メインメニューを開く
土居通次

土居 通次(どい みちつぐ、1884年明治17年)12月22日 - 1952年昭和27年)1月23日[1])は、日本の内務警察官僚政治家。官選徳島県知事室蘭市長

経歴編集

大阪府堺区(現堺市)で土居栄十郎の長男として生まれる。その後、北海道に移り、北海道庁立札幌中学校を卒業[1]第二高等学校文科を経て、1912年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。1913年11月、文官高等試験に合格。内務省に入省し宮城県属となる[1][2][3]

以後、宮城県柴田郡長、同遠田郡長、同牡鹿郡長、茨城県理事官高知県警察部長、熊本県警察部長、佐賀県警察部長、島根県書記官・内務部長、群馬県書記官・内務部長、福井県書記官・内務部長、滋賀県書記官・内務部長などを歴任[2]

1929年7月、徳島県知事に就任[2]。徳島・小松島間の産業道路の完成、銅山川分水問題の解決などに尽力[1]1931年12月18日、知事を休職となる[4]1933年12月9日に依願免本官となり退官した[5]

その後、小樽市助役を務め、1938年2月、室蘭市長に就任[2]

逸話編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 『徳島県人名事典 別冊』205頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』880頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』206頁。
  4. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。
  5. ^ 『官報』第2084号、昭和8年12月11日。
  6. ^ 北海寮 歴史 沿革』 2014年3月5日閲覧。
  7. ^ 11月7日「たらいうどんの日」 徳島・御所地区の専門店制定 - 徳島新聞2015年11月6日付 2019年6月12日閲覧

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『徳島県人名事典 別冊』徳島新聞社、1994年。