こと座イプシロン星

こと座の多重星

こと座ε星(ことざイプシロンせい、ε Lyrae、ε Lyr)、通称ダブル・ダブルスター[1]は、こと座の方角に、およそ160光年の距離にあるとみられる多重星である[2]。全天にみられる多重星の中で、最も傑出したものとも言われる[8]

こと座ε星
ε Lyrae
双眼鏡の視野によること座ε星付近。中央の重星がε星、右の明るい星はベガ。
双眼鏡視野によること座ε星付近。中央の重星がε星、右の明るい星はベガ
仮符号・別名 ダブル・ダブルスター[1]
星座 こと座[2]
位置
Lyra constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
こと座ε星の位置(丸印)
他のカタログでの名称
ADS 11635[3], WDS 18443+3940[4]
Template (ノート 解説) ■Project
こと座ε1
仮符号・別名 こと座4番星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  18h 44m 20.3459s[5]
赤緯 (Dec, δ) +39° 40′ 12.453″[5]
視線速度 (Rv) -31.2 km/s[5]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 4.17 [6]
離心率 (e) 0.243[6]
公転周期 (P) 1725 [6]
軌道傾斜角 (i) 118.6°[6]
他のカタログでの名称
BD+39 3509[4], HIP 91919[5]
Template (ノート 解説) ■Project
こと座ε2
仮符号・別名 こと座5番星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  18h 44m 22.7805s[5]
赤緯 (Dec, δ) +39° 36′ 45.785″[5]
視線速度 (Rv) -29.0 km/s[5]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 2.92 秒[7]
公転周期 (P) 724.31 年[7]
他のカタログでの名称
BD+39 3510[4], HIP 91926[5]
Template (ノート 解説) ■Project

星系

こと座ε星は、双眼鏡があれば、或いは視力が非常に良ければ肉眼でも、二重星としてみえる。この対のうち、西側(若しくは北側)はこと座ε1またはこと座4番星、東側(若しくは南側)はこと座ε2またはこと座5番星とも呼ばれる。ε1星とε2星は、小口径でも良質の望遠鏡を使えば、いずれも二重星であることがわかる[8][2][9][10]

ε1星とε2星が共に重星であることは、1779年ウィリアム・ハーシェルによって言及されたのが最初とされる。その後、1831年ヴィルヘルム・シュトルーヴェが、初めて正確に離角を測定し、以後観測が重ねられている[8]。シュトルーヴェは、四重星の測定だけでなく、ε1星とε2星の間に、更に2つの恒星があることも明らかにした。その後、ジョン・ハーシェルが更に3つの恒星を、ε1星とε2星の間に発見した[4]

1985年には、スペックル・イメージングによる観測で、ε2に新たな恒星が検出され、その後も数度検出されているが、別の恒星との取り違えがあったり、測定値に一貫性がないことから、疑問も持たれている[11][12][13][4]

特徴

こと座ε星系は、ワシントン重星カタログでは10個の恒星が収録されており、WDS J18443+3940のAからIまで、そしてCはCaとCbの二重星となっている[4]

こと座ε星(WDS J18443+3940)系の恒星
視等級 半径
(R)
質量
(M)
自転速度
(km/s)
分光分類 光度
(L)
表面温度
(K)
年齢
(×106 年)
他の名称
A 5.01[7] 1.89[14] 2.07[7] 165[15] A4 V[7] 24[16] 7,943[16] 400[17] HD 173582
HR 7051
SAO 67310[9]
B 6.10[7] 1.81[14] 1.56[7] 159[15] F1 V[7] 8.4[16] 7,047[16] HD 173583
HR 7052
SAO 67309[18]
C
(Ca)
5.25[7] 1.87[7] 212[15] A8 Vn[7] 29[16] 7,816[16] 350[17] HD 173607
HR 7053
SAO 67315[10]
D 5.38[7] 1.79[7] 233[15] F0 Vn[7] 32[16] 7,852[16] HD 173608
HR 7054[19]
E 12.3[4]
F 12.7[4]
G 14.2[4]
H 13.9[4]
I 10.12[4] BD+39 3512[20]
Cb

