さんりようこ

日本の漫画家

さんり ようこ1970年3月14日 - )は、日本漫画家千葉県出身。女性で2児の母。教員免許所持(理科)。4コマ漫画中心の執筆活動をしている。

さんり ようこ
生誕 (1970-03-14) 1970年3月14日(50歳)
日本の旗 日本
国籍 日本
職業 漫画家
ジャンル 4コマ漫画
代表作 猫の手貸します!
ひとには、言えない。
B型H系
公式サイト さんりようこブログ
テンプレートを表示

経歴編集

元々はストーリー漫画家志望で大学在学中の1991年頃に講談社の『月刊少年マガジン』に16ページの読切の漫画が一度掲載されたとのこと[1]。製薬会社在籍中も同人活動を続けながら出版社への持ち込みや投稿を続けるも、失敗続きで漫画家としての活動を諦めかけていたところ、1995年に当時交際していた男性(現在の夫)の友人であったというこいずみまりの紹介で『ビタマン』編集部(竹書房)に持ち込みした『OLの風俗』(同人作品『OL退化論』改題)が評価され漫画家として本格的にデビュー[2]

代表作に『猫の手貸します!』『ひとには、言えない。』『B型H系』など。

概要編集

絵柄はいわゆる萌え系に属し、萌え4コマ流行の黎明期に『まんがくらぶオリジナル』で『猫の手貸します!』が看板作品となり、時代の少し先を行く形で人気を博した。ソフトエッチのコメディが主体で、お色気の度合いも一般誌から青年誌、成人向け4コマ誌に至るまで、ニーズに合わせてソフトからハードまで自在に出力調整することができる作家でもある。また、『うちのあひるちゃん』や育児漫画などほのぼの系の漫画や、『ひとには、言えない。』の2巻以降の様にダークでシリアスな作品もあり、作品の幅が広い。

ペンネームを「さん りょうこ」と誤認・誤記されることが多い[3]が、「さんり ようこ」が正しく、『ファンロード』などで「山里ようこ」というペンネームを使用していたことがある。

『B型H系』や『ひとには、言えない。』のヒロインは作者自身がモデル[4]になっている。

著者名をもじった「千里ゆうこ」というOLが主役の『OLランチ』など企業勤務時代の経験を元に書かれた作品も多い。

作品リスト編集

連載中の作品編集

連載終了作品編集

読み切り・短期集中連載終了作品編集

  • うさぎちゃんご指名です(ビタマン/竹書房)(1998年)
  • うやむやなキス(ヴァージンエム VOL.3/大洋図書)(2000年)
  • 御社が第一志望です!(ヤングコミックチェリー 7月号、8月号、9月号)(2013年
  • エヴァさん(ヤングエースVol.9付録「新世紀エヴァンゲリオン100P読本」)(2010年
  • かざももコギャル特集(ビタマン/竹書房)(1997年) - 「かざねとももちゃん」番外企画
  • 彼女に首ったけ
  • 神に仕えるマンガ家さん(ヤングキング 2015年12号 - 2016年8号) - 不定期掲載・全11話
  • しょうゆは3日で慣れる(猫坂8丁目)(2018年)
  • 楽しい夕食 - 商業誌初掲載作
  • たんぽぽの媚薬(ビタマン/竹書房)(1998年)
  • ニイハオ!!蘭々(ヤングコミック増刊 すてきなOLコミック ワールド編 世界の美女とこんにちはコミック)
  • ねこパン
  • バナナピーチ
  • 魔法少女ミラクル☆キューティ(ミラクルジャンプ 3号、5号/集英社)(2011年
  • みんなのラブえっち体験談(日刊Ranzuki→HONWARA COMIC PORTAL)(2018年) - Web連載・全10話 ※電子書籍化の際「初体験ガール ~わたしの処女、捧げます。~」に改題

その他の仕事編集

  • 剣聖ツバメ - 巻末ゲスト
  • モテる男 モテない男―ここが違う!男の磨き方&女の子の楽しませ方(江口充・竹内書店新社)(1999年) - 4コマ漫画
  • COMICキャラフル Vol.2(2007年) - 表紙イラスト
  • 姉妹あるある(レッカ社)(2014年) - イラスト
  • カスタム隷奴(成年向けPCゲーム) - 原画
  • カスタムSTUDIO(PC用スクリーンセーバー・デスクトップマスコットソフト) - 原画
  • 悠久の車輪 - カードイラスト
  • ベジマギッ! - キャラクターイラスト
  • ちび本当にあった笑える話98(ぶんか社) - 表紙イラスト
  • イラストでまなぶ!萌え軍師事典 戦国時代編 - イラスト

単行本編集

リンクのある作品についてはリンク先を参照のこと。

脚注編集

  1. ^ 本人サイトプロフィールより。
  2. ^ 竹書房刊 単行本『セクシー天使イエローキャブ』 2巻 P131~P132など参考。
  3. ^ 本人サイトでの記述より
  4. ^ 2作共に本人単行本あとがきなどに明記されている。

外部リンク編集