つづれおり

キャロル・キングのアルバム

つづれおり』(Tapestry)は、1971年2月10日に発表された、シンガーソングライターキャロル・キングの2枚目のソロ・アルバムである。ロックの時代において神髄の作品であるという地位を得た。プロデュースはルー・アドラー。

つづれおり
キャロル・キングスタジオ・アルバム
リリース
録音 ロサンゼルス、A&Mレコーディング・スタジオ(1971年1月)
ジャンル ポップス/ロック/フォーク
時間
レーベル オード・レコード
プロデュース ルー・アドラー
専門評論家によるレビュー
キャロル・キング アルバム 年表
ライター
(1970年)
つづれおり
(1971年)
ミュージック
(1971年)
テンプレートを表示

アメリカにおいて15週連続1位を獲得し、その後約6年(306週)に亘りチャートに登場していた。アルバムは、4つのグラミー賞最優秀アルバム賞、最優秀女性ポップ・ヴォーカル、最優秀レコード賞「イッツ・トゥー・レイト」、最優秀楽曲賞「君の友だち」)も獲得している。

解説編集

キングは、全ての曲を単独または共同で制作しており、一部の曲は既に他のアーティストの歌唱によってヒットしていた。例として、アレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」とシュレルズの「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」が挙げられる。収録曲のうち3曲は、彼女の元夫であるジェリー・ゴフィンと共同で制作したものである。キングに自作曲を歌うように勧めた人物であり、このアルバムの演奏にも参加したジェームス・テイラーは、「君の友だち」をカバーし、全米1位を獲得する大ヒットを記録した。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』(2020年版)に於いて、25位にランクイン[1]。2002年にVH1は『つづれおり』をベストアルバムの39位に選んだ。2003年、このアルバムはアメリカ議会図書館の全米録音資料登録簿(National Recording Registry)に選ばれた50の作品の1つになった。

1995年のトリビュート・アルバム『つづれおり~キャロル・キング・トリビュート(Tapestry Revisited: A Tribute to Carole King)』には、ロッド・スチュワートフェイス・ヒルビージーズセリーヌ・ディオンなどが参加し、キング自身も制作に協力している。2003年にも、『A New Tapestry — Carole King Tribute』として発売された。

曲目編集

特記されている曲以外はキャロル・キングによる作詞・作曲。

Side 1
  1. 空が落ちてくる - "I Feel the Earth Move" – 2:58
  2. 去りゆく恋人 - "So Far Away" – 3:55
  3. イッツ・トゥー・レイト - "It's Too Late" (作詞はToni Stern) – 3:53
  4. ホーム・アゲイン - "Home Again" – 2:29
  5. ビューティフル - "Beautiful" – 3:08
  6. 幸福な人生 - "Way Over Yonder" – 4:44
Side 2
  1. 君の友だち - "You've Got a Friend" – 5:09
  2. 地の果てまでも - "Where You Lead" (作詞はStern) – 3:20
  3. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー - "Will You Love Me Tomorrow?" (Gerry Goffin, King) – 4:12
  4. スマックウォーター・ジャック - "Smackwater Jack" (Goffin, King) – 3:41
  5. つづれおり - "Tapestry" – 3:13
  6. ナチュラル・ウーマン - "(You Make Me Feel Like) A Natural Woman" (Goffin, King, Jerry Wexler) – 3:49

1980年ハーフ・スピード・マスター版編集

CBSのマスターサウンドレーベルから発売された版はハーフスピードでカッティングされ、高品質のビニール盤にプレスされた。曲順はオリジナル版と一緒である。

CD再発版編集

1999年にCDとして再発売した。2つの未発表曲が収録されている。

  1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ – 2:58
  2. ソー・ファー・アウェイ – 3:55
  3. イッツ・トゥー・レイト - 3:53
  4. ホーム・アゲイン - 2:29
  5. ビューティフル - 3:08
  6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー - 4:44
  7. 君の友だち - 5:09
  8. 地の果てまでも - 3:20
  9. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ - 4:12
  10. スマックウォーター・ジャック – 3:41
  11. つづれおり – 3:13
  12. ナチュラル・ウーマン – 3:49
  13. アウト・イン・ザ・コールド - "Out in the Cold" (ボーナス) – 2:44
  14. スマックウォーター・ジャック - "Smackwater Jack" (Live) (ボーナス) – 3:21

