しもじ型巡視船(しもじがたじゅんしせん、英語: Shimoji-class patrol vessel)は、海上保安庁巡視船の船級。分類上はPS型、公称船型は180トン型。予算要求時には規制能力強化型巡視船と称されていた[1]

しもじ型巡視船
Japan Coast Guard Cutter SHIMOJI (PS31) 2.jpg
PS31「しもじ」
基本情報
艦種 180トン型PS
就役期間 2016年 - 現在
前級 びざん型 (2代)
次級 最新
要目
総トン数 200トン
全長 43.0 m
最大幅 7.8 m
主機 V型16気筒ディーゼルエンジン×2基
推進器 ウォータージェット推進器×2軸
乗員 16名
兵装 JM61-RFS 20mm多銃身機銃×1門
搭載艇 複合艇×1隻
FCS RFS射撃指揮装置 (20mm機銃用)
レーダー 航海用×1基
光学機器 赤外線捜索監視装置 (RFS兼用)
テンプレートを表示

設計編集

基本設計はびざん型後期型をベースとしているが、規制能力強化が要請されたことから、大型の密漁船への強行接舷を想定して、船質をアルミニウム合金から高張力鋼に変更して強度を高めるとともに、舷側のほぼ全長にわたって脱着式の防護プレートを装備した。また操舵室脇にも同様の防護プレートを設置できるほか、船橋両舷の張り出し部下方に3本ずつの鋼材支柱を設けており、外見上の特徴となっている。船首側前半部のレイアウトはびざん型後期型とほぼ同様だが、マストから後方の吸気室やクレーン、搭載艇の配置などは大きく改正された[2]

主機としてはV型16気筒ディーゼルエンジン2基を搭載した[2]。なおびざん型では、新潟ピルスティクのV型16気筒ディーゼルエンジンである16PA4V-200VGA(単機出力3,500馬力)を搭載していた[3]

配備編集

尖閣諸島周辺海域での外国船の不法操業取り締まり等を目的として[4]、2016年度から2018年度末までの3年間で、各年度3隻ずつ計9隻の巡視船を宮古島に集中配備されることが計画されている[5][6]。この体制整備の一環で、宮古島海上保安署は2016年10月1日に宮古島海上保安部に昇格[7][8]。燃料・貨物輸送などに遊休化していた伊良部島長山港長山地区が新たに泊地として整備されている[9][10][11]

同型船編集

計画年度 船番 船名 船名由来 船舶番号 信号符字 造船所 起工 進水 就役/配属替え 配属保安部署(配属管区) 備考
平成26年
補正
PS31 しもじ 墨田川造船 2016年11月30日 宮古島第十一管区[12][13][14][15] 増強配備
PS32 くりま 来間島[要出典] 2017年2月28日 増強配備
PS33 おおがみ 大神島[要出典] 新潟造船 2017年2月27日 増強配備
平成27年
補正
PS34 しぎら 宮古島シギラ浜[要出典] 墨田川造船 2017年11月15日 増強配備
PS35 ともり 宮古島城辺友利[要出典] 142916 新潟造船 2018年2月28日 増強配備
PS36 とぐち 伊良部島渡口浜[要出典] 増強配備
平成28年
第2次補正
PS37 ひさまつ 宮古島久松地区[要出典] 2018年11月30日 増強配備
PS38 ながやま 2019年2月22日 増強配備
PS39 まえはま 宮古島前浜[要出典] 増強配備
平成30年
第2次補正
PS40 みかづき 父島三日月山[要出典] 墨田川造船 2020年度予定 小笠原第三管区 増強配備[注釈 1]

脚注・出典編集

注釈編集

  1. ^ 平成26-27年に中国漁船によるサンゴ密漁が相次いだ東京・小笠原諸島周辺海域の海上保安体制の強化

出典編集

  1. ^ 平成26年度 海上保安庁関係補正予算の概要 (PDF)”. 海上保安庁. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ a b 「新型巡視船「しもじ」拝見!」『世界の艦船』第855号、海人社、2017年3月、 64-65頁。
  3. ^ 佐藤一也「4サイクルディーゼル機関の技術系統化調査」『国立科学博物館 技術の系統化調査報告 第12集』2008年3月。
  4. ^ サンゴ密漁対策へ新型巡視船 3隻新造 補正に36億円計上”. 産経新聞 (2014年12月19日). 2017年3月14日閲覧。
  5. ^ 巡視船3隻を増強配備/宮古島海上保安署”. 宮古毎日新聞 (2015年9月4日). 2017年3月14日閲覧。
  6. ^ 特集 宮古島海上保安部 第十一管区海上保安本部 規制能力強化型巡視船『しもじ』 宮古島海上保安部に配属 (PDF) 」 『かいほジャーナル』第70号、海上保安庁政策評価広報室、2017年3月17日。
  7. ^ 尖閣警備強化誓う 宮古島海上保安部が開所式”. 琉球新報 (2016年10月15日). 2017年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月14日閲覧。
  8. ^ “尖閣漁船対応体制を強化/海上保安部”. 宮古毎日新聞. (2016年10月16日). http://www.miyakomainichi.com/2016/10/93687/ 
  9. ^ 海保、宮古に尖閣対処拠点整備へ 伊良部が有力”. 琉球新報 (2015年8月28日). 2017年3月14日閲覧。
  10. ^ 宮古島海上保安部が誕生/巡視船12隻を配属へ”. 宮古毎日新聞 (2017年1月1日). 2017年3月14日閲覧。
  11. ^ ★宮古島の体制強化で係留施設など整備”. 沖縄建設新聞 (2015年9月2日). 2017年3月14日閲覧。
  12. ^ “巡視船艇2隻を配属/宮古島海上保安部”. 宮古毎日新聞. (2017年3月18日). http://www.miyakomainichi.com/2017/03/97989/ 
  13. ^ “巡視船「しぎら」配備、宮古島海保”. 宮古新報. (2017年12月2日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=18304&continue=on 
  14. ^ “宮古島海上保安部、巡視船就役で記念式典”. 宮古新報. (2018年4月13日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=19083&continue=on 
  15. ^ “巡視船「ひさまつ」入港、宮古島海保7番船”. 宮古新報. (2018年12月21日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=20639&continue=on 

関連項目編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、しもじ型巡視船に関するカテゴリがあります。