ε1星は、対のうち明るい星をε1星A、暗い星をε1星Bといい、重星カタログではAとBにあたる[9][18][4]。この2世紀の間に、4あった離角が、2.4秒に縮まった[4][17]。明るさはAが5.01等、Bが6.10等、スペクトル型はAがA4 V、BがF1 Vとされる[7]。両者の相対的な位置関係の変化から見積もった、AとBの間の実際の距離(軌道長半径)は120au程度、公転周期はおよそ1700から1800年となる[17][7]

ε2星は、対のうち明るい星をε2星A、暗い星をε2星Bといい、重星カタログではCとDにあたる[10][19][4]。離角はこちらも約2.4秒で、明るさはCが5.25等、Dが5.38等、スペクトル型はCがA8 Vn、DがF0 Vnとされる。CとDの間の実際の距離は110au程度、公転周期はおよそ720年と見積もられている[17][7]。Cは、りょうけん座α2型星である可能性が指摘されているが、確定はしておらず、変光星総合カタログでも新しい変光星候補に止まっている[4][21]

ε1星とε2星の間は、離角が約3.5で、実際の距離にすると0.16光年にもなる[4][2]。これだけ距離があると、重力的に結び付いた連星であるかどうかの判断は容易ではなく、ヒッパルコス衛星位置天文学的情報を基に、ε1星とε2星が束縛系であるかどうか判定した結果は、束縛であるとするものも、非束縛であるとするものもある[22][5]。真の連星であるとすれば、公転周期は何十万年にもなるものと予想される[2]

EからIの5つの恒星は、年周視差からすると、ε1星、ε2星とは物理的な関係がない、偶然同じ方向に位置する恒星とみられる[23][24][25][26][20]

重星の位置関係
離角
(秒)
離角
(au)
方位角
(°)
備考
AB-CD 209.5[4] 172[4] ε1星-ε2
A-B 2.36[17] 124.2[27] 346[4] ε1星内の対
C-D 2.36[17] 110.8[27] 76[4] ε2星内の対
Ca-Cb 0.058:[12] 224.5:[12] 不定性大
A-I 149.5[4] 137[4]
C-E 63.2[4] 334[4]
CD-F 93.3[4] 0[4]
CD-G 75.1[4] 293[4]
CD-H 96.6[4] 313[4]

