メインメニューを開く

こじゃんと土佐流』(こじゃんととさりゅう)は、BS日テレ2009年12月から2011年12月まで不定期放送されていた紀行ドキュメンタリー番組。

目次

番組概要編集

  • 高知県香美市出身の福留功男がリポーターとなり、高知県の歴史・風景・人情・人々の暮らしを再発見し、ゆるやかに流れる「高知の時間」に触れてゆく。2009年12月に第1回が放送され、2年間に11回放送された。
  • 「こじゃんと」とは、土佐弁で「徹底的に」という意味。

出演編集

放送リスト編集

  1. 「土佐浜街道をゆく」(2009年12月13日 12:30-13:30)
  2. 「龍馬脱藩の道をゆく いつか龍馬が見た風景…心のルーツを旅する」(2010年1月31日 13:00-14:00)
  3. 「高知の春を探す旅 初カツオ、雪割桜…春を告げる風景と土佐人情」(2010年3月28日 13:00-14:00)
  4. 「きっと行きたくなる高知の町」(2010年5月16日 13:00-14:00)
  5. 「高知の岬をめぐる旅」(2010年7月4日 13:00-14:00)
    • 室戸岬足摺岬を巡り、豊富な海の幸や人々とのふれあいを伝えた。
  6. 「高知の離島 沖の島を楽しむ」(2010年8月22日 13:00-14:00)
    • 人口200人に満たない離島・沖の島を訪れる。また、四万十の幸の紹介や、8月に銀座にオープンした高知県のアンテナショップ「まるごと高知」を、尾崎正直知事と訪れた。
  7. 「冬の高知の楽しみ方」(2011年2月5日 17:00-18:00)
  8. 「日本の故郷 安田町を旅する」(2011年6月26日 16:00-17:00)
  9. 「作りたての空気 高知の山を楽しむ」(2011年8月28日 16:00-17:00)
  10. 「知られざる四万十川 源流への旅」(2011年10月30日 16:00-17:00)
  11. 「Best of 土佐流」(2011年12月31日 16:00-17:00)

外部リンク編集