メインメニューを開く

きみにしか聞こえない CALLING YOU』(きみにしかきこえない コーリング・ユー)は、乙一ライトノベルである。3作を収録した短編集。角川スニーカー文庫から刊行されている。イラストは羽住都

『Calling You』は、「きみにしか聞こえない CALLING YOU」のタイトルで2003年ドラマCDおよび漫画(他「傷-KIZ/KIDS-」収録)が出版され、また「きみにしか聞こえない」のタイトルで月刊少年エース角川書店)にて連載、2007年6月16日から映画が公開されている。

韓国映画『イルマーレ』と話が似ていると言われるが、原作『きみにしか聞こえない Calling You 』(初出:ザ・スニーカー 2000年4月号)のほうが『イルマーレ』(2000年9月9日韓国で公開) より先に世に出ている。

目次

収録作品編集

  • Calling You (初出:ザ・スニーカー 2000年4月号)
  • 傷 -KIZ/KIDS- (初出:ザ・スニーカー 2000年10月号)
  • 華歌 (書き下ろし)

映画『きみにしか聞こえない』編集

きみにしか聞こえない
監督 荻島達也
脚本 金杉弘子
出演者 成海璃子
小出恵介
片瀬那奈
石川伸一郎
高田延彦
羽田実加
坂田梨香子
中野英雄
岩城滉一(特別出演)
古手川祐子
八千草薫
音楽 中村正人
配給 ザナドゥー
公開   2007年6月16日
上映時間 107分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

Calling You』を原作として『きみにしか聞こえない』のタイトルで映画化。原作との違いは、携帯電話が頭の中のイメージであるか、実在しているかである。

あらすじ編集

クラスで孤立している女子高生のリョウは、自分だけが携帯電話を持っていないことに劣等感を抱き、同時に憧れを募らせる。そんな彼女はある日、公園で拾ったおもちゃの携帯電話に突然着信がかかってくる。 原作は、頭の中の携帯電話が突然鳴り出すことから始まっている。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

キャッチコピー編集

  • はじめての声は、はじめての恋になる。
  • 切なさの「今」を描いたスローラブストーリー

映画『KIDS』編集

『傷 -KIZ/KIDS-』を原作として『KIDS』のタイトルで映画化。2008年2月2日公開。

漫画編集

ドラマCD『きみにしか聞こえない CALLING YOU』編集

「Calling You」が原作、「きみにしか聞こえない CALLING YOU」のタイトルでスニーカーCD コレクション(発売:株式会社ムービック)から2003年発売された。乙一自身が脚本に参加しているが、原作とはかなり変わっている。

キャスト編集

スタッフ編集

関連項目編集

外部リンク編集