、葉山)

教育・幼保育 編集

かみのやま子ども宣言[8] 編集

平成26年10月1日制定(令和2年3月31日改訂)

  • あいさつは心をつなぐメッセージ 笑顔で元気に自分たちから
  • 温かく優しい心で支え合おう 仲間とともに手をとり合って
  • 考えてわかるまでまた考えて 「できた!」を増やし自分の力に
  • 自分から毎日体動かそう 運動大好き元気もりもり
  • 「やりましょう!」わたしたちにもできること 上山市の一員だから
  • 見直そう正しいメディアの使い方 自分の明るい未来のために
小学校
※各校に特別支援学級あり
※上山市みはらしの丘地区は「山形市立みはらしの丘小学校」、山元地区は「山形市立本沢小学校」に通学する。
中学校
※各校に特別支援学級あり
※上山市みはらしの丘地区、山元地区は「山形市立第九中学校」に通学する。
高等学校
大学

幼稚園保育園認定こども園児童館 編集

特別支援学校
放課後児童クラブ(学童保育
  • 市営 上山児童館(元城内地区)
  • 市営 南児童センター(河崎一丁目地区)
  • 市営 南児童センター分室(けやきの森地区)
  • 民営 中川蔵王っ子児童クラブ(金谷字水神河原地区)
  • 民営 あざみ学童クラブ(須田板地区)
  • 民営 かしのき放課後児童クラブ(泉川地区)
放課後等デイサービス
  • 友愛会 ふぁーすとすてっぷ(十日町地区)
  • 子ども発達支援ルーム おれんじ学園かみのやま(二日町プラザ内)
  • POCCOかみのやま(旭町地区)
  • ぽこ・あ・ぽこ(弁天地区)
その他
かつて存在した主な学校・保育施設(廃校等)
  • 上山市立ひがし保育園(金生1地区)
  • 上山市立きた保育園(北町地区)
  • 上山市立にし保育園(松山2地区)
  • 上山市立あさひ保育園(旭町2地区)
  • 上山市立山元保育園(狸森地区)
  • 西郷児童館
  • 本庄児童センター
  • 宮生児童館
  • 金瓶児童館
  • 上山市立山元小学校(2006年3月閉校、学区は山形市立本沢小学校に編入された)
  • 上山市立山元小学校「小白府分校」
  • 上山市立西郷第一小学校
  • 上山市立西郷第二小学校
  • 上山市立西郷第二小学校「竜沢分校」
  • 上山市立宮生小学校
  • 上山市立宮生小学校「中生居分校」
  • 上山市立東小学校
  • 上山市立東小学校「古屋敷分校」
  • 上山市立本庄小学校
  • 上山市立本庄小学校「赤山分校」
  • 上山市立中山小学校
  • 上山市立上山小学校「久保手分校」
  • 上山市立中川小学校「蔵王分校」
  • 上山市立中川小学校「小倉分校」
  • 上山市立中川小学校「永野分校」
  • 上山市立中川第二小学校
  • 上山市立上山中学校
  • 上山市立山元中学校(2009年3月閉校、学区は山形市立第九中学校に編入された)
  • 上山市立西郷中学校
  • 上山市立中川中学校
  • 山形県立上山高等学校
  • 山形県立上山農業高等学校

