とも座L2(ともざL2せい、L2 Puppis、L2 Pup)は、太陽系からとも座の方向約183光年の位置にある赤色巨星変光星。既知の漸近巨星分枝星の中では太陽系に最も近いところに位置する星の1つ[5][注 3]。98離れたところにある11.69等のB星は見かけの二重星である[7][8]

とも座L2[1]
L2 Puppis
ESOの超大型望遠鏡VLTによるとも座L2星の撮像。
ESO超大型望遠鏡VLTによるとも座L2星の撮像。
星座 とも座
見かけの等級 (mv) 5.10[1]
2.6 - 6.2(変光)[2]
変光星型 SRB[2]
分類 漸近巨星分枝星[1]
位置
元期:J2000.0[3]
赤経 (RA, α)  07h 13m 32.3185432815s[3]
赤緯 (Dec, δ) −44° 38′ 22.951890579″[3]
赤方偏移 0.000177[1]
視線速度 (Rv) 53.00 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 106.757 ミリ秒/年[3]
赤緯: 323.164 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 17.7906 ± 0.8170ミリ秒[3]
(誤差4.6%)
距離 183 ± 8 光年[注 1]
(56 ± 3 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 1.4[注 2]
Puppis IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
とも座L2星の位置
物理的性質
スペクトル分類 M5IIIe-M6IIIe[2]
色指数 (B-V) +1.56[1][4]
色指数 (U-B) +1.24[1]
色指数 (R-I) +2.42[1][4]
他のカタログでの名称
CD -44 3227[1]
CPD-44 1352[1]
HD 56096[1]
HIP 34922[1], HR 2748[1]
SAO 218549[1]
LTT 2769[1], Gaia EDR3 5559704601966334848[3]
Template (ノート 解説) ■Project

脈動変光星で、SRB型の半規則型変光星に分類されている[2]。2017年改訂の変光星総合カタログ第5.1版によれば2.6等と6.2等の間を変光するとされているが[2]アメリカ変光星観測者協会によれば2.6等と8.0等の間を変光するとされている[9]。周期は140.6日[2][9]。SRB型は半規則型変光星の中でも周期が不規則に変動する赤色巨星が分類される型であり[10]、この星も脈動に伴いスペクトル型 がM5IIIe-M6IIIeの間を変化する[2][9]

2005年の研究では、ミラ型変光星のようにκ-機構英語版によって励起される脈動で変光する変光星と、はくちょう座W星のような真の半規則型変光星との中間的な、両方のメカニズムによる脈動で変光しているとされた[11]

2015年に、ヨーロッパ南天天文台超大型望遠鏡VLTによる観測で、漏斗状の塵が星を挟んで対称的な形で囲んでいる姿が撮像された[12][13]。この形態から、この星は漸近巨星分枝の後期にあり、双極性惑星状星雲の形成の初期段階にあると考えられている[12][13]。また、この観測で中心星から2天文単位 (au) 付近に確認された小天体は、2016年にALMAによる観測によって、4.69年の周期で軌道長半径2.43 auの軌道を周回していることが確認された。質量は12±16 MJ木星質量)と不確かさが大きいが、太陽系外惑星または褐色矮星と考えられている[14]

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ かじき座R星年周視差も18前後で太陽系から180光年前後の距離にあるとされる[6]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o * L02 Pup -- Asymptotic Giant Branch Star (He-burning)”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2021年3月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Samus’, N. N.; Kazarovets, E. V.; Durlevich, O. V.; Kireeva, N. N.; Pastukhova, E. N. (2017). “General catalogue of variable stars: Version GCVS 5.1”. Astronomy Reports 61 (1): 80-88. Bibcode2017ARep...61...80S. doi:10.1134/S1063772917010085. ISSN 1063-7729. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ6050698cb6b2&-out.add=.&-source=B/gcvs/gcvs_cat&recno=41644. 
  3. ^ a b c d e f g Gaia Collaboration. “Gaia data early release 3 (Gaia EDR3)”. VizieR On-line Data Catalog: I/350. Bibcode2020yCat.1350....0G. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ6050630886e9&-out.add=.&-source=I/350/gaiaedr3&-c=108.38532742678%20-44.63827257599,eq=ICRS,rs=2&-out.orig=o. 
  4. ^ a b Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=2748. 
  5. ^ 保田悠紀、鈴木建、小笹隆司「α1 Her からの磁気駆動風の安定性と変動」『2021年春季年会講演予稿集』、日本天文学会、2021年。
  6. ^ V* R Dor -- Asymptotic Giant Branch Star (He-burning)”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2021年3月17日閲覧。
  7. ^ Mason, Brian D.; Wycoff, Gary L.; Hartkopf, William I. et al. (2001). “The 2001 US Naval Observatory Double Star CD-ROM. I. The Washington Double Star Catalog”. The Astronomical Journal 122 (6): 3466-3471. Bibcode2001AJ....122.3466M. doi:10.1086/323920. ISSN 0004-6256. 
  8. ^ Gaia Collaboration. “Gaia data early release 3 (Gaia EDR3)”. VizieR On-line Data Catalog: I/350. Bibcode2020yCat.1350....0G. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ6050630886e9&-out.add=.&-source=I/350/gaiaedr3&-c=108.36665813458%20-44.66134323685,eq=ICRS,rs=2&-out.orig=o. 
  9. ^ a b c VSX : Detail for L2 Pup”. AAVSO. 2021年3月16日閲覧。
  10. ^ 渡辺努 (2002年). “OBSERVER'S GUIDE 変光星”. 月刊天文 (地人書館) (11): 98. ISSN 0288-4216. 
  11. ^ Bedding, T. R.; Kiss, L. L.; Kjeldsen, H. et al. (2005). “The light curve of the semiregular variable L2 Puppis -- II. Evidence for solar-like excitation of the oscillations”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 361 (4): 1375-1381. arXiv:astro-ph/0507471. Bibcode2005MNRAS.361.1375B. doi:10.1111/j.1365-2966.2005.09281.x. ISSN 0035-8711. 
  12. ^ a b 塵の繭から出現、宇宙で羽ばたく蝶”. アストロアーツ (2015年6月12日). 2021年3月16日閲覧。
  13. ^ a b Kervella, P.; Montargès, M.; Lagadec, E. et al. (2015). “The dust disk and companion of the nearby AGB star L2 Puppis”. Astronomy & Astrophysics 578: A77. arXiv:1511.04448. Bibcode2015A&A...578A..77K. doi:10.1051/0004-6361/201526194. ISSN 0004-6361. 
  14. ^ Kervella, P.; Homan, W.; Richards, A. M. S. et al. (2016). “ALMA observations of the nearby AGB star L2 Puppis”. Astronomy & Astrophysics 596: A92. arXiv:1611.06231. Bibcode2016A&A...596A..92K. doi:10.1051/0004-6361/201629877. ISSN 0004-6361.