レガシー・エディション編集

2008年4月22日ソニーBMGエピック、オードは2枚組のレガシー・エディションを発売した。オリジナル版の曲は全てリマスターされ、ボーナスディスクには12曲中11曲のライブ演奏(ボーカル・ピアノ・シンセサイザー)が収録されている。ライブは1973年(ボストンメリーランド州コロンビア、ニューヨークセントラル・パーク)から1976年(サンフランシスコ・War Memorial Opera House)までの演奏である。この豪華版は厚い冊子が付属している。中身が増えたライナーノーツと写真で構成されている。

ボーナスディスク曲目編集

  1. "I Feel the Earth Move" (Live) - 3:07
  2. "So Far Away" (Live) - 3:34
  3. "It's Too Late" (Live) - 3:56
  4. "Home Again" (Live) - 2:23
  5. "Beautiful" (Live) - 2:29
  6. "Way Over Yonder" (Live) - 4:25
  7. "You've Got a Friend" (Live) - 4:50
  8. "Will You Love Me Tomorrow?" (Live) - 3:21
  9. "Smackwater Jack" (Live) - 3:08
  10. "Tapestry" (Live) - 3:03
  11. "(You Make Me Feel Like) A Natural Woman" (Live) - 4:01

演奏編集

プロダクション編集

  • プロデューサー: Lou Adler
  • エンジニア: Vic Anesini, Hank Cicalo, Bob Irwin, Carole King
  • A&R: Steven Berkowitz
  • ミキシング: Bob Irwin
  • マスタリング: Vic Anesini, Steve Hall
  • サラウンドミックス: Paul Klingberg
  • プロダクト・マネージャー: Jessica Sowin
  • プロジェクト・マネージャー: Jessica Sowin
  • プロジェクト・ディレクター: Howard Frank
  • 準備: Bob Irwin
  • アート・ディレクター: Roland Young
  • デザイン: Chuck Beeson
  • 再発版デザイン: Smay Vision
  • 写真: Jim McCrary
  • アート・ワーク: Michael Pultand
  • ライナーノーツ: James Taylor

ビルボード・チャート編集

アルバム
チャート 順位
1971 ビルボード・ポップ・アルバム・チャート 1
2000 トップ・インターネット・チャート 13
ビルボード・ヒット・シングル
シングル ビルボードシングルチャート チャート最高位
1971年 アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ ポップ・シングル・チャート 1
1971年 イッツ・トゥー・レイト アダルト・コンテンポラリー 1
1971年 イッツ・トゥー・レイト ポップ・シングル・チャート 1
1971年 スマックウォーター・ジャック ポップ・シングル・チャート 14
1971年 ソー・ファー・アウェイ アダルト・コンテンポラリー 3
1971年 ソー・ファー・アウェイ ポップ・シングル・チャート 14

受賞編集

グラミー賞
受賞作品 分野
1971 「イッツ・トゥー・レイト」 最優秀レコード賞
1971 『つづれおり』 最優秀アルバム賞
1971 『つづれおり』 最優秀女性ポップ・ヴォーカル
1971 「君の友だち」 最優秀楽曲賞

セールス編集

セールス
アメリカ合衆国 11,000,000
イギリス 1,000,000
日本 400,000
スペイン 300,000
先代:
ローリング・ストーンズ
スティッキー・フィンガーズ
Billboard 200ナンバーワンアルバム(15週連続)
1971年6月19日 - 10月1日
次代:
ロッド・スチュワート
エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー

脚注編集

出典編集

  • 『つづれおり』アルバム付属のライナーノーツ

外部リンク編集