交通 編集

空港 編集

鉄道路線 編集

このうち、かみのやま温泉駅は山形新幹線が停車する駅である。
  • 中心となる駅 : かみのやま温泉駅
     
    JR東日本かみのやま温泉駅
 

未成線 編集

バス 編集

タクシー 編集

道路 編集

ナンバープレート 編集

上山市は山形運輸支局の管轄エリアで、「山形」のナンバープレートが交付される。

名所・祭りなど 編集

 
蔵王
 
奇習 カセ鳥
「カッカッカーのカッカッカー」

名所・レジャー 編集

神社・寺院 編集

  • 栗川稲荷神社 - 松山地区。数多くの赤い鳥居が並ぶ。倉稲魂命を祀る。例祭4月23日。縁結び、商売繁盛、金運。
  • 月岡神社 - 元城内地区。祭神藤井松平家の藤井松平利長、藤井松平信一
  • 正八幡神社 - 宮脇地区
  • 八幡神社 - 二日町地区
  • 石崎神社 - 石崎地区。例大祭7月15日、十数店の露店が出店。通称「かっぱ神社」。
  • 金剛院(神道) - 宮脇地区
  • 清光院(神道) - 軽井沢地区
  • 浄光寺(浄土宗) - 軽井沢地区。上山温泉を発見した月秀上人が開山したとされる。沢庵禅師が作庭した庭園。上山藩主藤井松平家の菩提寺。愛称「がま寺」。
  • 称念寺(浄土宗) - 北町本丁地区
  • 法円寺(浄土真宗) - 栄町地区。池泉回遊式庭園。市指定文化財の粟野音松の彫刻。
  • 西光寺(時宗) - 河崎地区。朱塗りの山門。
  • 寿仙寺(曹洞宗) - 鶴脛町地区
  • 観音寺(真言宗) - 十日町地区。最上三十三観音、湯の上観音。手水が温泉。
  • 光明院(真言宗) - 高松地区。最上三十三観音、高松観音堂。
  • 宝泉寺(浄土宗) - 金瓶地区。斎藤茂吉菩提寺
  • 久昌寺(曹洞宗) - 牧野地区。坐禅体験実施。
  • 長龍寺(曹洞宗) - 小倉地区

イベント・祭り 編集

毎年2月11日に開催される旧暦の小正月の行事。「ケンダイ」とよばれる蓑を身にまとって「かせ鳥」に扮した若者が、「カッカッカーのカッカッカー」という独特のかけ声を発しながら町を練り歩く。町の人は冷水をかけることで、火伏せと豊作祈願をする。
  • 上山城まつり
例年5月3~5日にかけて上山城で行われる。通称「おしろまつり」。甲冑の試着体験や忍術教室、武将隊との玉入れ合戦などの子供向け参加型イベントが行われる。
かつては大声を競う「絶叫大会」や、城下の旧街道を駕籠屋に扮してリレー形式で走る「かごかき駅伝競走」などのユニークなイベントが催された。
コロナ禍の制限が緩和された2023年は11月3日・4日に行われた。
  • 斎藤茂吉記念全国大会、茂吉忌合同歌会
全国大会は斎藤茂吉の生誕月の5月に開催、合同歌会は2月頃実施。短歌の投稿を開催前に募っている。
初夏に上山城周辺で開催。山形県内外のワイナリーキッチンカーなどが出店する飲食イベント。
毎年7月末頃に開催。キッチンカーや露店の出店、夜は花火大会が開催される。上山青年会議所が主催。
上山温泉ではゆかたの似合うまちを目指して、夏季期間中「ゆかたまつり」を実施している。とくに7月最終金曜日の「ゆかたデー」には、市職員、金融機関、駅、病院など多くの事業所でゆかたを着て応対する。
市内十日町地区で行われる商業イベント。キッチンカーの出店、はたらく車の展示などが行われる。
9月中旬頃に市役所東側の市民公園で開催。人気のキャラクターを模したり、世相を反映した数百体のかかしが立ち並ぶ。
毎年9月中旬に開催。上山三社みこし行列の練り歩き、やまがた舞子などによる「踊り山車」が開催される。
毎年9月頃に開催。蔵王エコーラインを自転車で駆け上がる。市内高野地区から蔵王刈田リフト乗り場駐車場まで。
毎年10月末頃開催。市内物産展、姉妹都市名取市の物産品販売などが行われる。
毎年11月頃に開催。フルーツラインなどを自転車でツーリングするイベント。