出典

  1. ^ a b 藤井, 旭 『星座ガイドブック 春夏編』誠文堂新光社、1974年7月25日、268-270頁。ISBN 4-416-27403-3 
  2. ^ a b c d e Kaler, James B. (2006-05-07), The Hundred Greatest Stars, Springer Science & Business Media, pp. 72-73, ISBN 9780387216256 
  3. ^ Güntzel-Lingner, U. (1956-05), “Bahnbestimmung von vier Doppelsternen (ADS 7724, 9324, 11635 AB und 11635 CD)”, Astronomische Nachrichten 283: 73-84, Bibcode1956AN....283...73G, doi:10.1002/asna.19562830206 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad Mason, Brian D.; et al. (2019-06), “The Washington Visual Double Star Catalog”, VizieR On-line Data Catalog: B/wds, Bibcode2019yCat....102026M 
  5. ^ a b c d e f g h i Shaya, Ed J.; Olling, Rob P. (2011-01), “Very Wide Binaries and Other Comoving Stellar Companions: A Bayesian Analysis of the Hipparcos Catalogue”, Astrophysical Journal Supplement 192 (1): 2, Bibcode2011ApJS..192....2S, doi:10.1088/0067-0049/192/1/2 
  6. ^ a b c d Mason, Brian D.; et al. (2004-12), “Speckle Interferometry at the US Naval Observatory. X”, Astronomical Journal 128 (6): 3012-3018, Bibcode2004AJ....128.3012M, doi:10.1086/425532 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Cvetković, Z.; Ninković, S. (2010-06), “On the Component Masses of Visual Binaries”, Serbian Astronomical Journal 180: 71-80, Bibcode2010SerAJ.180...71C, doi:10.2298/SAJ1080071C 
  8. ^ a b c R. バーナム Jr. 著、斉田博 訳 『星百科大事典 改訂版』地人書館、1988年2月10日、809-810頁。ISBN 4-8052-0266-1 
  9. ^ a b c eps01 Lyr A -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  10. ^ a b c eps02 Lyr A -- Double or multiple star”. SIBMAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  11. ^ McAlister, Harold; Hartkopf, William I.; Franz, Otto G. (1990-03), “ICCD Speckle Observations of Binary Stars. V. Measurements During 1988-1989 from the Kitt Peak and the Cerro Tololo 4 m Telescopes”, Astronomical Journal 99: 965-978, Bibcode1990AJ.....99..965M, doi:10.1086/115387 
  12. ^ a b c Docobo, J. A.; et al. (2008-05), “First Results of the Optical Speckle Interferometry with the 3.5 m Telescope at Calar Alto (spain): Measurements and Orbits of Visual Binaries”, Astronomical Journal 135 (5): 1803-1809, Bibcode2008AJ....135.1803D, doi:10.1088/0004-6256/135/5/1803 
  13. ^ Hartkopf, William I.; et al. (1996-02), “ICCD Speckle Observations of Binary Stars. XIII. Measurements During 1989- 1994 From the Cerro Tololo 4 m Telescope”, Astronomical Journal 111: 936-945, Bibcode1996AJ....111..936H, doi:10.1086/117841 
  14. ^ a b Howe, K. S.; Clarke, C. J. (2009-01), “An analysis of v sin (i) correlations in early-type binaries”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 392 (1): 448-454, Bibcode2009MNRAS.392..448H, doi:10.1111/j.1365-2966.2008.14073.x 
  15. ^ a b c d Royer, F.; Zorec, J.; Gómez, A. E. (2007-02), “Rotational velocities of A-type stars. III. Velocity distributions”, Astronomy & Astrophysics 463 (2): 671-682, Bibcode2007A&A...463..671R, doi:10.1051/0004-6361:20065224 
  16. ^ a b c d e f g h Zorec, J.; Royer, F. (2012-01), “Rotational velocities of A-type stars. IV. Evolution of rotational velocities”, Astronomy & Astrophysics 537: A120, Bibcode2012A&A...537A.120Z, doi:10.1051/0004-6361/201117691 
  17. ^ a b c d e f g De Rosa, R. J.; et al. (2014-01), “The VAST Survey - III. The multiplicity of A-type stars within 75 pc”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 437 (2): 1216-1240, Bibcode2014MNRAS.437.1216D, doi:10.1093/mnras/stt1932 
  18. ^ a b eps01 Lyr B -- High proper-motion Star”. SIBMAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  19. ^ a b eps02 Lyr B -- High proper-motion Star”. SIBMAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  20. ^ a b BD+39 3512 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  21. ^ Samus, N. N.; et al. (2009-01), “General Catalogue of Variable Stars”, VizieR On-line Data Catalog: B/gcvs, Bibcode2009yCat....102025S 
  22. ^ 郷田直輝(PDF) 『科学研究費助成事業 研究成果報告書』2016年6月2日。23244034https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-23244034/23244034seika.pdf 
  23. ^ UCAC2 45687200 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  24. ^ UCAC3 260-142107 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  25. ^ UCAC3 260-142078 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  26. ^ UCAC2 45687184 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2020年5月7日閲覧。
  27. ^ a b Tokovinin, A.; Kiyaeva, O. (2016-02), “Eccentricity distribution of wide binaries”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 456 (2): 2070-2079, Bibcode2016MNRAS.456.2070T, doi:10.1093/mnras/stv2825 

関連項目

外部リンク