上山市

日本の山形県の市

上山市(かみのやまし)は、山形県南東部にある。江戸時代には上山藩(居城は上山城)の城下町羽州街道宿場町として栄え、現在は上山温泉で知られる。中山城のある中山宿は米沢藩の領地であり、重臣の横田氏が入部している。城下町宿場町温泉街の3つを兼ね備えた都市は、全国的にも珍しいとされる。市域は出羽国(羽前国)村山郡がほとんどだが、一部に置賜郡も含む(本記事2項の「歴史」も参照)。

かみのやまし
上山市
Kaminoyama-jo mogi-tenshu Yamagata-ken 08481.jpg
上山市旗 上山市章
上山市旗 上山市章
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 山形県
市町村コード 06207-3
法人番号 5000020062073 ウィキデータを編集
面積 240.93km2
(境界未定部分あり)
総人口 29,141[編集]
推計人口、2021年3月1日)
人口密度 121人/km2
隣接自治体 山形市南陽市東置賜郡高畠町
宮城県柴田郡川崎町刈田郡七ヶ宿町蔵王町
市の木 アララギ
市の花 キク
市の鳥 コサギ
上山市役所
市長 横戸長兵衛
所在地 999-3192
山形県上山市河崎一丁目1番10号
北緯38度8分58.5秒東経140度16分4.3秒
Kaminoyama city hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

上山市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
葉山
上山市中心部周辺の空中写真。1976年撮影の2枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

地理編集

山形県東部にある村山地方の最南端で、市の北側は県庁所在地である山形市と接する。国道13号やJR奥羽本線山形線)が南北に走り、須川と前川の合流地点を中心に市街地が広がる。かみのやま温泉駅が市の中心駅で、在来線だけでなく山形新幹線が停車する。

この周辺は蔵王山(蔵王連峰)の麓にあることから古来「山方」と呼ばれており、大きく分けて「上山方」と「下山方」があった。「下山方」は後に「山形」と呼ばれるようになり、「上山方」は「上山」と呼ばれるようになった。蔵王連峰を挟んだ東側は宮城県である。

人口編集

 
上山市と全国の年齢別人口分布(2005年) 上山市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 上山市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

上山市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


歴史編集

市政編集

歴代市長編集

氏名 就任 退任 備考
1 高橋熊次郎 1954年(昭和29年)11月1日
2 酒井久三郎 1957年(昭和32年)4月7日
3 松本長兵衛 1958年(昭和33年)9月17日
4 鈴木行男 1966年(昭和41年)9月16日
5 鈴木啓蔵 1971年(昭和46年)7月25日
6 永田亀昭 1983年(昭和58年)7月25日
7 阿部實 1999年(平成11年)2月14日
8 横戸長兵衛 2007年(平成19年)2月14日 現職

市議会編集

定数:15[1]

議長
・ 大沢芳朋
副議長
  • 長澤長右衛門
会派名
15
野の花 3
蔵王 6
創志会 4
日本共産党議員団 2

県政編集

県議会議員編集

定数1人

  • 遠藤寛明

国政編集

衆議院議員編集

参議院議員編集

経済編集

 
高層マンション
スカイタワー41

名物・特産品編集

食品
紅つるし柿ブドウサクランボラ・フランスリンゴワインこんにゃくそば漬物
伝統工芸品
高松和紙、上山こけし

観光編集

上山温泉があることを生かし、一般の旅行者だけでなく、クアオルトと呼ばれるドイツ式の健康づくりの滞在者誘致に力を入れ、市が保険会社と協定を結んでいる[2]

金融機関編集

郵便編集

  • 上山郵便局(集配局)
  • 上山旭町郵便局
  • 上山十日町郵便局
  • 藤吾郵便局
  • 中山郵便局
  • 楢下郵便局
  • 宮生郵便局
  • 村山中川郵便局
  • 山元簡易郵便局
  • 東簡易郵便局
  • 上山高松簡易郵便局

姉妹都市・提携都市編集

国内
1978年(昭和53年)5月10日 姉妹都市提携
1988年(昭和63年)10月13日 友好都市提携
海外
1995年(平成7年)10月1日 友好都市提携

教育編集

小学校
中学校
高等学校
その他

交通編集

空港編集

鉄道路線編集

未成線編集

路線バス編集

道路編集

名所・祭など編集

共同浴場(新湯・澤の湯、葉山共同浴場、二日町ふれあいの湯、下大湯、新丁・上の湯)
5月3~5日にかけて行われる。通称「おしろまつり」。甲冑の試着体験や忍術教室 将隊との玉入れ合戦などの参子供向け加型イベントが行われる
かつては大声を競う「絶叫大会」や、城下の旧街道を駕籠屋に扮してリレー形式で走る「かごかき駅伝競走」などのユニークなイベントが催された。
9月中旬頃に市役所そばの市民公園で開催。人気のキャラクターを模したり、世相を反映した数百体のかかしが立ち並ぶ。
毎年2月11日に開催される旧暦の小正月の行事。「ケンダイ」とよばれる蓑を身にまとって「かせ鳥」に扮した若者が、「カッカッカーのカッカッカー」という独特のかけ声を発しながら町を練り歩く。町の人は冷水をかけることで、火伏せと豊作祈願をする。
上山温泉ではゆかたの似合うまちを目指して、夏季期間中「ゆかたまつり」を実施している。とくに7月最終金曜日の「ゆかたデー」には、市職員、金融機関、駅、病院など多くの事業所でゆかたを着て応対する。

出身著名人編集

関連著名人編集

牧野に移住し映画を作成。
山元中学校の文集を『山びこ学校』として刊行。ベストセラーに。

脚注・出典編集

  1. ^ 上山市議会議員選挙”. 選挙ドットコム. 2019年5月13日閲覧。
  2. ^ かみのやま温泉クアオルトスタイル(2018年2月16日閲覧)
  3. ^ 青空に映える「竜沢の桜」上山 山形新聞 2018年4月20日閲覧

外部リンク編集