メインメニューを開く

さすらいの女弁護士 山岸晶』(さすらいのおんなべんごし やまぎしあきら)は、2010年7月24日テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で放送されたテレビドラマ。サブタイトルは「〜美人妻に美人秘書!カリスマシェフに絡む女たちの悲しき運命!豪邸火災に仕組まれた巨額の遺産をめぐる陰謀を暴け!」。視聴率は9.9%。

主演は南野陽子で、「土曜ワイド劇場」の初主演となる。

あらすじ編集

キャスト編集

山岸 晶
演 - 南野陽子
弁護士不足にあえぐ地方に出向いて仕事を遂行する、さすらいの出張弁護士。成功報酬制で、「報酬は実費以外に成功報酬の50%、雇用事務所は一方的解雇はできない」という自分のスタイルを守って仕事を遂行する。かつては大手法律事務所で勤務弁護士として働いていたが[1]、離婚慰謝料の案件をきっかけに「大きな案件は人材と時間を惜しみなく、小さな案件は短時間に」という効率優先の仕事に疑問を持ち、恩師の黒沢の奨めで出張弁護士に転身する。「弁護士として必要とされる場所で依頼人と向き合う仕事を」が信条である。
水野 透
演 - 賀集利樹
「真島法律事務所」に所属する弁護士。愛車はシルバーのアクセラセダン
真島 博之
演 - 長谷川初範
山梨県甲府市で弁護士事務所「真島法律事務所」を営む。
新倉 花子
演 - 鈴木美恵
「真島法律事務所」の事務員。
橘 美紗子
演 - 高橋ひとみ
新進気鋭のフードコーディネーター。橘雄一郎の妻。夫が焼死した火事に、外出していたために難を逃れる。雄一郎とは1年前に結婚。巨額の遺産相続に疑惑の目を向けられる。
鈴木 結衣(佐々木芳江)
演 - 映美くらら
雄一郎の秘書。
橘 雄一郎
演 - 前田昌明
有名フレンチシェフ。河口湖半の自宅で焼死。メニュー開発の途中、火の不始末が死因とされている。
橘 亮一
演 - 金山一彦
橘雄一郎の長男。先妻との子。
橘 和哉
演 - RIKIYA
橘雄一郎の次男。先妻との子。
橘 百合
演 - 吉井有子
橘雄一郎の長女。先妻との子。
橘 誠司
演 - 伊東孝明
橘百合の夫。
菅原(弁護士)
演 - 草川祐馬
平 淑子
演 - 上岡紘子
桜井
演 - 阪田マサノブ
佳子
演 - 木内あきら
山岸晶がかつて大手法律事務所で働いていた時の依頼者。
神谷(警部)
演 - 徳井優
黒沢
演 - 中尾彬
東京の「黒沢法科大学院」理事長。一方で山岸晶の恩師である事からエージェントを務め、常時100件の依頼を受けている。晶の腕を高く評価し、出張弁護に転身させた人物。

スタッフ編集

  • プロデューサー - 深沢義啓(ABC)、安井一成(ABC)、志村彰(The icon)、高橋史典(The icon)
  • 脚本 - 松本美弥子
  • 撮影 - 栗林克夫
  • 照明 - 板垣賢三
  • VE - 藤森寛明
  • 録音 - 福部博国
  • 編集 - 河原弘志
  • ライン編集 - 河野文香
  • 選曲 - 田中俊
  • 効果 - 橋本正二
  • MA - 山本逸美
  • 美術進行 - 森田智弘
  • 装飾 - 百瀬貴弥
  • 衣裳 - 山子美鈴
  • スタイリスト - 阪本幸恵
  • 持道具 - 安岡京子
  • ヘアメイク - 井出奈津子
  • 法律監修 - 久島和夫
  • VFX - 岩田勝巳、金元省吾
  • フードコーディネーター - 高橋ゆうみ
  • 技術協力 - テイクシステムズ
  • 美術協力 - フジアール
  • 編集・MA - 映広
  • 音楽協力 - 株式会社テレビ朝日ミュージック
  • 番組宣伝 - 中原秀一郎(ABC)、荒木拓人(ABC)
  • スチール - 江尻千世子
  • 車輌 - フェネック
  • 助監督 - 水村秀雄
  • 制作担当 - 大内裕
  • 記録 - 加藤彩
  • プロデューサー補 - 逆井かおり
  • 制作デスク - 小野塚睦美
  • 監督 - 日比野朗
  • 制作 - ABCThe icon

備考編集

脚注編集

  1. ^ 15年前の回想シーンより
  2. ^ 番組中、出演の中尾彬がストーリーテラーを務めているTSK開局40周年記念番組「ゼロの風景」(2010年8月8日放送)の告知テロップが流れている。

外部リンク編集