とかげ座(とかげざ、蜥蜴座、Lacerta)は、アンドロメダ座はくちょう座の間にある北天の小さく目立たない星座

とかげ座
Lacerta
Lacerta
属格 Lacertae
略符 Lac
発音 英語発音: [ləˈsɜrtə]、属格:/ləˈsɜrtiː/
象徴 the Lizard
概略位置:赤経 22.5
概略位置:赤緯 +45
正中 10月10日21時
広さ 201平方度 (68位
主要恒星数 5
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
17
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 α Lac(3.77
最も近い星 EV Lac;(16.5光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 アンドロメダ座
カシオペヤ座
ケフェウス座
はくちょう座
ペガスス座

主な天体編集

恒星編集

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。

  • HAT-P-40:国際天文学連合の100周年記念行事「IAU100 NameExoworlds」でリトアニアに命名権が与えられ、主星はTaika、太陽系外惑星はVytisと命名された[1]

その他、以下の恒星が知られている。

  • α星:とかげ座で最も明るい恒星。

その他編集

由来と歴史編集

1690年ヨハネス・ヘヴェリウスが刊行した星図 Firmamentum Sobiescianum に初めて登場する[2]。ヘヴェリウスが、いもり座 (Stellio) と書いたものも残っているが、こちらの名前は廃れてしまった[2]

とかげ座は新しい星座のため神話がない。

とかげ座に由来する事物編集

出典編集

  1. ^ Approved names” (英語). Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2020年1月12日閲覧。
  2. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Lacerta”. 2014年1月28日閲覧。