無形文化財 編集

かつて存在したレジャー・イベント・祭り 編集

  • 踊る花笠・仮装花笠まつり - 花笠まつりの上山温泉版。8月上旬に開催。市内の商店街や温泉街をパレードした。
  • かみのやま温泉入~浴ラリー - 市内の温泉施設や足湯、観光施設などをめぐるウォーキングイベント。
  • 公衆浴場 - 湯町(湯町地区)、中湯(十日町地区)

ゆるキャラ・ご当地キャラクター 編集

  • カセ坊(所属:上山市商工会青年部)
  • かみのや丸(所属:上山城)
  • かみのやま湯たろう(所属:上山青年会議所)
  • かみのやま庵(温泉むすめ

出身著名人 編集

政治家 編集

官僚・行政界・士師業 編集

経済界 編集

学者 編集

作家・小説家・漫画家 編集

評論家 編集

画家・写真家・彫刻家等 編集

スポーツ界 編集

芸能界・映画界・テレビ・アニメ・音楽家 編集

その他 編集

本市関連・ゆかりのある著名人 編集

  • 無着成恭 - 教育者。山元中学校の文集を『山びこ学校』として刊行。ベストセラーに。
  • 村社講平 - 平成6年名誉市民。蔵王坊平のクロスカントリー大会や準高地トレーニング基地発展に尽力。宮崎県出身。

上山市が舞台・登場する作品 編集

  • 映画『青春の抗議』(1957年) - ロケが行われた。
  • 映画『何処へ』(1964年) - ロケが行われた。
  • 映画『樹氷悲歌』(1971年) - 上山市が物語の舞台になっている。
  • 映画『男はつらいよ 葛飾立志篇』(1975年) - ロケが行われた。
  • ドキュメンタリー映画『ニッポン国 古屋敷村』(1982年)
  • ドラマ『西部警察PART-III』第24話(1983年)「誘拐 ! 山形・蔵王ルート - 山形篇 -」
  • 映画『死の棘』(1990年) - 一部の撮影を古屋敷地区で行った。
  • 映画『流★星』(1999年) - 上山競馬場を舞台とした。
  • 映画『おくりびと』(2008年) - 映画内で登場する「スナック和」の外観シーンを二日町地区で撮影。映画公開後「上山コンチェルト館」として公開された。

脚注・出典 編集

  1. ^ 市報(平成2年4月15日号)
  2. ^ 統計資料『数字で見るかみのやま』1.土地・気象”. 2024年1月29日閲覧。
  3. ^ 総務省|地方自治制度|連携中枢都市圏構想”. 2024年1月29日閲覧。
  4. ^ 上山市議会議員選挙”. 選挙ドットコム. 2023年9月1日閲覧。
  5. ^ 上山市過疎地域持続的発展計画を策定しました”. 2024年1月29日閲覧。
  6. ^ かみのやま温泉クアオルトスタイル(2018年2月16日閲覧)
  7. ^ かみのやま桜マップ - 上山市ホームページ”. www.city.kaminoyama.yamagata.jp. 2023年9月11日閲覧。
  8. ^ 「かみのやま子ども宣言」を制定しました - 上山市ホームページ”. www.city.kaminoyama.yamagata.jp. 2023年9月14日閲覧。
  9. ^ 上山市放課後子ども教室事業 - 上山市ホームページ”. www.city.kaminoyama.yamagata.jp. 2023年10月9日閲覧。
  10. ^ 市営予約制乗合タクシーの運行 - 上山市ホームページ”. www.city.kaminoyama.yamagata.jp. 2023年9月18日閲覧。
  11. ^ 山形県. “やまがたの棚田20選”. 山形県. 2023年9月13日閲覧。
  12. ^ 祭神は久延昆古命(くびひこのみこと)。神社に奉納されている赤獅子で米沢市塩井毘沙門天の白獅子と一対を成す。(広報かみのやま『秋を告げる「掛入石中山宿獅子担ぎ&子ども神輿」』2017年9月)

その他関連項目 編集

外部リンク 編集