メインメニューを開く

ジェームス・テイラーJames Taylor1948年3月12日 - )は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター

ジェームス・テイラー
James Taylor
JamesTaylorApr2011.jpg
NY.カーネギー・ホール開設120周年式典にて (2011年4月)
基本情報
出生名 James Vernon Taylor
生誕 (1948-03-12) 1948年3月12日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
ジャンル ロック
フォークロック
ソフトロック
カントリー・ミュージック
職業 シンガーソングライターミュージシャン
担当楽器 ボーカルギターキーボード
活動期間 1966年 -
レーベル アップル・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
ライノ・エンタテインメント
コロムビア・レコード
Hear Music
コンコード・レコード
公式サイト James Taylor.com

バンド活動を経てからソロ・デビュー。以降数々の秀作を残し各賞を受賞するなど、アメリカ合衆国の代表的なアーティストとして認識されている。

ローリング・ストーン誌選出『歴史上最も偉大な100人のシンガー』第74位『歴史上最も偉大な100組のアーティスト』第84位[1]2000年ロックの殿堂』入り。2016年度『ケネディ・センター名誉賞』受賞。

バイオグラフィ編集

 
1971年頃のフォト

マサチューセッツ州ボストン市で生まれ、ノースカロライナ州のチャペルヒルで育つ。

1968年アップル・レコードからデビューするが、自身の交通事故や当時のアップル社内の混乱もあって、契約を打ち切られる。翌1969年10月にワーナー・ブラザース・レコードと契約するとともに帰国[2]。翌1970年移籍第1弾のアルバムスウィート・ベイビー・ジェームス』がヒット。シングルカットされた「ファイアー・アンド・レイン」は全米3位を記録した。

1971年、映画『断絶』に主演。ザ・ビーチ・ボーイズデニス・ウィルソンと共に、賭けレースに参加しながらを続けるドライバーを演じた。しかし、映画には彼らの楽曲は一切使用されず、難解な内容のために興行的にも失敗に終わった。同年、キャロル・キング作のシングル「君の友だち」が大ヒット、今なお数多くのアーティストに取り上げられる代表曲となった。

それ以降、歌手のカーリー・サイモンとの結婚離婚薬物中毒の克服、で同じくシンガーソングライターでもあるアレックス・テイラーのなど、本人のプライベートな体験を題材にして曲作りをしたり、人々の悲哀を描き出すという独特の作風で数々の作品を残し、アメリカ合衆国を代表するアーティストにまで登りつめた。代表作「ファイアー・アンド・レイン」は、友人の自殺を綴った作品であるとされている。過去に、グラミー賞獲得やロックの殿堂入りなど、輝かしいキャリアを積み重ねて来た。

2015年には、2002年の『オクトーバー・ロード』以来となる13年ぶりのオリジナル・アルバム『ビフォア・ディス・ワールド』がBillboard 200(全米アルバムチャート)で自身初の1位(7月4日付)を獲得。1970年リリースのアルバム『スウィート・ベイビー・ジェームス』での初のビルボード・チャート入りから45年にして初の1位獲得は、2011年にトニー・ベネットが『Duets II』で記録した54年に次ぐ記録である[3]

2016年、母国の名誉である『ケネディ・センター名誉賞』を受賞[4]

なお、ジェームスの兄弟は全員(アレックス・テイラーケイト・テイラーリヴィングストン・テイラーヒュー・テイラー)がミュージシャンとしてデビューしている。また、カーリー・サイモンとの間に生まれた2人の子供(サリー・テイラー、ベン・テイラー)も、それぞれミュージシャンとして活動中である。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ジェームス・テイラー』 - James Taylor (1968年) ※旧邦題『心の旅路』
  • スウィート・ベイビー・ジェームス』 - Sweet Baby James (1970年)
  • 『マッド・スライド・スリム』 - Mud Slide Slim and the Blue Horizon (1971年)
  • 『ワン・マン・ドッグ』 - One Man Dog (1972年)
  • 『ウォーキング・マン』 - Walking Man (1974年)
  • 『ゴリラ』 - Gorilla (1975年)
  • 『イン・ザ・ポケット』 - In The Pocket (1976年)
  • 『JT』 - JT (1977年)
  • 『フラッグ』 - Flag (1979年)
  • 『ダディーズ・スマイル』 - Dad Loves His Work (1981年)
  • 『ザッツ・ホワイ・アイム・ヒア -変わりゆく人々へ-』 - That's Why I'm Here (1985年)
  • 『ネヴァー・ダイ・ヤング』 - Never Die Young (1988年)
  • 『ニュー・ムーン・シャイン』 - New Moon Shine (1991年)
  • 『アワーグラス』 - Hourglass (1997年)
  • 『オクトーバー・ロード』 - October Road (2002年)
  • 『ビフォア・ディス・ワールド』 - Before This World (2015年)

ライブ・アルバム編集

  • 『(LIVE)』 - (LIVE) (1993年)
  • 『(BEST LIVE)』 - (Best LIVE) (1994年) ※前年に2枚組で発売された(LIVE)のダイジェスト盤
  • 『ワン・マン・バンド』 - One Man Band (2007年)
  • アムチトカ』 - Amchitka (2009年)
  • 『トルバドール・リユニオン』 - Live at the Troubadour (2010年) ※キャロル・キングとの共演

コンピレーション・アルバム編集

  • 『アンド・ジ・オリジナル・フライング・マシン』 - James Taylor and the Original Flying Machine (1971年) ※1966年-1967年録音
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Greatest Hits (1976年)
  • 『グレイテスト・ヒッツ Volume 2』 - Greatest Hits, Vol. 2 (2000年)
  • 『ベスト・オブ・ジェイムス・テイラー』 - The Best of James Taylor (2003年)
  • 『JTのクリスマス』 - James Taylor at Christmas (2006年)
  • 『カヴァーズ』 - Covers (2008年)
  • 『アザー・カヴァーズ』 - Other Covers (2009年) ※EP

主な楽曲編集

  • 「彼女の言葉のやさしい響き」 - "Something in the Way She Moves"
  • 「思い出のキャロライナ」 - "Carolina in My Mind"
  • ファイアー・アンド・レイン」 - "Fire and Rain"
  • 「スウィート・ベイビー・ジェームス」 - "Sweet Baby James"
  • 「カントリー・ロード」 - "Country Road"
  • 君の友達」 - "You've got a friend"(キャロル・キングのカバー曲)
  • 「寂しい夜」 - "Don't Let Me Be Lonely Tonight"
  • 「君の愛に包まれて」 - "How Sweet It Is (To Be Loved By You)"
  • 「ウォーキング・マン」 - "Walking Man"
  • 「あこがれのメキシコ」 - "Mexico"
  • 「愛の恵みを」 - "Shower the People"
  • 「きみの笑顔」 - "Your Smiling Face"
  • 「オンリー・ワン」 - "Only One"

脚注編集

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: James Taylor”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ Timothy White, and Mitchell Glazer. Long Ago and Far Away: James Taylor — His Life and Music. New York: Omnibus Press, 5th edition 2011, p. 144–145, 147.
  3. ^ UNIVERSAL MUSIC JAPAN. “デビューから45年以上、ジェイムス・テイラーついにビルボード200にてついに全米No.1に!!!”. 2015年9月8日閲覧。
  4. ^ オバマ大統領、J・テイラーやアル・パチーノらの芸術賞称える - ロイター

関連項目編集

外部リンク編集