メインメニューを開く

ご両人登場』(ごりょうにんとうじょう)は、1967年11月7日から1973年9月25日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のトーク番組である。

ご両人登場
ジャンル トーク番組
出演者 桂米朝
プロデューサー 細野邦彦
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
1967年11月から1972年3月まで
放送期間 1967年11月7日 - 1972年3月28日
放送時間 火曜 22:30 - 23:00
放送分 30分
1972年4月から1973年3月まで
放送期間 1972年4月3日 - 1973年3月26日
放送時間 月曜 22:00 - 22:30
放送分 30分
1973年4月から同年9月まで
放送期間 1973年4月3日 - 1973年9月25日
放送時間 火曜 22:30 - 22:55
放送分 25分
テンプレートを表示

概要編集

桂米朝が司会を務めていた公開形式のトーク番組で、毎回著名人夫婦を招いては彼らから結婚秘話を聞き出していた。

プロデューサー編集

放送時間編集

いずれも日本標準時

  • 火曜 22:30 - 23:00 (1967年11月7日 - 1972年3月28日)
  • 月曜 22:00 - 22:30 (1972年4月3日 - 1973年3月26日)
  • 火曜 22:30 - 22:55 (1973年4月3日 - 1973年9月25日) - 火曜22:30枠へ復帰するとともに放送枠が5分縮小。

後日談編集

2015年5月17日に放送された『笑点』の「大喜利」で、林家たい平が「座布団十枚」を達成。司会の桂歌丸から「『笑点』50年に相応しい物凄い賞品」として、「日本テレビ(麹町社屋=旧本社)地下3階の鍵」が手渡され、たい平に「この中に物凄いお宝が眠っている」と発言して、そのお宝を発掘するようにたい平に頼んだところ、翌々週5月31日の放送で、この番組に歌丸と妻の椎名冨士子が出演した時の写真を発掘。大喜利の挨拶において歌丸の目の前でそれを公開した。なお、放送後の楽屋でたい平がその写真に歌丸直筆のサインを貰った様子が、6月10日の『笑点特大号』(BS日テレ)で紹介された。

関連項目編集

  • 三枝の爆笑夫婦(日本テレビ) - 後に同系列局で放送されたトーク番組で、同様に著名人夫婦を招いてのトークを展開していた。
日本テレビ系列 火曜22:30枠
前番組 番組名 次番組
週刊平凡ニュース
※22:30 - 22:45
この人と15分
※22:45 - 23:00、月曜22:45枠へ移動
ご両人登場
(1967年11月7日 - 1972年3月28日)
火曜日の女 黒いオパール
(1972年4月4日 - 1972年5月9日)
※22:00 - 22:56
天気予報
※22:56 - 23:00
日本テレビ系列 月曜22:00枠
ダリヤターキーボウル
(1971年7月5日 - 1972年3月27日)
ご両人登場
(1972年4月3日 - 1973年3月26日)
こんな男でよかったら
(1973年4月2日 - 1973年9月24日)
※22:00 - 22:55
日本テレビ系列 火曜22:30枠
火曜日の女 ガラス細工の家
(1973年2月13日 - 1973年3月27日)
※22:00 - 22:55
ご両人登場
(1973年4月3日 - 1973年9月25日)
火曜劇場 人妻だから
(1973年10月2日 - 1974年1月1日)
※22:00 - 22:55

脚注編集